入格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入格(にゅうかく)とは、「の中へ」を表現するである。独立の格としてはウラル語族のうちフィンランド語ハンガリー語などにあり、広い意味で「処格」と呼ばれる格の一種である。

例:「家」→「家の中へ」

  • ハンガリー語 ház → házba
  • エストニア語 maja → majasse または majja
  • フィンランド語 talo → taloon

またインドヨーロッパ語族でも、古いリトアニア語にある。現代標準リトアニア語ではあまり使われないが、一部の方言などに残っている。

フィンランド語の入格形は、強階程で語尾が母音の場合は直前の母音+nである。(フィンランド語の入格形は常に強階程である)

  • talo+o+n=taloon(家)
  • katu+u+n=katuun(通り)
  • koti+i+n=kotiin(家)

語尾が子音の場合はその子音を消去し直前の母音+seenである。

  • kaunis-s+i+seen=kauniiseen(美しい)

主格形が弱階程の場合は強階程にして直前の母音+seenである。((強階程)はその単語を強階程にするという意味)

  • liite(強階程)+e+seen=liitteeseen(付録)

なお、直前が子音である場合はその子音を消去する。

  • hidas(強階程)-s+a+seen=hitaaseen(遅い)
  • kangas(強階程)-s+a+seen=kankaaseen(問題)