山内あゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまのうち あゆ
山内 あゆ
プロフィール
本名 住友 あゆ
ベトナム名:グエン・リュー・タイフォン
出身地 日本の旗 日本 東京都町田市
国籍 ベトナムの旗 ベトナム日本の旗 日本
生年月日 1976年4月15日(38歳)
血液型 B型
最終学歴 一橋大学法学部卒業
勤務局 TBS
活動期間 2000年 -
配偶者 あり
家族 母、兄、姉、長男、次男、三男
公式サイト TBS
出演番組・活動
現在 別記参照
過去 イブニング・ファイブ』・『JNNイブニング・ニュース
イブニングワイド
みのもんたのサタデーずばッと』など

山内 あゆ(やまのうち あゆ、1976年4月15日 - )は、日本アナウンサーTBSアナウンサー

東京都町田市出身。血液型B型。

人物・経歴

ベトナム人の父親(グエン・ヴァン・チュエン、元日本女子大学家政学部教授)が東京大学農学部へ留学した際、日本人の女性(現在の母親)との間に生まれたため、生まれたときは当時の日本国内の法制に従いベトナム国籍であった。

両親はベトナムへの帰国を考えていたが、当時のベトナム情勢を考え日本に移住することを決める。その後、父親が日本に帰化したことや、自身の出生地も日本であることから、日本国籍を取得。山内本人はベトナム語を話せないという。

東京都立八王子東高等学校卒業。一橋大学法学部卒業。2000年4月にTBSにアナウンサー35期生として入社(同期入社には久保田智子[1][2]

入社3年目の2002年4月、『みのもんたのサタデーずばッと』(以下「サタずば」)に起用されるが、起用早々妊娠が判明し、急遽番組を降板する。同年9月に第1子となる長男を出産し、翌年2003年春に職場復帰した。職場結婚であり、夫はTBSの同期社員で報道番組を担当している。

2008年2月4日からは、2006年4月から担当している『イブニング・ファイブ』『JNNイブニング・ニュース』で出産・育児休暇入りした小倉弘子の代役に昇格。それまで担当していたレギュラー番組のうち、テレビの2番組を降板、ラジオの『伊集院光 日曜日の秘密基地』は番組自体が3月に終了した。それでも、同年7月までの半年間は、『サタずば』と併せて週6日の勤務が続いた。

同年7月12日の『チャンネル☆ロック!』で、2人目の子供を妊娠したことを明らかにした。このため、『イブニング』の出演は7月25日で終了、当日の関東ローカルパートのエンディングで降板挨拶を行った。このため、産休中であった小倉弘子が出産後半年でのスピード復帰となった。2008年10月24日に第2子(次男)を出産した。2009年4月に2度目の復帰。

2009年9月28日からは『イブニングワイド』に出演。山内は『イブニング・ファイブ』以来の夕方ワイド番組担当となった。ただし2009年秋の時点で、『サタずば』と併せて再び週6日の勤務となったため、2010年の年明けからは金曜日の放送は原則として欠席。

2010年3月29日よりスタートした、『イブニングワイド』のリニューアル版である『Nスタ』にも引き続き出演してきたが、2011年3月26日放送の『サタずば』で3人目の子供を妊娠したことを明らかにし、翌週4月2日の放送から番組を休むことになった。

2012年4月に3度目の復帰[3]。ただし、『サタずば』には戻らなかった。

2013年4月からは以前出演していた『Nスタ』『はなまるマーケット』に再登板することになった。そのため『大沢悠里のゆうゆうワイド』は3月25日をもって降板。

回文

趣味は回文作り。2006年、『うたばん』に同僚女性アナ集団とゲスト出演した際に披露したところ好評だったのか、その後は準レギュラーとしてコーナーの進行役として顔を出し、回文を披露するようになった。2008年8月には『中居正広の金曜日のスマたちへ』の“女の達人”コーナーに回文の達人として出場した。

  • 『うたばん』出演時は大抵「自称うたばん専属アナウンサー」と表記される。また顔の輪郭が似ているという事で、2006年当時横浜ベイスターズに所属していた投手にちなみ「門倉」と呼ばれる事もある。

エピソード

  • 2003年、アナの秋沢淳子の代役で『あさがけウォッチ!』と『ウォッチ!』のキャスターを務めた(当時局アナだった海保知里と交代で)。その際、司会アナの土井敏之が山内を紹介する際、「最新のニュース、秋沢アナウンサーです」と言ってしまい、「今朝は、私、山内がお伝えします…」と訂正する一幕があった。さらに、土井は7時ごろの2回目のニュースの際も秋沢の名前を言ってしまい、土井自らほおを叩くシーンがあった。この時の様子は後日『オールスター赤面申告!ハプニング大賞』でも放送された。
  • 『サタずば』へは、産休を2度経て再々登板という珍しいケースとなっていた。

うたばん・とくばん、およびザ・ミュージックアワー出演時

  • プロ野球選手の門倉健に顔の輪郭が似ていることから、2006年4月27日放送の回に出演したのをきっかけに、石橋貴明中居正広から『門倉ぁ!』と呼ばれるようになった。また出演のたびにゲストにまつわる話の回文を読むことが恒例となっている。
  • 2007年7月におたふく風邪を患い、8月2日の放送では同期アナの久保田が代役を務めるなど、しばらくテレビの仕事はできなかった。
  • 2度目の産休・育児休暇に入った2008年10月の放送では、同年入社アナの枡田絵理奈が、その後事実上山内の代役となった。
  • 2009年4月の放送から2010年春の「活動休止」までの1年間、再び出演。2009年5月24日の放送では山内と枡田が揃って出演した。
  • 2010年春から半年間放送された『ザ・ミュージックアワー』には、8月になって登場。9月14日の最終回・3時間スペシャルでは、番組に関わってきたTBSアナウンサー陣を代表して大勢のお笑い芸人と共にゲスト出演。

現在の担当番組

テレビ

  • Nスタ(2010年3月29日 - 2011年3月31日、2013年4月 - )
    2014年10月6日以降、「Nスタ ニュースワイド」(平日15:53 - 17:50)のサブキャスター

過去の担当番組

テレビ

ラジオ

出典

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「2000.4<35期生> 2人入社(女2)  久保田智子 山内あゆ」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。「00.4<35期生>2人入社  久保田智子 山内 あゆ」
  3. ^ 小川知子のママアナ日記2012年2月15日付より。同年4月14日閲覧
  4. ^ a b c d 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「山内あゆ R「ミュージックキャラバン」「ENKAチックナイト!五木孝雄」 TV「はなまるマーケット」「倶楽部6」」
  5. ^ a b c d 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。「山内 あゆ  R「ミュージックキャラバン」「ENKAチックナイト!五木孝雄」 TV「はなまるマーケット」「倶楽部6」」

関連項目

参考文献

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

外部リンク

先代:
小倉弘子
JNNイブニング・ニュース
平日女性サブキャスター
第2代(2008年2月 - 7月)
次代:
小倉弘子