変格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

変格(へんかく)は、変化を示す表現で、変化した後の状態を表すである。「になる」「に変わる」という場合の「に」に当たる。独立の格としてはウラル語族に存在する。

フィンランド語では様格と対をなす格と考えられており、変化の表現に用いられるほか、「(ある言語)で」、「・・・としては」などの意味を表現する。語尾は-ksiを用いる。

  • pitkä「長い」→ venyi pitkäksi「長くなる」
  • englanti「英語」→ englanniksi「英語で」
  • pentu「(動物の)子供」→ Se on pennuksi iso「子供にしては大きい」
  • musta aukko「黒い穴」→ (muuttui/muuntautui) mustaksi aukoksi「黒い穴に(なる)」
  • kello kuusi「6時(に)」→ kello kuudeksi「6時までには」