アリューシャン地震 (1946年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリューシャン地震 (1946年)
Tsunami large.jpg
津波の襲来から逃げるハワイ州ヒロの住民
アリューシャン地震 (1946年)の位置(アラスカ内)
アリューシャン地震 (1946年)
本震
発生日 1946年4月1日
発生時刻 12時28分56秒 (UTC)
3時28分56秒 (AKST)
震央 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラスカ州 アリューシャン列島 ウニマク島付近
北緯53度19分12秒
西経163度11分24秒(地図
震源の深さ 50km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.1
最大震度    改正メルカリ震度VI:[1]
津波 35m:ウニマク島[2]
地震の種類 海溝型地震
被害
死傷者数 死者・行方不明者:165人
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1946年のアリューシャン地震(アリューシャンじしん)は、同年4月1日アリューシャン列島東部のウニマク島付近を震源として発生した地震

概要[編集]

1946年4月1日、アリューシャン列島のウニマク島近くで地震があり、津波が発生した。地震は震源の深さ50km、モーメントマグニチュード(Mw)8.1[1]表面波マグニチュード(Ms)は7.8)だった。ウニマク島では海抜40メートル程度の所にある灯台が津波で破壊されたほどであったが、津波はハワイで激甚な被害を出した他は、太平洋沿岸の北アメリカ西岸でも日本でも殆ど観測されず、ハワイに被害が集中した。死者・行方不明者は165名。津波による被害は2600万ドルに及んだ。

この津波被害を受け、アメリカ合衆国は地震警戒システムをつくった。この組織は1949年に、Pacific Tsunami Warning Center(太平洋津波警報センター)という名称になった。センターの名に直接Tsunamiという語が使われたことから、Tsunamiはアメリカ合衆国において津波を意味する学術用語化し、その後、国際語化する要因にもなった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]