奪格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奪格(だっかく、: ablative case: casus ablativus)は、名詞の一つで、主に起点・分離(~から)を示す。従格離格ともいう。

古典ギリシア語では属格に吸収されたが、ラテン語では処格具格を吸収して、手段(~によって)等を始とする多彩な用法をもち、さらに絶対奪格 (ablativus absolutus) という独自の用法をも発展させた。ギリシア語に存在しないこの格を、ローマ人は「われらの格」と呼んで誇った。