カムチャツカ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カムチャツカ地震(カムチャツカじしん)は、1952年11月4日カムチャツカ半島沖で発生した地震

概要[編集]

千島海溝付近における海溝型地震で、マグニチュードモーメントマグニチュード、M)は9.0超巨大地震である。津波は日本では遡上高8.5mであり、第一波の高さは1.0mであった。約3000km離れたハワイ諸島西端のミッドウェイ島にも襲ってきた。

カムチャッカ半島沖では、1737年にもM9.0 - 9.3の規模と推定される地震が発生している。

被害[編集]

この地震では15~18m規模の津波が3度にわたり発生しカムチャツカ地方から千島列島にかけての沿岸を襲来、北千島の中心地・セベロクリリスクでは最初の津波で高台に避難していた住民が戻ってきたところに二度目の津波に巻き込まれ、公式統計によると2336人が死亡している。それ以外にも電話などの通信の不通などの被害をもたらした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]