神代文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神代文字(じんだいもじ、かみよもじ)とは、漢字伝来以前に古代日本で使用されたとされる日本固有の文字の総称である。神代文字とされるものはいくつかあるが、それらの真贋については江戸時代から議論の対象となっており、未だ決着していない。

概説[編集]

漢字伝来以前に使用された文字であるとして紹介された文字、文字様のものに用いられる名称である。 神話古史古伝に深く結びつき神代に使用された文字であると主張されているものと、神代文字であるかどうかにかかわらず存在・使用されていたものが後に神代文字と呼ばれるようになったものとがある。

主に神社御神体や石碑や施設に記載されたり[1]神事などに使われており、一部の神社では符、お守りなどに使用するほか、神社に奉納される事もあった。機密文書武術の伝書のほか、忍者など一部の集団で秘密の漏えいを防ぐために暗号として使用されたという。また、江戸時代の藩札の中には、偽造防止のため意図的に神代文字を使用したものもある。

鎌倉時代のころから朝廷学者によって研究されたほか、江戸時代にも多くの学者に研究されたが、近代以降は、現存する神代文字は古代文字ではなく、漢字渡来以前の日本に固有の文字はなかったとする説が一般的である。その一方で、神代文字存在説は古史古伝古神道の関係者を中心に現在も支持されている。

伊予文字、秀真文字(ほつまもじ)と呼ばれてきた[2][3]ヲシテについて、日本の古代に実在した文字であるとする説がある[4][5]

明治時代のころまでは、単に「古い時代にあった(未知の)文字」という意味で「古代文字」と呼ばれるものもあり、遺跡古墳、山中で発見された文字様のものがそう呼ばれた。この例としては、筑後国で発見され、平田篤胤の著書で有名になった筑紫文字北海道で発見されたアイノ文字等がある。

歴史[編集]

和字考
敬光。寛政5年(1793年)。ヲシテの解説。

古字について言及したのは『日本書紀』(720年)の「帝王本紀多有古字」であるが、神代の文字の可能性としてはじめて言及したのは、鎌倉時代神道家の卜部兼方の『釈日本紀』(1301年以前成立)である。兼方が『日本書紀』の原典の一つに『仮名日本紀』を挙げた[6]事に対する疑問と仮名の起源について答える中で、家伝として「肥人之字」の存在を挙げ[7]、続けて「於和字者、其起可在神代歟。所謂此紀一書之説、陰陽二神生蛭児。天神以太占卜之。乃卜定時日而降之。無文字者、豈可成卜哉者。」と述べ、『日本書紀』の、神代に亀卜が存在したとの記述から、文字がなければ占いはできないとして、神代から文字が存在した可能性を示した。

その後、卜部神道では神代文字の存在を説くようになった。たとえば、清原宣賢吉田兼倶の子)は『日本書紀抄』(1527年)で「神代ノ文字ハ、秘事ニシテ、流布セス、一万五千三百七十九字アリ、其字形、声明(シャウミャウ)ノハカセニ似タリ」と、神代文字の字母数や字形等について具体的に述べている。(例えば、伊勢神宮等で発見された阿比留草文字等の神代文字は声明や謡曲譜本の節博士に似ている。)

清原宣賢が「秘事ニシテ、流布セス」と述べているように、神代文字の実物とされるものは一般に示されなかったが、江戸時代に入ると尚古思想の高まりにより、神代文字存在説も盛んになり、実物とされるものが紹介されるに至る。数十種類の文字が紹介されたが、過去に卜部神道が述べていた特徴からかけ離れたものも多く、出典となった書籍や発見場所などから名付けられた。

神代文字の研究としては、平田篤胤が否定論から肯定論になって最初の論である『古史徴(こしちょう)』第1巻『開題記』所収「神世文字の論」、そして『神字日文傳(かんなひふみのつたえ)』とその付録『疑字篇』が著名である。また、鶴峯戊申(つるみねしげのぶ)は『嘉永刪定神代文字考』において天名地鎮(あないち)文字を世界のすべての文字の根源であると説いた。ほか、三井寺(園城寺)住職の敬光による『和字考』など、数多くの研究がなされた。それらの研究を集大成したのが落合直澄の『日本古代文字考』である。

1930年には、古史古伝(伝説の一種。天皇家以前に王朝があったとする)を教典として伝える天津教という宗教団体が不敬罪[8]特高警察に弾圧された。このときに検察国語学者橋本進吉や教育者の狩野亨吉などの学者を証人として出廷させ、竹内文書の内容と神代文字を全否定させた(詳しくは天津教弾圧事件を参照)。

主な神代文字[編集]

荒神山の御札。左側にあるのが神代文字。
古史古伝とかかわりが深い文字
物証を伴うが壁画や記号であって文字ではないとされる事が多いもの
甲骨文字金文など漢字(の原型)との類似が指摘されているもの
その他

学術的な議論[編集]

肯定論側には目的の異なる多様な主張(すべての文字の基になったものだとするものから、ただ意味を表す記号が存在していたと主張したいだけのものまで)が存在し、否定論側もそれぞれの主張に対する反論であるため、全ての記述が神代文字全般にあてはまるわけではない。また、言葉の定義が一定ではない為、すれ違っている主張もある。

神代文字存在説への批判[編集]

神代文字存在説への批判は江戸時代に既に湧き起こっており、特に「古史古伝」にかかわるものや平田篤胤が唱えた「日文」に対して行われた。否定説を唱えた者としては貝原益軒太宰春台賀茂真淵本居宣長藤原貞幹伴信友などがある。現在も否定的な立場の研究者は多い。

以下に否定説の主な論拠を挙げる。
  1. 古人の証言
    隋書』(636年)に「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國(倭国)」に、「無文字 唯刻木結繩 敬佛法 於百濟求得佛經 始有文字」とあり、隋の使節も仏教伝来以前の倭人には文字がなかったと認識していたことがわかるという主張。
    古語拾遺』(808年)で中臣氏とともに朝廷の祭祀を務めた古代氏族である斎部氏の長老・斎部広成は「蓋聞 上古之世 未有文字 貴賤老少 口口相傳 前言往行 存而不忘」[9]と記し、漢字渡来以前の日本には文字がなかったと明言したと意訳し、卜部兼方より約500年前の証言として注目されるという主張。
    朝野群載』(1135年~1141年)所収の「筥埼宮記」には「我朝で始めて文字を書き、結縄の政に代えること、即ち此の廟に於て創まる」とある[10]
  2. 字母数の問題(50音で紹介された表音文字について)
    橋本進吉が『万葉集』等の万葉仮名で記された奈良時代の文献の表記を研究した結果、上代特殊仮名遣と呼ばれる特殊な仮名遣を(再)発見した。この説によると、奈良時代には濁音節を含めて88音節存在した事になる。しかし『神字日文傳』に掲載されている神代文字の例には、字母数が50音であったり、平安時代に作られたいろは歌五十音図順で掲載されたりするものがあり、これは神代文字が平安時代以降に創作されたためではないかとする[11][12]
  3. 漢字の輸入・仮名を創作する必然
    日本に独自の文字が存在したならば、漢字を輸入し仮名を創作する必要はないとする主張。もともと漢字は中国語を表記するための文字であり、日本語の表記に適切ではなく、輸入当初は万葉仮名などの表記法をとらざるをえなかったとし、神代文字が存在したなら、数百年におよぶ漢字導入の苦労[13]は必要がなく、神代文字が存在する中で漢字をあえて導入するとしても新たに仮名を作る必要はなく、神代文字・漢字混じり文となったはずであるというもの。
  4. 出土品
    考古学の進歩により、古い時代の遺跡や古墳などから文字の書かれた土器・金属器・木簡などが発見されているが、これらの中にも神代文字を記したものは発見されていない。
  5. ハングルとの類似点(阿比留文字について)
    神代文字にはハングルと類似したもの(阿比留文字。また日文(ひふみ)とも。対馬の豪族・阿比留氏が関係するとされる)も存在する。
    伴信友の『仮字本末(かなのもとすえ)』所収の「神代字弁」は神代文字(主に平田篤胤の説)を否定し、吏道というハングルのもとになったものの一種であるとした[14]
    ハングルは1443年に考案されたため、ハングルが阿比留文字を参考に考案されたのでなければ、阿比留文字もそれ以降のものであると解され、韓国人の金文吉により神代文字の捏造説が唱えられた [15]

神代文字存在説への批判に対する反論[編集]

肯定論も古くから存在し、卜部兼方忌部正通新井白石平田篤胤大国隆正等が唱えた。しかし、必ずしも同じ文字について語っているわけではなく、自らの文字こそが神代文字であると主張し、他の文字を否定する事もある。否定説に対しては以下のような反論がある。

  1. 古人の証言について
    隋書』(636年)を一般には「文字が無かったが、仏教とともに文字が伝来した」と解釈しているが、稲荷山古墳出土鉄剣隅田八幡神社人物画像鏡などの物証は6世紀の仏教伝来よりも前に漢字が使用されていた事を示しており、正しい記述・解釈であるかについては疑問が生じている[16]
    日本書紀』(720年)に「帝王本紀多有古字」(訳:「帝王本紀多に古字あり」[17])や「丙午、命境部連石積等、更肇俾造新字一部卅四卷」(訳:「丙午、境部石積等に命じて、新字一部四十四巻を作らしむ」[18])とあり、何らかの「古い文字」があったとする。
    古語拾遺』(808年)の「蓋聞 上古之世 未有文字 貴賤老少 口口相傳 前言往行 存而不忘」は「文字がなかった頃は」と書いたのであって、漢字の前に文字が無かったと書いたわけではない[9]。「漢字が存在しなかった」という意味であり、「文字が存在しなかった」という意味ではないという主張もある[要出典]
    弘仁私記』(721年~965年 平安時代嵯峨天皇日本書紀を講義した勇山文継が書いた)の中に、「飛鳥岡本宮朝皇太子大に漢風を好み給ふにより、(中略)代々の系譜等を漫りに漢字を以って翻訳し」[19]とある。
    日本書紀口訣』(室町時代?)『古語拾遺』の斎部広成と同じ斎部氏にあたる忌部正通は「神代の文字は象形なり」と存在を肯定している。また斎部氏に伝わる神代文字(斎部文字と称される)もある。
  2. 字母数について
    字母数についても上代日本語の母音体系は現代と同じ5母音であったとする学説が昭和以降登場した。松本克己や森重敏は万葉仮名の用字の区別は音声的なものであり、音韻論的には5母音であるとしている。この意味では橋本進吉や大野晋の説は定説とはいえない。また、橋本は古代文字が存在したとするといろいろ疑問があると述べただけで、古代文字が「存在しなかった」ことを論証した訳ではない。
  3. 漢字の輸入・仮名を創作する必然について
    世界的に見ても既に文字を持っている文化が新しい文字を創作したり新しい文字にとって代わられた例は存在し、何ら不思議な事ではない。例えばハングル漢字があったにもかかわらず作成され、ルーン文字ラテン文字にとってかわられた。
    日本独自の文字が存在し、現代日本語にとってかわられた類例として、与那国島ではカイダ文字という象形文字があり、日本独自の文字が存在していた例がある。
    仮名の存在について、上記の否定論者による主張とは逆に、仮名は神代文字から作られたものであるとする主張がある[20][出典無効]。なぜ新たに仮名が作られたのかという問いについては、漢字と書体を統一するために楷書体に沿った片仮名や、草書体に沿った平仮名が作られたとする。あるいは神代文字が何種類か存在するため、それらを統一・整理するために仮名が作られ、片仮名・平仮名の2種が存在するのは統一が完全に行えなかったからとする[要出典]
  4. 出土品について
    近年の調査で古墳などから象形文字に似た記号や標識が数多く見つかっており[21]、そこから文字が生まれた可能性は十分にある。
    神代文字ないしいわゆる「古代文字」が彫られた物は数多く見つかっており、地域的にも琉球北海道[22]朝鮮半島といった広範囲において見つかっており、全て偽造だとは考えにくい。
    阿比留文字の描かれたもある。
    伊勢神宮の神宮文庫には神代文字で書かれている、奉納文が数多く奉納されていることから偽物でないという説もある
  5. 学問以外の部分
    島国で1000年以上の間漢字に親しんできた日本人には、漢字以前にあったという見慣れない別の「文字」の存在は精神的に受け入れがたく、そこから否定論が起きるとする。肯定論者[23]は、古代日本に文字があった可能性を全否定するのは、古い考えへの拘り、頑迷な態度と主張している。月刊『日本神学』主幹の中野裕道も神代文字否定説について「これは日本人のもつ島国根性といわれる悪い性格傾向によるものであって、近代の学問が科学的態度を重視するように、事実の前にはもっと謙虚にならなければいけない」と述べている[24]
  6. ヲシテ支持者の主張
    伊予文字、秀真文字として神代文字のひとつである[2][3]ヲシテには、11万字におよぶ古文書(ヲシテ文献)が確認されており、記紀との3書比較により先行性が確認されたとの主張や[4]、その文字形によって大和言葉の文法や語源を説明しうるとする主張[5]などにより、少なくともヲシテは実在した古代文字であるとする説がある。

現在、何れの説も証明されるに至っていない。

関連文献[編集]

著名文献
  • 新村出『上古文字論批判』
  • 橋本進吉『國語学概論』
  • 山田孝雄『所謂神代文字の論』
  • 落合直澄『日本古代文字考』
その他

脚注[編集]

  1. ^ 大内神社 古代文字「阿比留文字」の考察 (PDF)
  2. ^ a b 佐治芳彦古史古伝入門―正史に埋もれた怨念の歴史 (トクマブックス)』徳間書店 新書 - 1988/10 ISBN 4195037557
  3. ^ a b [[原田実 (作家)|]]『古史古伝論争とは何だったのか』・新人物往来社『歴史読本』2009年8月号
  4. ^ a b 池田 満『「ホツマツタヱ」を読み解く―日本の古代文字が語る縄文時代』 展望社 2001/11 ISBN 4885460832
  5. ^ a b 池田満監修、青木純雄平岡憲人著『よみがえる日本語』明治書院 2008年5月 ISBN 9784625634079
  6. ^ 平松文庫『釈日本紀』
  7. ^ 問「假名之起當在何世哉」答「師説 大蔵省御書中有肥人之字六七枚許 先帝於御書所 令寫給其字 皆用假名 或其字未明 或乃川等字明見之 若似彼可為始歟」平松文庫『釈日本紀』
  8. ^ 「天皇家以前の歴史」を伝えることは、反社会的とされることが多かった[要検証 ]
  9. ^ a b 古語拾遺を書くに至った動機を述べる冒頭の文章で、訳せば「聞くところによると、 上古の世に、まだ文字が出現せぬころは、身分のあるもなきも、老いたるも少きも、口から口へ伝えあって、前からの言や昔からの行いは、いつまでも忘れられることがない」(藤井貞和「物語の起源」)となり、更に「書き留めるようになっても古事が正しく伝わっていないためこの文章を書いているのだ」という内容の文章が続く。詳細は古語拾遺参照。
  10. ^ 倭国に仏教を伝えたのは誰か 「仏教伝来」戊午年伝承の研究大江匡房『筥埼宮記』の証言
  11. ^ 但し、音韻的対立が必ず表記に反映されるわけではない。例えば日本語には清音濁音の区別があるが、仮名にはかつてその区別がなかった。また、現代日本語には /oR/: [oː] と /ou/: [ou] の区別がある(「王」と「追う・負う」)が、現代仮名遣いはそれらを区別しない(ともに「おう」)。
  12. ^ 上代特殊仮名遣いに対する母音の音韻論的解釈には8母音説のほかに、5母音説、6母音説、7母音説があるが、これらは88音節が区別されていたことへの反論ではなく、語によって区別があったことは否定されていない。
  13. ^ 漢字の導入は4世紀に始まるが、平安時代に漢字・仮名混じり文が完成するまで、漢文の訓読、宣命体などの試行錯誤を経ている。(漢字伝来 大島正二著 岩波新書 ISBN 978-4004310310
  14. ^ 大阪教育大学歴史学研究室(旧大阪学芸大学歴史学研究室)発行『歴史研究』第32号 吉田靖雄「日本古代史と偽書」(同書では吏道は漢字を借りた朝鮮語の表記法であり文字では無いため、伴信友の主張は間違いであるが、ハングルとの類似点を指摘した事に意義があるとしている。吏道詳細は吏道
  15. ^ 金文吉「神代文字と『六合雑誌』」「宗教研究」2004年3月、日本宗教学会 ISSN:03873293。
  16. ^ 詳しくは日本の書道史「漢字の伝来」や稲荷山古墳出土鉄剣隅田八幡神社人物画像鏡を参照
  17. ^ 「帝王本紀」は漢字伝来以前のものではないとされている。詳しくは帝紀参照
  18. ^ 天武天皇(?~686年)の治世に関する記述なので、漢字伝来以前の新字ではない。
  19. ^ 植田重雄 「万葉集における宗教と歴史の問題点」(‎1973年)
  20. ^ 赤い鳩(アピル)』小池一夫原作池上遼一作画 小学館刊 ただし本書は学術書ではなく、フィクションの漫画作品である。
  21. ^ 八木奨三郎 「日本考古学」の「原始時代篇第七章技術」
  22. ^ 明治19年(1886年)には神谷由道が『東京人類学会報告』第9号にて琉球の古代文字を発表、また明治20年(1887年)には坪井正五郎が『東京人類学会雑誌』第18号にて北海道の異体文字を発表している。
  23. ^ 吾郷清彦『日本神代文字研究原典』
  24. ^ 吾郷清彦『日本神代文字』所引。

外部リンク[編集]