ペトロパブロフスク・カムチャツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトロパブロフスク・カムチャツキー
Петропавловск-Камчатский
ペトロパブロフスク・カムチャツキー港の歴史的地区
ペトロパブロフスク・カムチャツキー港の歴史的地区
ペトロパブロフスク・カムチャツキーの市旗 ペトロパブロフスク・カムチャツキーの市章
市旗 市章
位置
ロシア内のカムチャツカ地方の位置の位置図
ロシア内のカムチャツカ地方の位置
座標 : 北緯53度1分 東経158度39分 / 北緯53.017度 東経158.650度 / 53.017; 158.650
歴史
発見 1740年10月17日
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 極東連邦管区
 行政区画 カムチャツカ地方の旗 カムチャツカ地方
 市 ペトロパブロフスク・カムチャツキー
市長 Vladislav Skvortsov
地理
面積  
  市域 400 km2
標高 150 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 194,915人
その他
等時帯 マガダン時間 (UTC+12)
郵便番号 683000–683063
市外局番 +7 4152
ナンバープレート 41, 82
公式ウェブサイト : http://www.petropavlovsk.kamchatka.ru/

ペトロパブロフスク・カムチャツキー(ピトロパーヴロフスク・カムチャーツキイ ロシア語: Петропавловск-Камчатский)はロシア連邦極東連邦管区カムチャツカ地方の都市である。

地理[編集]

ペトロパブロフスク・カムチャツキー港からコリャーク(コリャークスキー)火山を望む

カムチャツカ半島南東部にあり、太平洋に面している。アバチャ湾の奥にあり、天然の良港であり不凍港である。ただし、ロシアの他の都市と連絡する陸路はなく、生活物資の輸送や産業活動の展開は海路と空路に完全に依存している。

首都モスクワからの距離は約6200km、時差は+9時間。北海道からの距離は約1500km。

人口[編集]

市の人口は19万8千人(2002年の国勢調査)。ソビエト時代末期には27万人を超えたと言われているが、一旦減少した後、2002年時点では再び人口増加に転じていた。当時のカムチャツカ州全体の人口のほぼ半分を占めていた。

行政[編集]

カムチャツカ地方の首府として、カムチャツカ半島全体の行政の中心となっている。2007年、半島の中北部、コリャーク管区(旧コリャーク自治管区)も同地方の一部となった。

地震[編集]

カムチャツカ半島は環太平洋造山帯の一部であり、巨大地震の頻発地域でもある。これを考慮し、ペトロパブロフスク・カムチャツキーではビルの高度制限が課せられているが、アバチャ湾のために津波の影響は少ないとされている。北には2008年に噴火したコリャーク火山(コリャークスキー,標高:3,456m、en)、北東には2001年に噴火したアヴァチン火山(アヴァチンスキー,標高:2,742m、 en)がある。

産業[編集]

市場

発見当初から天然の良港としての評価を受け、現在でもロシア海軍太平洋艦隊の重要な軍港となっている。また、周辺海域の豊富な漁業資源を背景とした水産業も盛んで、特にサケやカニの水揚げ量が多い。カムチャツカ半島には未開発の天然資源が多く、その開発拠点としても期待されている。

最近では、世界遺産に登録されたカムチャツカ半島の火山群や、市周辺の自然や動植物を観光するための拠点となり、特にアラスカから来るアメリカの観光客が多く訪れている。

気候[編集]

最も暑い8月の気温は12.4℃、日中の最高気温は15.8℃ほどと涼しく、25度を超えることは少ない。最も寒い1月の平均気温は-7.7℃であり、最低気温も-9.9℃と高く比較的温和であるが、過去に2月に-31.7℃を観測している。沿岸部であることや沖合を流れる寒流の影響のため、夏でもかなり涼しく、冬は同じ緯度の大陸に比べて寒さは厳しくなく、夏も涼しい。約10度南にあるウラジオストクよりも冬の気温は高い。 シベリア大陸性気候と東アジアのモンスーンの双方の影響を受ける。降水量は1年を通じて多く、年間降水量は987mmである。

ペトロパブロフスク・カムチャツキーの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 4.4
(39.9)
3.6
(38.5)
6.8
(44.2)
18.1
(64.6)
20.6
(69.1)
27.6
(81.7)
29.4
(84.9)
27.2
(81)
24.4
(75.9)
17.8
(64)
12.6
(54.7)
6.1
(43)
29.4
(84.9)
平均最高気温 °C (°F) −5.3
(22.5)
−4.6
(23.7)
−1.9
(28.6)
1.8
(35.2)
6.4
(43.5)
11.7
(53.1)
14.8
(58.6)
15.8
(60.4)
13.1
(55.6)
7.8
(46)
1.0
(33.8)
−3.5
(25.7)
4.8
(40.6)
日平均気温 °C (°F) −7.7
(18.1)
−7.2
(19)
−4.7
(23.5)
−0.8
(30.6)
3.3
(37.9)
8.1
(46.6)
11.4
(52.5)
12.4
(54.3)
9.5
(49.1)
4.9
(40.8)
−1.3
(29.7)
−5.8
(21.6)
1.8
(35.2)
平均最低気温 °C (°F) −9.9
(14.2)
−9.5
(14.9)
−7
(19)
−2.8
(27)
1.1
(34)
5.7
(42.3)
9.2
(48.6)
10.2
(50.4)
7.0
(44.6)
2.6
(36.7)
−3.3
(26.1)
−7.8
(18)
−0.4
(31.3)
最低気温記録 °C (°F) −28.6
(−19.5)
−31.7
(−25.1)
−24.8
(−12.6)
−14.8
(5.4)
−10
(14)
−5.5
(22.1)
0.1
(32.2)
0.2
(32.4)
−3.2
(26.2)
−8.6
(16.5)
−16.5
(2.3)
−26
(−14.8)
−31.7
(−25.1)
降水量 mm (inch) 83
(3.27)
61
(2.4)
71
(2.8)
68
(2.68)
50
(1.97)
53
(2.09)
70
(2.76)
96
(3.78)
105
(4.13)
136
(5.35)
112
(4.41)
82
(3.23)
987
(38.86)
平均降水日数 18 17 17 16 14 14 16 16 13 16 15 16 188
平均月間日照時間 105.4 115.8 176.7 192.0 192.2 192.0 170.5 176.7 177.0 158.1 123.0 93.0 1,872.4
出典 1: Погода и климат [1]
出典 2: Hong Kong Observatory [2]

交通[編集]

歴史[編集]

カムチャツカ半島全体の歴史については、該当項目を参照のこと。

市街地からアヴァチン火山を望む

1697年にカムチャツカ半島の支配を宣言したロシア帝国は、デンマーク人海軍士官ヴィトゥス・ベーリングにシベリア最東部や北太平洋の調査を命じた。1740年、彼の第2次北東探検隊はカムチャツカ半島の太平洋岸を調査し、アバチャ湾を発見した。その時の2隻の探査船、「聖使徒ペトロ」号(スヴャトーイ・アポーストル・ピョートル«Святой апостол Пётр»)と「聖使徒パウロ」号(スヴャトーイ・アポーストル・パーヴェル«Святой апостол Павел»)にちなみ、その奥に「ペトロバブロフスク」という地名を付けた。

その後、カムチャツカ半島からチュコート半島、さらにアリューシャン列島からアラスカへと拡大し、さらに千島列島の南下をうかがうロシア帝国の極東部の軍事・行政中心地として、また毛皮の捕獲基地として、天然の良港であるペトロパブロフスク・カムチャツキーは繁栄した。1854年にはクリミア戦争によりイギリスフランス連合軍の攻撃を受けたが(ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦)、都市の防衛に成功した。

1858年アイグン条約1860年北京条約により、ロシアがからアムール川北岸や沿海州を獲得すると、極東経営の中心はウラジオストクに移り、1867年のアラスカ・アリューシャン列島のアメリカへの売却、乱獲による毛皮交易の衰退などにより、ペトロパブロフスク・カムチャツキーの重要性は低下した。しかし、カムチャツカ半島では群を抜く規模の都市として、その後も存在し続けた。

ロシア革命を経てソビエト連邦が成立すると、不凍港であるペトロパブロフスク・カムチャツキーはソ連海軍太平洋艦隊が太平洋に出撃するための重要な軍港として、また太平洋やオホーツク海における北洋漁業の基地として栄えた。外国人の立ち入りが禁止される閉鎖都市になった。冷戦時代には、アメリカや日本の沿岸で活動する原子力潜水艦基地がアバチャ湾対岸のヴィリュチンスク市に置かれた。

しかし、1990年に開放が始まると、アメリカや日本などからの商用客や観光客が訪れるようになり、新たな産業の発展が期待されている。

日本との関係[編集]

夜の港

町の歴史で述べたように、18世紀の半ばから19世紀の半ばまでペトロパブロフスク・カムチャツキーはロシア極東部の中心であった。そのため、日本の江戸幕府との関係も比較的深かった。一例としては、1812年に交易商人高田屋嘉兵衛が捕らえられ、翌年までこの地で幽閉された事が挙げられる。

また、1787年にはフランスのラ・ペルーズの探検隊が寄港し、ここで下船させたバルテルミ・ド・レセップスに日本列島やサハリンの近海調査の結果をパリまで報告させた。その後、ラ・ペルーズ探検隊は遭難し全員が死亡したので、この町からヨーロッパにもたらされた地理的知識は非常に大きな価値を持った。

1905年日露戦争が終結し、ポーツマス条約で日本が北洋漁業の操業権を獲得すると、日魯漁業の漁業基地が設置され、多くの日本人漁業労働者が現地の水産工場で勤務した。

第二次世界大戦後には日本との交流は途絶え、ソビエトの対日軍事拠点として機能したが、開放政策の開始で再び日本人がこの町を訪れるようになった。1991年に釧路の水産会社と合弁企業「カムカイドウ」「モスト・ドルージブイ」を設立し、海産物のバーター取引を行い1998年には北海道釧路市との港湾友好都市(姉妹都市)協定が締結され、釧路空港などの日本国内のいくつかの空港からチャーター直行便が毎年夏に数便飛ぶようになっている。

脚注[編集]

  1. ^ Погода и климат. [1]. Retrieved on: April 8, 2010.
  2. ^ Climatological Norms of Petropavlovsk-Kamchatsky [2]. Retrieved on: August 24, 2011.