斜格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斜格(しゃかく、: oblique case: casus generalis)は、名詞代名詞限定詞形容詞のいずれかが格変化する言語において、有標形をとりうる[1]。格変化を有するインド・ヨーロッパ語族フィンランド語などに見られる。一般には主格絶対格以外の総称。

英語フランス語スペイン語などでは人称代名詞の直接・間接目的格(直接目的格は対格に、間接目的格は与格に相当)、ドイツ語ではいわゆる2格(属格)・3格(与格)・4格(対格)が、ロシア語では生格与格対格造格前置格が、ラテン語では呼格(男性名詞のみ)・属格与格対格奪格(名詞によっては処格も)が、サンスクリットでは呼格・対格・具格為格(与格に相当)・奪格・属格・処格がこれに当たる。

また、ブルガリア語では一部の代名詞を除いて対格と与格の区別が失われており、斜格と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 実際の語形は無標のこともある。たとえば、英語の人称代名詞の目的格は有標形をとりうるが、 you, it の目的格は語形変化がなく、無標である。

関連項目[編集]