ニチロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ニチロ
Nichiro Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1331 2007年9月25日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-0006
東京都千代田区有楽町1-12-1
設立 1914年(大正3年)3月12日
(日魯漁業株式会社)
業種 水産・農林業
代表者 代表取締役社長 田中龍彦
資本金 122億24百万円
決算期 3月31日
主要子会社 ニチロ工業ほか
関係する人物 池永次郎
外部リンク http://www.nichiro.co.jp/
テンプレートを表示

ニチロは、かつて存在した水産、食品会社。旧社名 日魯漁業株式会社

概要[編集]

東京都千代田区に本社を置き、食品加工、水産品貿易・買付、冷凍食品・鮮冷魚他製商品、あけぼのブランドの缶詰塩辛冷凍食品の販売を行っていた。特に、鮭、カニを中心とした水産品に強みをもっていた。

子会社に鮭・カニの漁獲、加工のPeter Pan Seafoods, Inc.米国)、海老の漁獲、加工のP.T. Alfa Kurnia Fish Enterprise(インドネシア)、水産加工品の製造及び販売を行う日照日魯栄信食品有限公司中国)等をもつ。

かつての社名に用いられていた「日魯」の名称に関しては、会社の公式サイトにおいては、縦書きにすると「日魚日」と分かち書きが可能であり、日々の豊漁を示して縁起が良いという所からの命名とされている。また「魯」は北洋漁業の漁場国であるロシアの漢字表記異称である「魯西亜」の頭文字でもある。

2007年(平成19年)10月1日にマルハと経営統合し、統合持株会社マルハニチロホールディングスの子会社になった。2008年4月1日にマルハニチロホールディングス内の事業再編に伴い、ニチロとマルハの食品部門同士を統合したマルハニチロ食品に改組された[1]

沿革[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 連結子会社の会社分割、商号変更および子会社設立のお知らせ (PDF) - 株式会社マルハニチロホールディングス 平成19年12月19日
  2. ^ サーモンミュージアム(鮭のバーチャル博物館)、マルハニチロ水産。

外部リンク[編集]