渡辺紘三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
渡辺 紘三
渡辺紘三
生年月日 1942年1月28日
出生地 新潟県紫雲寺町
没年月日 2007年9月16日(満65歳没)
死没地 東京都新宿区
出身校 早稲田高等学校
所属政党 自由民主党
親族 父:渡辺良夫
兄:渡辺肇

選挙区 旧・新潟2区
当選回数 6回
任期 1972年12月11日 - 1990年2月18日
テンプレートを表示

渡辺 紘三(わたなべ こうぞう、1942年1月28日 - 2007年9月16日)は、日本政治家。元自由民主党衆議院議員

同じ派閥で同姓同名の渡部恒三が会津のケネディと呼ばれたのに対し、越山会のスポークスマンと呼ばれた。

来歴・人物[編集]

渡辺良夫の三男として生まれる。新潟県黒川村本籍があり、紫雲寺町(現・新発田市)で幼少期を過ごした[1]早稲田高等学校卒業後、新潟県内の会社に勤務していたが兄の渡辺肇の引退を受け、1972年の衆議院議員総選挙旧・新潟2区から自由民主党公認で出馬し初当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎村岡兼造保岡興治瓦力三塚博越智通雄野田毅深谷隆司など)。

その後、県内の阿賀野川流域北部を地盤として[2]連続6回当選している。党内では同郷の田中角栄元首相率いる最大派閥の田中派に属し、建設郵政政務次官、衆院逓信委員長などを歴任した。創世会が設立された際には田中角栄への配慮などから旧田中派内で中立系の立場を取ったが、竹下登自由民主党総裁選挙に出馬した際には推薦人に加わり、1987年10月に経世会入りした[3]糖尿病を患って入退院を繰り返し[4]1990年の衆院選に出馬せず引退した。2007年9月16日、持病の糖尿病などが悪化し[1]東京都新宿区内の病院にて65歳で逝去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞、2008年1月13日付朝刊、新潟地方面
  2. ^ 朝日新聞、1986年6月2日付朝刊、P.9
  3. ^ 朝日新聞、1987年10月29日付朝刊、P.2
  4. ^ 朝日新聞、1989年5月24日付夕刊、P.2
議会
先代:
志賀節
日本の旗 衆議院逓信委員長
1984年 - 1986年
次代:
宮崎茂一