園田博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 園田 博之
生年月日 1942年2月19日(72歳)
出身地 日本の旗熊本県天草郡河浦町(現天草市
出身校 日本大学経済学部
学位・資格 経済学士
前職 日魯漁業従業員
所属委員会 経済産業委員会
世襲 2世
父・園田直
選出選挙区 旧熊本2区→)
熊本4区
当選回数 9回
所属党派 無所属→)
自由民主党→)
新党さきがけ→)
(無所属→)
(自由民主党→)
たちあがれ日本)→
太陽の党→)
日本維新の会
党役職 国会議員団幹事長代理
会館部屋番号 衆議院第2議員会館209号室
ウェブサイト 園田博之オフィシャルサイト
テンプレートを表示

園田 博之(そのだ ひろゆき、1942年2月19日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(8期)、日本維新の会国会議員団幹事長代理。内閣官房副長官村山内閣)、衆議院法務委員長自由民主党幹事長代理・政務調査会長代理、新党さきがけ幹事長・総務会長・代表幹事等を歴任した。

内閣官房長官外務大臣厚生大臣を務めた園田直は父。アニメーション監督山崎理は甥。

来歴・人物[編集]

熊本県天草郡河浦町(現天草市)生まれ。習志野市立習志野高等学校日本大学経済学部卒業。大学卒業後、日魯漁業(現マルハニチロ)に入社し、資材部に配属される(当時の部下に作家の荒俣宏がいた)。サラリーマン時代は労働組合委員長も経験し、1983年に退社する。

1984年4月、父・直が腎不全により急逝。父の地盤を引き継ぎ、第38回衆議院議員総選挙に父が所属していた福田派の支援を受け、保守無所属旧熊本県第2区(定数5)から出馬。中曽根派の支援を受け、同じく無所属で出馬した義母・園田天光光を相手に骨肉の争いを繰り広げた末、熊本2区でトップ当選を果たした(天光光は得票数8位で落選)。当選同期に鳩山由紀夫斉藤斗志二三原朝彦村井仁逢沢一郎金子一義武村正義杉浦正健中山成彬谷津義男新井将敬石破茂笹川堯武部勤井出正一村上誠一郎らがいる。選挙後、自民党に入党した。

1993年6月、宮澤改造内閣不信任決議案の採決では反対票を投じたが、内閣不信任案が可決された直後に自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加。新党さきがけ代表幹事に就任し、同年8月に発足した細川連立政権下で、与党間の政策調整のために設けられた「与党代表者会議」には統一会派を組んでいた日本新党・新党さきがけの両党を代表して出席していた。1994年自社さ連立政権村山内閣内閣官房副長官に任命される。この他、新党さきがけでは幹事長や総務会長を務め、さきがけ出身の議員が一定数所属する民主党にも知己が多い[1]1998年のさきがけ解党後、無所属を経て自民党に復党。2000年第42回衆議院議員総選挙以降、自民党公認で4期連続当選。同年の第2次森内閣不信任決議案の採決に際しては、不信任案への賛成を公言した加藤紘一加藤の乱)に同調したが、反対票は投じず、本会議を欠席して投票を棄権した。2002年衆議院法務委員長に就任。

2004年、自民党郵政改革合同部会座長に就任し、郵政国会では郵政民営化法案の上程に尽力する。2007年7月の第21回参議院議員通常選挙での惨敗後、退陣を拒否して続投を表明した安倍晋三首相に対し、強硬に退陣を迫った(安倍は9月に病気辞任)。同年12月、日朝国交正常化を目指す議員連盟「自由民主党朝鮮半島問題小委員会」の設立に参加し、副委員長に就任。

2008年麻生太郎総裁の下で政調会長代理に就任した。園田は麻生内閣経済財政政策担当大臣である与謝野馨に働きかけ、財政再建派の「正しいことを考え実行する会」を設立。上げ潮派中川秀直幹事長らを牽制した。2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、熊本県第4区で8回目の当選を果たした。同年10月、谷垣禎一総裁の下で幹事長代理に就任したが、執行部批判を強める与謝野馨に同調し、2010年3月に幹事長代理を辞任した。同年4月、新党の結成について「自民党から多くの仲間を連れて行き、党を分裂させてケンカをしようという話ではない。民主党に反対したい人たちを自民党だけで吸収できないのであれば、別の党を作ってなるべく多くの人を吸収し、左右から挟み撃ちにして民主党をやっつければいい[2]」「今の自民党では民主党を嫌った人を吸収出来ない。政策が駄目なわけではないが、ゼロからスタートしなければ信用を得られない」「自民の分裂とは言われたくない。県内の兄弟分は誘えない」と述べ、自民党を離党し、反自民の立場ではない新党の結成を示唆した[3]4月5日、無所属の平沼赳夫経済産業大臣及び与謝野の2人を中心に新党構想が持ち上がっていたたちあがれ日本に参加するため、大島理森自民党幹事長(当時)に離党届を提出した。離党届を提出した後、「参院選で与党を少数に追い込まないと何のチャンスも生まれない。政策変更さえしないだろう。憤りを感じて新党に参加する」「民主党が国民のためにそこそこのことをしていたら、僕らも政権奪還をゆっくりやる。(しかし)民主党は国民の歓心を買うことだけにいよいよ邁進している」と述べ、改めて反自民ではなく反民主の新党であるとの認識を示し[4]、4月10日に結党したたちあがれ日本の幹事長に就任。園田の離党届は4月27日の自民党党紀委員会で了承された(なお与謝野の離党届は受理されず、除名処分が下った)。

2012年11月、石原慎太郎を党首に迎える形でたちあがれ日本が党名を変更し、太陽の党を結党(解党ではなく党名の変更に留まったのは、たちあがれ日本が解党した場合、たちあがれ日本に対する政党助成金が受給できなくなるため)。しかし太陽の党は11月16日に石原慎太郎・橋下徹大阪維新の会代表)のトップ会談により、結党からわずか4日で日本維新の会へ合流する方針を決定し、解党。園田ら太陽の党所属の国会議員も、日本維新の会に合流した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では熊本県第4区から日本維新の会公認で出馬し、9回目の当選を果たした。同党の比例九州ブロックエリアにおける唯一の選挙区当選者である。なお熊本4区には自民、民主両党がいずれも候補者の擁立を見送った。選挙後、日本維新の会国会議員団幹事長代理に就任。

政策[編集]

エピソード[編集]

  • 自民党内では父・直同様に左派リベラル派に分類されていたが、新党さきがけ結党以前は自由革新同盟(亀井静香白川勝彦が共同代表)や黎明の会(石原慎太郎が代表)にも籍を置いていたため亀井静香や平沼赳夫保守派の政治家にも知己が多かった。
  • 政界再編論者であり、政界では「策士」「寝業師」の評もある[6]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
保利耕輔
日本の旗 衆議院法務委員長
2002年
次代:
山本有二
公職
先代:
北村直人
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
1994年 - 1996年
次代:
渡辺嘉蔵
党職
先代:
結成
たちあがれ日本幹事長
初代 : 2010年 -
次代:
日本維新の会に合流
先代:
名称変更
新党さきがけ幹事長
初代 : 1996年
次代:
奥村展三
先代:
結成
鳩山由紀夫
新党さきがけ代表幹事
初代 : 1993年 - 1994年
第3代 : 1996年
次代:
鳩山由紀夫
名称変更