堺利彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかい としひこ
堺 利彦
生誕 1871年1月15日明治3年11月25日)
日本の旗 日本 豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂
死没 1933年昭和8年)1月23日
日本の旗 日本 東京府東京市赤坂区青山脳病院
国籍 日本の旗 日本
出身校 第一高等中学校
職業 東京市会議員

堺 利彦(さかい としひこ、1871年1月15日明治3年11月25日) - 1933年昭和8年)1月23日)は、日本社会主義者・思想家歴史家著述家小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。

生涯[編集]

没落士族の3男として豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂(現在の福岡県京都郡みやこ町犀川大坂字松坂)に生まれる。豊津中学校(現・育徳館高校)を首席で卒業。上京後、進学予備校であった共立学校(現 開成中高)にて受験英語を学び、第一高等中学校入学。学費滞納により一高から除籍処分を受けたのち、大阪や福岡で新聞記者や教員として勤めながら、文学の世界で身を立てるべく小説の執筆を始める。その後、同郷の末松謙澄に招かれて東京に設けられた毛利家編輯所で『防長回天史』の編纂に従事し、同僚の山路愛山らと親交を深める。

その後『萬朝報』の記者として活躍し、社会改良を主張する論説や言文一致体の普及を図る一方で、社主の黒岩涙香、同僚の内村鑑三幸徳秋水らと理想団を結成。この時期に社会主義思想に共鳴し、非戦論を唱える。しかし『萬朝報』は、日露戦争に際し主戦論に路線転換したため、内村鑑三、幸徳秋水とともに退社。平民社を開業して週刊『平民新聞』を発行、非戦論・社会主義の運動を開始する。週刊『平民新聞』第53号(1904年11月13日)に幸徳との共訳で『共産党宣言』を翻訳して掲載した。これは、サミュエル・ムーア訳の英語訳からの重訳であったが、日本における最初の『共産党宣言』の翻訳であった。

1905年に社会主義機関誌『直言』にエスペラントに関する記事を掲載。その後、1906年に発足した日本エスペラント協会の評議員に就任した。

1906年日本社会党を結成して評議員となり、日本の社会主義運動の指導者として活躍をはじめる。1908年赤旗事件により2年の重禁固刑を受け、その入獄中に「大逆事件幸徳事件)」が起こるが、獄中にいたため連座を免れて出獄。社会主義のいわゆる「冬の時代」は、売文社を設立して雑誌『へちまの花』、次いでその後継誌『新社会』の編集・発行をはじめとする事業をおこなって生活の糧とするとともに、全国の社会主義者との連絡を維持した。1920年には日本社会主義同盟が結成されるが翌年に禁止されてしまう。

1922年、日本共産党第一次共産党)の結成に山川均荒畑寒村らとともに参加するものの、山川らに同調して共産党を離脱、後に労農派に与する。その後東京無産党を結成して活動を続け、1929年東京市会議員に当選した。

数多くの翻訳を通じて、欧米の社会主義思想、社会運動やロシア革命の動向、ユートピア文学をはじめとする西洋文学の紹介につとめた。

1932年の6月頃発狂し、翌月には家庭内暴力を起して青山脳病院(現・東京都立小児総合医療センター)に入院した。翌年の1月に脳溢血で死去(享年64)。

婦人運動家で社会大衆婦人同盟書記長・婦人有権者同盟会長を歴任した近藤真柄は長女。

著作[編集]

  • 継母根性 堺枯川 図書出版 1893.8
  • はだか男 堺利彦 (枯川) 博文堂 1893.10
  • はだかの剛三 堺枯川 藤谷長吾 1895.9
  • 破れ羽織 堺枯川 駸々堂 1896.1
  • 普通文 言文一致 堺利彦 (枯川) 内外出版協会 1901.7
  • 家庭夜話 堺利彦 (枯川) 内外出版協会 1902、1903
  • 枯川随筆 内外出版協会 1903 (家庭文学)
  • 家庭の新風味 堺利彦 (枯川) 内外出版協会 1904.12
  • 半生の墓 堺枯川 平民書房 1905.8
  • 婦人問題 金尾文淵堂 1907.8
  • 社会主義綱要 堺利彦 (枯川)、森近運平 鶏声堂 1907.11
  • 人間発生の歴史 有楽社 1907 (平民科学)
  • 文章速達法 実業之世界社 1915 のち講談社学術文庫
  • 猫のあくび 松本商会出版部 1919
  • 猫の百日咳 アルス 1919
  • 唯物史觀の立場から 三田書房 1919.8
  • マルクス伝 山川均共著 大鐙閣 1920 (レツド・カヴア叢書)
  • 男女争闘史 栄川堂書店 1920
  • 恐怖・闘争・歓喜 聚英閣 1920 (社会問題批判叢書)
  • 火事と半鐘 三徳社 1921
  • 楽天囚人 丙午出版社 1921
  • 米泥棒 三徳社 1922
  • 社会主義学説の大要 建設者同盟出版部 1922 (建設者パンフレット)
  • 男女関係の発達 三徳社 1922 (民衆科学叢書)
  • 一休和尚 東雲堂書店 1922
  • 労農ロシアの資源及貿易 上田茂樹共著 実業之世界社 1925
  • 現代社会生活の不安と疑問 文化学会出版部 1925 (社会問題叢書)
  • 社会主義学説大要 無産社 1925 (無産社パンフレット)
  • 弁証法的唯物論 無産社 1926 (無産社パンフレット)
  • 社会主義の婦人観 山川菊栄共著 上西書店 1926
  • ロシヤ革命十一月七日 無産社 1926 (無産社パンフレット)
  • 監獄学校 白揚社 1926
  • 堺利彦伝 改造社 1926 のち中公文庫
  • 天文・地文 南宋書院 1927 (無産者自由大学)
  • 当なし行脚 改造社 1928
  • 桜の国・地震の国 現代ユウモア全集刊行会 1928
  • 猫の首つり 白星社 1929
  • 社会主義とは何か 労農出版社 1930 (労農パンフレツト)
  • 貧富戦と男女戦 中央公論社 1930
  • 無産党全合同 共同戦線党 (単一無産党)の真意義 労農出版社 1931.1 (労農パンフレット)
  • 荒畑寒村・白柳秀湖大森義太郎・山川均編『堺利彦全集』全6巻、中央公論社、1933年5月-10月。
  • 『堺利彦全集』全6巻、川口武彦編、法律文化社、1970年9月-1971年8月。
  • 鈴木裕子編『堺利彦女性論集』、三一書房、1983年5月。
  • 堀切利高編・解題『堺利彦』(平民社資料センター監修『平民社百年コレクション』第2巻)、論創社、2002年12月。ISBN 4-8460-0354-X

翻訳[編集]

  • 百年後の新社会 ベラミー 平民社 1904
  • 労働問題 エミール・ゾラ 春陽堂 1904.4
  • 理想郷 ヰリアム・モリス 平民社 1904.12
  • 小説 小桜新吉(オリヴァー・トウィストヂッケンス 公文書院 1912.5
  • 人と超人 シヨー 丙午出版社 1913
  • 自由社會の男女關係 カアペンター 東雲堂書店 1915.12
  • 女性中心説 レスター・ウオード 山川菊栄共訳 牧民社 1916
  • 社会主義の世になったら エドワード・ベラミー 文化学会 1920
  • 唯物史観解説 ヘルマン・ゴルテル 大鐙閣 1920 (レツド・カヴア叢書)
  • 木の芽立(ジェルミナール) エミイル・ゾラ アルス 1921
  • 人間発生の跡 ヰルヘルム・ベルシエ 三徳社書店 1921 (民衆科学叢書)
  • 空想的及科学的社会主義 エンゲルス 大鐙閣 1921
  • 労働と資本 マルクス 無産社 1922 (無産社パンフレット)
  • 世界社会主義運動の現勢 レードラ アルス 1922
  • スパイ アプトン・シンクレア 志津野又郎共訳 天佑社 1923
  • 社會主義倫理學 カルル・カウツキー 丙午出版社 1923.6
  • 空想から科学へ 空想的及科学的社会主義 エンゲルス 白揚社 1924
  • 国際労働組合運動 革命主義的潮流と改良主義的潮流 ロソヴスキー 白揚社 1925
  • 石炭王 シンクレヤ 白揚社 1925
  • ホワイト・フアング 白牙 ジヤツク・ロンドン 叢文閣 1925
  • 共産制より資本制まで 生産方法の歴史的小観察 ハインドマン 共生閣 1926
  • 左翼小児病 レーニン 無産社 1926 (無産社パンフレット)
  • 利潤の出処 マルクス 無産社 1926 (無産社パンフレツト)
  • 底に動く アプトン・シンクレヤ 白揚社 1926
  • 唯物論と宗教思想 エンゲルス 白揚社 1927
  • 野性の呼声 Jack London 叢文閣 1928
  • 経済学入門 賃労働と資本、価値と価格と利潤 マルクス 白揚社 1930
  • 共産主義とは何ぞや マルクス、エンゲルス 白揚社 1931.6
  • 社会主義と進化論 マルクス説とダアヰン説との関係 パンネコック 彰考書院 1947

参考文献[編集]

  • 大田英昭「堺利彦の「家庭」論-親密性の社会主義」、『倫理学年報』第53集、2004年3月。
  • 大田英昭「堺利彦における非戦論の形成―その平和的秩序観と暴力批判」、『初期社会主義研究』第17号、2004年11月。
  • 大森かほる『捨石埋草を生きて-堺利彦と娘近藤真柄』、第一書林、1992年6月。
  • 岡本宏「幸徳秋水・堺利彦」、田中浩編『近代日本のジャーナリスト』、御茶の水書房、1987年2月。
  • 荻野富士夫「社会主義運動の展開-堺利彦とボルシェビズム」、鹿野政直・由井正臣編『近代日本の統合と抵抗』第3巻(1911年から1931年まで)、日本評論社、1982年4月。
  • 尾原宏之「堺利彦の「ユートピア」-明治社会主義における「理想」の一断面」、『初期社会主義研究』第18号、2005年11月。
  • 川上哲正「堺利彦と山川均がみた中国」、『初期社会主義研究』第14号、2001年。
  • 川口武彦『日本マルクス主義の源流-堺利彦と山川均』、ありえす書房、1983年4月。
  • 川口武彦『堺利彦の生涯』上・下、社会主義協会出版局、1992年6月 / 1993年2月。
  • 木下比呂美「近代的婦人・家庭論の展開-堺利彦を中心として」、『歴史評論』第446号、1987年6月。
  • 黒岩比佐子『パンとペン―社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』、講談社、2010年。
  • 小正路淑泰「堺利彦、真の出生地とその原風景」、『西日本文化』第326号、1996年11月。
  • 小正路淑泰「堺利彦農民労働学校(一)-農村社会運動の諸相」、『部落解放史・ふくおか』第105号、2002年3月。
  • 小正路淑泰「堺利彦農民労働学校の周辺(そのニ)―『ツバメ館』=常設校舎建設運動」、『初期社会主義研究』第17号、2004年11月。
  • 小正路淑泰「堺利彦農民労働学校(四)-第三期講義内容の検討」、『部落解放史・ふくおか』第121号、2006年3月。
  • 小正路淑泰「『堺利彦伝』-豊前人の心情を代弁」、『ふるほん九州』第4号、2007年1月。
  • 近藤真柄『わたしの回想-父堺利彦と同時代と人びと』上、ドメス出版、1981年11月。
  • 志村正昭「堺利彦-週刊『平民新聞』」、土屋礼子編著『近代日本メディア人物誌―創始者・経営者編』、ミネルヴァ書房、2009年6月。
  • 銭昕怡「大正期社会主義思想における「階級」とナショナリズムの問題-堺利彦と雑誌『新社会』を中心に」、『同志社法学』第294号(第55巻3号)、2003年9月。
  • 林尚男『評伝《堺利彦》-その人と思想』、オリジン出版センター、1987年4月。
  • 久井英輔「明治後期における社会改良・家庭改良と「中等社会」-『万朝報』『家庭雑誌』等における堺利彦を中心に」、『日本社会教育学会紀要』第45号、2009年。
  • 山泉進「堺利彦と佐竹音次郎のことなど-堺利彦の社会主義者としての出発」、『初期社会主義研究』第11号、1998年12月。
  • 山泉進『平民社の時代―非戦の源流』、論創社、2003年。
  • 山田眞實「堺利彦のモリス評価」、『同志社大学英語英文学研究』第39号、1985年12月。
  • 「堺枯川」『近代文学研究叢書』第34巻、昭和女子大学近代文学研究室、1971年7月。
  • 『初期社会主義研究』第10号(特集=堺利彦)、初期社会主義研究会、1997年9月。
  • 『初期社会主義研究』第11号(小特集=堺利彦)、初期社会主義研究会、1998年12月。

外部リンク[編集]