チリ地震 (2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年チリ地震
地震の震央
本震
発生日 2010年2月27日
発生時刻 6時34分14秒 (UTC)
3時34分14秒 (ADT)
17時34分14秒 (JST)
震央 チリの旗 チリ コンセプシオンの北北東107km
南緯35度54分32.4秒
西経72度43分58.8秒 (地図)
震源の深さ 35km
規模    モーメントマグニチュード (Mw)8.8
最大震度    改正メルカリ震度VIII:コンセプシオン、ロタコンスティトゥシオンアラウコ[1]
津波 最大30m以上:ティルア[2]
地震の種類 海溝型地震[3]、低角逆断層型(衝上断層[4][5][6]
余震
最大余震 2011年1月2日 Mw7.1
被害
死傷者数 死者802人
被害地域 チリの旗 チリ
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示
USGSによる震源の位置図

2010年チリ地震チリ中部沿岸で2010年2月27日3時34分14秒(現地夏時間; 6時34分14秒 UTC)に発生した大地震。地震の規模は、USGS(米国地質調査所)によれば、モーメントマグニチュード(Mw)で8.8だった[7]。1900年以降、チリでは1960年5月のチリ地震に次ぐ規模、世界でも発生当時では5番目の規模の地震となった[8][9]

地震の詳細[編集]

USGSによれば、震央はサンティアゴの南西328km、コンセプシオンの北北東107km、震源の深さは35km、マグニチュードはMw8.8(8.3から上方修正[10])だった[7]
太平洋津波警報センターは、27日6時46分(UTC)の第1報でM8.5、第2報でM8.6、第3報M8.8と報じた。

日本の気象庁は気象庁マグニチュードを当初Mj8.5と発表[11]、その後Mj8.6に修正、その後Mw8.8と発表した[12]東京大学地震研究所は遠地実体波から、震源断層の長さは450〜500km、すべり量は最大8m、Mw8.6と算出した[6]。史上最大の1960年のチリ地震は断層長600~1000km程度とされており、今回はその約半分だった[13]。余震とするには規模が大きいことから、1960年チリ地震の余震ではなく別個の地震の本震とみなされている[要出典]

この地域ではペルー・チリ海溝において太平洋側のナスカプレートが大陸側の南アメリカプレートの下に沈み込んでおり(両プレートの接近速度は80mm/年、USGS)、これまでもM8を超えるような海溝型地震が繰り返し発生してきた。今回の地震も同様の機構で起きた海溝型地震であると考えられている[3]。また、震源メカニズムは津波の発生しやすい逆断層型である[6]

この地震により、チリ沿岸の地盤が隆起し、チリの領土の面積が1.2平方キロメートル増加した[14]

NASAによると、この地震の影響によって地球が変形し、地軸が約8cmずれたせいで、1日の長さが100万分の1.26秒短くなった可能性がある[15][16]

東京大学地震研究所によると、地震波が地球を5周したことが判明した[6]。また、南極の昭和基地では2010年6月4日までの98日間に渡って、地震によって発生した振動が観測されていた[17]

各地の震度[編集]

改正メルカリ震度[1]
メルカリ
震度階級
地域
VIII タルカワノ、アラウコ、ロタ、チワヤンテ、カニェテ、サン・アントニオ
VII ラ・ラハ、ジュンベル、メリピジャ、カブレロ、ブルネス、タルカ、サンタ・クルズ、エル・モンテ、レブ、チジャン、パラール、ロス・アンヘレス、タラガンテ、サン・カルロス、クラニラウェ、トメ、ランパ、コロネル、コンスティトゥシオンコンセプシオン、ペンコ、ロンガ、サン・ビセンテ、リナレス、サン・クレメンテ、コイウェコ、テノ、モリナ、パイネ、クリコ、カウケネス、ムルチェン、サン・ベルナルド、ナシミエント、チンバロンゴ、アンゴル、ラ・カレラ、ランカワ、ジャイジャイー、レンゴ、サン・ハビエル、ラウタロ、グラネロス、ビジャ・アレマーナ、ペニャフロル、キルプエ、トライゲン、マチャリ、リマチェ、コジプジ、ビルクン、ビニャ・コウシニョ、ビジャリカ、ブイン、ピトルフケン、フレイレ、キジョタ、サン・フェリペ、カラウェ、ビクトリア、ヌエバ・インペリアル、サンティアゴテムコ
VI ビニャ・デル・マール、ラ・リワ、バルパライソ、ロス・アンデス、ロンコチェ
V ラス・ガビオタス、パンギプジ、サラマンカ、ラス・アニマス、コラール、バルディビア、イジャペル、ラ・ウニオン、リオ・ブエノ、メンドーサ(アルゼンチン)
IV オソルノ、サン・マルティン(アルゼンチン)、サン・ラファエル(アルゼンチン)、サン・フアン(アルゼンチン)、クトラル・コ(アルゼンチン)、サン・ルイス(アルゼンチン)
III ネウケン(アルゼンチン)、ヘネラル・ロカ(アルゼンチン)

余震[編集]

2010年3月17日4:30(UTC)現在、Mw4.5以上の余震は326回、うちMw6.0以上は16回発生している。2010年3月11日のMw6.9、6.7の地震ではそれぞれ改正メルカリ震度階級がX、IXと、本震を上回る地震動が発生したと推定されている。 赤太字はモーメント・マグニチュード(Mw)6.0以上。

余震の一覧[18]
日時(UTC) 地域 モーメント・
マグニチュード (Mw)
2010年3月16日 02時21分59秒 ビオビオ州 6.7
2010年3月15日 11時08分28秒 ビオビオ州 6.0
2010年3月11日 15時06分04秒 リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州 6.0
2010年3月11日 14時55分28秒 リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州 6.7
2010年3月11日 14時39分44秒 リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州 6.9
2010年3月05日 11時47分10秒 ビオビオ州 6.6
2010年3月05日 09時19分38秒 ビオビオ州 6.0
2010年3月04日 01時59分51秒 バルパライソ州 6.1
2010年3月03日 17時44分25秒 ビオビオ州 6.0
2010年2月28日 11時25分34秒 マウレ州 6.1
2010年2月27日 10時30分33秒 リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州 6.0
2010年2月27日 08時25分30秒 マウレ州 6.1
2010年2月27日 08時01分24秒 ビオビオ州 6.9
2010年2月27日 07時37分18秒 ビオビオ州 6.0
2010年2月27日 07時12分29秒 バルパライソ州 6.0
2010年2月27日 06時52分35秒 マウレ州 6.2
2010年2月27日 06時34分15秒 マウレ州 8.8(本震)

被害状況[編集]

2010年3月4日時点で死者が800人を超えているとされている。身元が確認された死者は279人でありそれ以外は未確定である。

CNNによるとサンティアゴで大規模な停電が発生。チリ・ペルーなどでは津波警報が発令された。チリ・カトリック大学とユネスコの合同現地調査によれば、ビオビオ州南部のティルア沿岸では津波の高さが30メートル以上に達していた事が明らかになった[19]

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港は一部損壊し、一時閉鎖していた[20]

地震の被害を受けたピチレムのメインビーチ(2010年2月27日)
崩壊した民家 
損傷を受けたサンティアゴにある建物 

各州の推移[編集]

損傷を受けた現代美術館
各州の死者[21]
27日 28日 1日 2日 3日
ラ・アラウカニア州 5 5 13 13 14
ビオビオ州 10 64 64 92 92
マウレ州 34 541 544 587 587
リベルタドール・ベルナンド・オイギンス州 12 46 48 48 48
首都州 13 36 38 38 38
バルパライソ州 4 16 16 18 20
合計 78 708 723 796 799
増加数 +630 +15 +73 +3

津波[編集]

太平洋津波警報センター(PTWC)第1報を6時48分(UTC)にチリとペルーに津波警報を、エクアドルに津波注意報を発効した。その後の地震解析や津波観測報が入電するにつれ、規模や警報の適用地域が修正・拡大され、10時45分(UTC)の警報では「A WIDESPREAD TSUNAMI WARNING IS IN EFFECT」として、ほぼ太平洋全域に警報が適用・発報。[22]28日9時40分(UTC)に解除され計27報報じられたが、日本では津波襲来中であった。

気象庁は日本にも到達する可能性が高いとして28日午前9時33分警報、注意報を発表した(後述)。

各国の津波観測情報[23][24]
地域 観測時刻
(UTC)
高さ
(メートル)
脚注
タルカワノ チリの旗 チリ 2月27日 06:53 2.34
ロビンソン・クルーソー島 チリの旗 チリ 2月27日 07:08 1.29
コラル チリの旗 チリ 2月27日 07:39 0.90
デスベントゥラダス諸島 チリの旗 チリ 2月27日 08:15 0.53
カルデラ チリの旗 チリ 2月27日 08:34 0.45
アンキド チリの旗 チリ 2月27日 08:38 0.62
コキンボ チリの旗 チリ 2月27日 08:52 1.32
イキケ チリの旗 チリ 2月27日 09:07 0.28
リマ ペルーの旗 ペルー 2月27日 09:41 0.24
アントファガスタ チリの旗 チリ 2月27日 09:41 0.49
アリカ チリの旗 チリ 2月27日 10:08 0.94
カヤオ ペルーの旗 ペルー 2月27日 10:29 0.36
イースター島 チリの旗 チリ 2月27日 12:05 0.35
ケポス コスタリカの旗 コスタリカ 2月27日 14:16 0.24
ガラパゴス諸島 エクアドルの旗 エクアドル 2月27日 14:52 0.35
マルキーズ諸島リキティア島 フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア 2月27日 15:31 0.18
ガンビエ諸島 フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア 2月27日 15:59 0.15
コリマ州マンサニオ メキシコの旗 メキシコ 2月27日 17:05 0.32
マルキーズ諸島ヒボオア島 フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア 2月27日 17:41 1.79
マルキーズ諸島ヌクヒヴァ島 フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア 2月27日 17:45 0.95
パペーテ フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア 2月27日 18:10 0.16
サンルーカス岬 メキシコの旗 メキシコ 2月27日 18:33 0.36
ラロトンガ島 クック諸島の旗 クック諸島 2月27日 19:07 0.15
アカプルコ メキシコの旗 メキシコ 2月27日 19:31 0.62
ロッティンポイント ニュージーランドの旗 ニュージーランド 2月27日 19:34 0.15
トンガ トンガの旗 トンガ 2月27日 20:03 0.04
アピア サモアの旗 サモア 2月27日 20:18 0.13
ヌクアロファ トンガの旗 トンガ 2月27日 20:24 0.1
サンタモニカ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 20:24 0.64
パゴパゴ アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア 2月27日 20:27 0.22
モントレー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 20:31 0.28
サンディエゴ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 20:36 0.13
サンフランシスコ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:20 0.26
ヒロ (ハワイ島) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:20 0.86
ラナイ島 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:36 0.18
カフルイ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:47 0.98
サンタバーバラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:50 0.53
カラエロア空港 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 21:57 0.12
ホノルル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 22:00 0.25
ハワイ島西部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 22:11 0.52
クレセントシティー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 22:13 0.37
バヌアツ バヌアツの旗 バヌアツ 2月27日 22:46 0.15
ジョンストン島 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 22:48 0.22
カウアイ島 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月27日 23:23 0.37
シトカ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2月28日 00:11 0.08
グアム グアムの旗 グアム 2月28日 03:07 0.16
13東京都小笠原村南鳥島 日本の旗 日本 2月28日 03:43 0.10 [25][26]
サイパン島 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 2月28日 03:55 0.08
08茨城県神栖市鹿島港 日本の旗 日本 2月28日 07:49 0.89 [27]
07福島県相馬港 日本の旗 日本 2月28日 08:09 0.75 [27]
04宮城県石巻市鮎川 日本の旗 日本 2月28日 08:37 0.78 [27]
03青森県八戸港 日本の旗 日本 2月28日 08:44 0.84 [27]
03岩手県久慈港 日本の旗 日本 2月28日 08:49 1.20
12千葉県館山市 日本の旗 日本 2月28日 08:52 0.69 [27]
30和歌山県串本町 日本の旗 日本 2月28日 09:10 0.89 [27]
01北海道根室市花咲港 日本の旗 日本 2月28日 09:23 0.92 [28]
03岩手県久慈港 日本の旗 日本 2月28日 10:01 1.20
39高知県須崎港 日本の旗 日本 2月28日 10:42 1.28 [28]
01北海道浜中町霧多布港 日本の旗 日本 2月28日 10:52 0.80
46鹿児島県志布志港 日本の旗 日本 2月28日 10:56 1.03
03岩手県大槌漁港 日本の旗 日本 2月28日 15:43 1.45
津波の到達予想 
津波の高さ(エネルギー)予想 
ピンクで示されているのが津波が到達すると予想された地域 

チリの津波対応[編集]

地震発生の19分後にタルカワノに2mを超える津波が到達、地震の死者の大半である500人以上が犠牲になったと見られる。原因は海軍のミスによる津波警報の遅れであり、ビダル国防大臣は2月28日に謝罪した。また住民を混乱させないよう故意に警報を出さなかったという報道も見られる[29][30][31]

ハワイの津波対応[編集]

太平洋津波警報センターはハワイ全島に警報を発令、到達予想時刻の5時間半前に避難を呼びかけた。混乱は殆ど無かった模様で、地元紙は「観光客は警報システムを賞賛」と報じた。ハワイ州1960年チリ地震で61人の死者を出した経験もあって津波対策は万全を期していた[29]

フィリピンの津波対応[編集]

フィリピンで津波対策が整備されたのは2004年のインド洋大津波以降である。ただし財政難のため警報システム1基にとどまっており、対策を万全にする必要があると指摘する専門家もいる[29]

太平洋諸国[編集]

サモアでは地元当局の避難勧告を受け海岸部住民は全員高台に避難した。

オーストラリアでは、ヘリコプターから避難勧告をしたり住民に直接電話で避難を呼びかけたが勧告を無視してサーフィンに興じるなど危機感の薄い人が多かった。オーストラリアは元々地震が滅多に発生しない国であったためだと見られている[29]

日本・気象庁の津波対応[編集]

日本では、2月28日午前8時30分に気象庁が会見を開き、当初は午前11時過ぎにも注意報あるいは津波警報(最大2m予想)を発表するとしていた[32]ものの、ハワイで2m近い津波が観測されたことから、津波警報(大津波)を三陸沖に発表するといった内容を伝えた。時間は、「午前9時を過ぎればいつでも発表できるようにする」として、当初の予定を大幅に前倒しすることも示唆した。

気象庁は、2月28日9時33分に青森県太平洋沿岸、岩手県宮城県に大津波警報(3メートル予想)を、北海道から沖縄県の太平洋沿岸地域と岡山県東京湾内湾、伊勢三河湾の内海に津波警報を、北海道日本海沿岸南部、オホーツク海沿岸、陸奥湾大阪府兵庫県瀬戸内海沿岸、広島県香川県愛媛県瀬戸内海沿岸、山口県瀬戸内海沿岸、福岡県瀬戸内海沿岸、福岡県日本海沿岸、長崎県西方、熊本県天草灘沿岸に津波注意報を発表した[33]。大津波警報が発表されたのは、1993年7月12日に発生した北海道南西沖地震以来であった。

その後、気象庁は段階的に、津波警報(大津波)から津波警報への切り替え、津波警報から津波注意報への切り替え、津波警報や津波注意報の解除を行った。すべて解除されたのは3月1日10時15分で、最初に発表されてから24時間42分に渡って、いずれかの地域に警報か注意報が発表されていたことになる。

気象庁は同日の会見で、津波の予測が過大であったとし、警報・注意報が長引いたことを謝罪した。ただし最悪のケースを想定したもので、判断ミスはなかったとしている[34][35]

なお、仙台管区気象台盛岡地方気象台が3月1〜2日に岩手県久慈市宮城県気仙沼市など4市3町・19地点で行った、建物に残った津波の痕跡から高さを推測する方法による現地調査では、岩手県陸前高田市の両替漁港で1.9m、気仙沼魚市場で1.8m、岩手県大槌町の大槌漁港で1.3mと、津波の高さを推定した[36]。これらの地域は翌年の東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた。


日本の報道体制[編集]

各局、定時のニュースに加えて、報道特別番組を編成するなどして津波関連のニュースを報じた。以下は関東地方についての記述であり、地方によっては第一報を除き通常編成だったり、独自の報道特番を関東地方よりも長く伝えている。

NHK[編集]

  • NHKでは、8時26分から気象庁の津波関連の記者会見を放送し、津波関連のニュースを報道した。そのまま9時33分の警報発表時間となり強制的に緊急警報放送に切り替わった(国内向け放送全波とNHKワールド・ラジオ日本で信号音が流れた。NHKワールド・プレミアムでは信号音は流れず、津波警報・注意報の地図画面も国内向け放送の強制的な切り替えより3秒ほど遅れて切り替わった)。9時55分からは教育テレビでは通常の放送に戻し、総合テレビでは9時55分以降もオリンピック情報と気象情報を交えながらも毎時キャスターを交代した上で東京大学地震研究所都司嘉宣准教授を交えながら19時まで報道特別番組として放送し、19時からは通常の『NHKニュース7』を30分間延長した上で、20時からの『龍馬伝』(NHKワールド・プレミアムでは当初、19時15分からの放送予定となっていた)と21時からの『NHKスペシャル』は通常通り放送した。その後は1時間ごとに特設ニュースで伝えた。
    • 海外向けテレビ番組配信・在外邦人向け国際放送のNHKワールド・プレミアムでも総合テレビと同時放送で報道特別番組をノンスクランブルで放送を行った。午後の放送では16時で一旦飛び降り、19時に再び放送を行った。なお、このときはバンクーバーオリンピック期間中につき、オリンピックの競技映像が一切同時放送できないために東京マーケット情報国会中継以外のニュース番組がすべて時差放送となっているが、この報道特別番組を放送するために、定時放送される正午のニュース、NHKニュース7を含め、国内同時放送に急遽変更された(オリンピック関連のニュースがある際、NHKニュース7ではオリンピック関連のニュースが入るところで途中飛び降りとなり、それ以外ではかぶせ放送で対応をとった)。

日本テレビ[編集]

  • 日本テレビでは、警報発表時は『東京マラソン2010』が放送されており、警報発表時も中継をしていたが、その後緊急警報放送を実施した上でニュースを数分間伝えた。その後も、11時50分からの『NNNストレイトニュース』で報道したほか、12時以降も断続的に『東京マラソン2010』を中断し津波関連のニュースを伝えた。
    • また、途中中断なしでの大会実施のお知らせをこの時「東京マラソン2010」のセンター実況の河村亮アナウンサーが告知した。
    • 系列局のSTVでは12時から15時まで独自の報道特別番組を放送した。

テレビ朝日[編集]

TBS[編集]

  • TBSでは、『サンデーモーニング』放送中であったが、警報発表の9時33分に番組を中断する形で緊急警報放送を実施。津波関連のニュースを伝えた。その後も『サンデージャポン』や11時30分からの『THE NEWS』を挟んで、『アッコにおまかせ!』を安東弘樹アナウンサーによる途中打ち切りを宣言して、急遽ニュースを差し込む形で報道(番組の最後に放送される『That's 宝くじ』は通常通り放送された)。13時からは『噂の東京マガジン』と『ピン子&壽賀子野生の王国!アフリカ冒険ふたり旅〜アフリカ大陸南端へ!サバンナの五大野生動物に逢いたい〜』を中止して、16時まで『報道特別番組』として放送した[37](一部地域を除く)。警報発令中画面に表示される地図について、TBSのみ津波警報・注意報が出なかった対馬・利尻島・礼文島を表示しなかった。TBSでは「当社は9つの島嶼部は地図の見易さを優先し、警報・注意報が出た所だけ島の形が表示されるようになっています」としている[38]

テレビ東京[編集]

フジテレビ[編集]

  • フジテレビでは、警報発表時は『ONE PIECE』が放送されていたが、デジタル放送では緊急警報放送を発信した。アナログ放送では9時36分23秒から36分49秒まで不要音が発生、9時36分49秒から38分46秒まで無音の状態になったが、その後緊急警報放送の信号を発信した。10時からの『笑っていいとも!増刊号』内で番組の途中で中断した上で10時15分から10時23分まで『FNN緊急報道特番』として放送し、11時50分からの『産経テレニュースFNN』、『ウチくる!?』を挟んで13時から14時55分まで『FNN緊急報道特番』として放送した。なお、『みんなのKEIBA』(中山記念阪急杯)以降は通常通り。

地震の影響[編集]

チリ国内[編集]

銅価格の高騰[編集]

地震の影響でマーケットにも様々な動きが起きているが、真っ先に反応したのが銅である。銅の産出量世界最大のチリで発生したということで、銅の供給が減少するとの見方が広がり先物価格が一時急騰した。3月1日のロンドン金属取引所London Metal Exchange)の時間外取引で地震前の比較で5.6%の上昇を見せた。しかしその後コデルコ(国営銅公社)の業務が再開されたことがわかると下落に転じ、普段の市場と変わらなくなった[39][40]

チリワイン[編集]

チリ最大ワインメーカーの「コンチャ・イ・トロ」のワイナリーが被害を受け1週間操業停止。日本でチリワインを輸入販売するキリンやまやの関連会社は「現時点で大きな影響はない」としている[41][42]

水産物[編集]

現地で養殖サケ事業を手がける日本水産の飼料工場、稚魚淡水養殖場が被災した[43]。日本で寿司ネタや弁当のおかずに定番のシャケの市場価格高騰の懸念がある。またこの影響で同社の株価が大きく下落している[44]

現地日系企業の影響[編集]

日鉱金属が権益を持つ現地の3鉱山のうち1鉱山が停電のため操業を停止。また住友金属鉱山が同じく権益を持つ銅山も停電で停止中である。パンパシフィック・カッパーは3月からチリで「カセロネス銅・モリブデン鉱床開発プロジェクト」を決定しているが被害状況により延期の恐れもある。

現地日系企業の影響[45]
企業名 事業内容 影響
日鉱金属(現・JX日鉱日石金属) 銅鉱生産 3銅山中1銅山が操業停止
住友金属鉱山 2銅山のうち1銅山が操業停止
日本水産 サケの養殖など ロスアンヘレスの飼料工場、稚魚淡水養殖場が被災
日本製紙等の合弁会社 製紙用木材チップ生産 植林地に被害

日本国内[編集]

  • 日本国内で人的被害は無かったが、大津波警報が発令された東北地方の太平洋沿岸地域を中心に養殖施設の網が流されるなどの漁業被害や、道路などが浸水する被害が出た。
  • また、大津波警報や津波警報が発令された地域を中心に沿岸部を通る鉄道の運休や道路の通行止などが行われた。
  • 被害総額は、宮城県では漁業被害などで26億2901万円[46]、水産業関連では8県で58億6300万円の被害が生じた[47]
  • 2月28日が投票日だった青森県おいらせ町長選挙では、大津波警報を受けた避難指示が出た太平洋岸に位置する一川目・二川目・川口の3地区の投票所について、閉鎖し一週間後に再投票とする措置がとられた[48]
  • 航空自衛隊松島基地に所属するすべての固定翼機は、石川県小松基地へ警報解除までの間全機避難させた。

各国の反応[編集]

地震を受けて各国は対策本部等を設置している。

アメリカ[編集]

国務省は、地震被災地の行方不明者の情報捜索を目的としたインターネットをベースとしたチリ地震のための『Google Person Finder』と緊急電話回線を開設した。ホワイトハウスのロバート・ギブズ報道官は、記者発表で「私たちは密接に津波の可能性状況を監視している。そして、私たちの考えと祈りはチリの人々と共にあり、いつでも助力する体制にある」と述べた[49]。またオバマ大統領は、ハワイとグアムに在住のアメリカ人に現地の役所の注意に従うよう呼びかけた。

アルゼンチン[編集]

フェルナンデス大統領がバチェレ大統領に「必要な全ての援助を承る」と電話で会談した[50]

イギリス[編集]

現地の赤十字社は、地震の被害者救済のために5万ポンドの寄付を行った[51]。同国のゴードン・ブラウン首相は報道発表で、イギリスはチリの地震復興のためにあらゆる尽力を行うと述べた。イギリスを本拠地とするオックスファムセーブ・ザ・チルドレン等の援助組織は、緊急救助チームの被災地派遣のための寄付運動を開始した[52]。またオックスファムは、コロンビアから水利技術者と物流専門家のチームと、メキシコ国内の拠点から先任の人道活動家を派遣した[53]

オーストラリア[編集]

合同津波警報センター(JATWC)は27日の協定世界時・19時50分に津波警報を発令。ヴィクトリア州南東沖のガボ島では、現地時間の午前8時までに津波が到達するとの州の予報が出された[54]

コスタリカ[編集]

政府は、地震の犠牲者への連帯の意を表す公文を発表した[55]

スイス[編集]

外務省は、すでに土曜日に被災地に災害救援の専門家を派遣すると発表。専門家は日曜日に到着予定で、現地で最善の救助対策を決定する[56]

中国[編集]

胡錦濤国家主席はバチェレ大統領宛に見舞いのメッセージを送信。緊急援助チームの準備を進めている[57]

日本[編集]

鳩山由紀夫総理は遊説先の高知県高知市で「相当な地震だと思う。情報収集を急ぎ、支援活動の準備を行うように関係省庁に指示をした」と記者団に語り、日本としての緊急救援活動を始める準備があることを表明した[58]。また、岡田克也外務大臣は日本の救援活動実施へ向けた事前リサーチなどを行うため、国際協力機構職員2名を現地へ派遣することを発表した[59]。しかしチリ政府により医療チーム派遣のキャンセルの申し入れがあり派遣を当面見送った[60]

パキスタン[編集]

アースィフ・アリー・ザルダーリー大統領は、バチェレ大統領にこの地震による「人命の損失と財産の損壊に哀悼の意を表する」との弔慰メッセージを送り、ユーサフ・ラザ・ギラニ首相が救援プロセスの開始を指示した[61]

ペルー[編集]

アラン・ガルシア大統領は地震の犠牲者への哀悼の意を表し、ペルーがチリの政府と国民に必要とするあらゆるサービスを提供するとの声明を発表した[62]

ポルトガル[編集]

アニーバル・カヴァコ・シルヴァ大統領は、バチェレ大統領に「ポルトガル国民、および私自身の名において、今朝チリを襲った地震への犠牲者に最高の弔意と連帯感を表す」との主旨の手紙を送った[63]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PAGER
  2. ^ Tsunami Information Statement #4 issued 02/27/2010 at 1:58AM PST NOAA/NWS/West Coast and Alaska Tsunami Warning Center
  3. ^ a b Summary : Magnitude 8.8 - OFFSHORE MAULE, CHILE USGS、2010年2月27日閲覧。
  4. ^ USGS Centroid Moment Tensor Solution USGS
  5. ^ 2010年2月27日15時34分頃にチリ中部沿岸で発生した地震について(pdfファイル) 気象庁2010年2月27日
  6. ^ a b c d 2010年2月27日 チリ中部の地震東京大学地震研究所
  7. ^ a b "Magnitude 8.8 - OFFSHORE MAULE, CHILE (2010 February 27 06:34:14 UTC)" (英語). USGS. 2010-9-28 閲覧。
  8. ^ "Magnitude 8 and Greater Earthquakes Since 1900 (Sorted by Magnitude)" (英語). USGS. 2010-03-05 閲覧。
  9. ^ "チリ地震、M8.8は1900年以来5番目の強さ". CNN (2010-03-01). 2010-03-06 閲覧。「強さ」はマグニチュードで比較できないので、誤り。
  10. ^ "南米チリでM8.8の地震、死者増加 ビル倒壊など被害甚大か". CNN (2010-02-27). 2010-03-05 閲覧。
  11. ^ 地震情報(遠地地震に関する情報)
  12. ^ 気象庁が地震の規模を修正を繰り返したのは、太平洋津波警報センターが発する津波警報の更新に伴う修正を含んでいる
  13. ^ 断層長さ500キロ、8メートルずれる=チリ地震、M8.6と算出-東大地震研時事ドットコム 2010年3月1日
  14. ^ “Chile Gained 1.2 Square Kilometres Following the Earthquake”. (2010年5月12日). http://en.mercopress.com/2010/05/12/chile-gained-1.2-square-kilometres-following-the-earthquake 2010年5月27日閲覧。 
  15. ^ チリ大地震、1日が「100万分の1.26秒」短く NASA
  16. ^ チリ大地震で地軸にズレ」短く NASA ナショナルジオグラフィック2010年3月3日掲載
  17. ^ “チリ地震で98日間“揺れ” 南極・昭和基地で観測”. (2010年6月23日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062301000154.html 2010年6月23日閲覧。 
  18. ^ USGC Latest Earthquakes in the World - Past 7 days
  19. ^ “【チリ大地震】津波の高さ30メートル以上 現地調査で判明”. 産経新聞. (2010年4月1日). http://sankei.jp.msn.com/world/america/100401/amr1004011707007-n1.htm 2010年4月3日閲覧。 
  20. ^ チリでマグニチュード8.8の地震 122人の死亡確認 asahi.com 2010年2月28日 1時8分
  21. ^ Confirman 711 victimas fatales y FFAA resguarda seguridad en zonas afectadas
  22. ^ 27 February 2010, MW 8.8, Off Central Chile PTWC Official Messages 実際の警報では、警報や注意報を適用する地域や国名が明記される。
  23. ^ TSUNAMI BULLETIN NUMBER 015 issued by the Pacific Tsunami Warning Center.
  24. ^ West Coast and Alaska Tsunami Warning Center”. NOAA. 2010年2月27日閲覧。
  25. ^ 津波情報:津波観測に関する情報2010年2月28日発表
  26. ^ この地震の日本国内で初めて観測された津波。
  27. ^ a b c d e f 津波情報:津波観測に関する情報 2010年2月28日発表
  28. ^ a b 津波:国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難”. 毎日新聞. 2010年2月28日閲覧。
  29. ^ a b c d 読売新聞2010年3月3日朝刊7面 「津波対応 各国に教訓」より抜粋
  30. ^ 津波情報伝達の不手際によって死亡した姉妹の遺族がチリ政府を相手に過失致死容疑で告訴する事態も起きている(2010年3月18日のFNNスピーク報道から)。
  31. ^ 2014年4月に発生した地震では、この時の教訓から早い避難を呼びかけた。
  32. ^ 原則として遠地地震による津波の場合、もっとも早く到達する時刻の2時間前をめどに警報・注意報を発表することにしている。
  33. ^ 気象庁:大津波の津波警報の発表 2010年2月28日
  34. ^ 【チリ大地震】すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 産経ニュース 2010年3月1日掲載
  35. ^ 津波注意報を解除 「予測過大」と気象庁おわび 中日新聞 2010年3月1日掲載
  36. ^ 岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響-気象台調査 時事通信 2010年3月5日掲載
  37. ^ CBCラジオでもチリ津波関連のJNN報道特番をサイマル放送した。
  38. ^ 津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出
  39. ^ チリ地震で銅価格急騰、ソブリンリスクの下落要因と綱引き ロイター2010年3月1日掲載
  40. ^ 銅先物価格一時5.6%高 チリ大地震でなどから
  41. ^ 再送:チリ大地震でワイン最大手メーカーが生産停止=日本向け供給懸念も
  42. ^ なお、この地震によるタンクの破損などで年間生産量の3分の2のワインが流出したワイナリーもあった。
  43. ^ チリ地震余波 シャケ弁が消える!?
  44. ^ 日本水産はチリでの事業に懸念残るが後場は値を戻す
  45. ^ 日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出など
  46. ^ “チリ津波で打撃、宮城県知事が国に支援要望”. 読売新聞. (2010年3月10日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100310-OYT1T00925.htm 2010年3月10日閲覧。 
  47. ^ “【チリ大地震】8県の津波被害は58億円に拡大”. 産経新聞. (2010年3月11日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100311/dst1003112211008-n1.htm 2010年3月11日閲覧。 
  48. ^ 選挙:青森・おいらせ町長選 新人が現職破る 津波で延期1週間、24時間投票箱監視
  49. ^ Chile quake: The U.S. government response”. The Washington Post (2010年2月27日). 2010年2月27日閲覧。
  50. ^ Cristina llamó a Bachelet y le ofreció ayuda
  51. ^ Quick response made to Chile earthquake”. British Red Cross (2010年2月27日). 2010年2月27日閲覧。
  52. ^ “UK relief charity teams fly to Chile earthquake zone”. BBC News. (2010年2月27日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8540621.stm 2010年2月27日閲覧。 
  53. ^ “Oxfam send staff to respond to Chilean Earthquake”. http://www.oxfam.org/en/pressroom/pressrelease/2010-02-27/oxfam-send-staff-respond-chilean-earthquake 
  54. ^ Joint Australian Tsunami Warning Centre”. Bureau of Meterorology (2010年2月27日). 2010年2月27日閲覧。
  55. ^ Arias intenta comunicarse con presidenta de Chile para expresar solidaridad”. 2010年2月27日閲覧。
  56. ^ “Government sends team to Chile after quake”. swissinfo.ch. http://www.swissinfo.ch/eng/index/Swiss_send_aid_workers_to_Chile_after_quake.html?cid=8383604 2010年2月27日閲覧。 
  57. ^ Int'l community offers sympathy, aid to quake-stricken Chile
  58. ^ 鳩山首相、チリ地震で支援準備指示 時事通信 2010年2月27日閲覧
  59. ^ 外相、JICA職員を派遣 Nikkei NET 2010年2月28日閲覧
  60. ^ 「緊急医療チーム派遣は当面見合わせ チリ大地震」産経新聞 2010年3月5日閲覧
  61. ^ “President saddened by Chile earthquake”. Associated Press of Pakistan. (2010年2月27日). http://www.app.com.pk/en_/index.php?option=com_content&task=view&id=97466&Itemid=2 2010年2月27日閲覧。 
  62. ^ “Peru is at service to Chile”. RPP. (2010年2月27日). http://www.rpp.com.pe/2010-02-27-presidente-garcia-peru-esta-al-servicio-de-chile-tras-terremoto-noticia_245740.html 2010年2月27日閲覧。 
  63. ^ 大統領メッセージ ポルトガル大統領府公式サイト 2010年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • 地震の年表
  • ナショナルジオグラフィックチャンネル - 2010年2月15日に放送された『警告!最大級の自然災害ビッグ4「壊滅的大地震の恐怖」』では1960年のチリ地震を取り上げ、そのエンディングにおいて「チリでは必ずまた大きな地震が起きる」と括ったが、放送から約2週間後に本地震が発生した。その後も再放送を実施している。
  • ハイチ地震 - この地震の1か月前に起きた大規模な地震。
  • 沖縄本島近海地震 - 本地震の約10時間前に発生した地震で、沖縄県本島地方ではこの地震でも「津波警報」が発令された。
  • 東北地方太平洋沖地震東日本大震災 - この地震の翌年に起きた日本最大規模の地震と引き起こされた震災。この地震とは逆のパターンで津波が襲った。なお、チリでは、東日本大震災によると見られる約2.5mの津波を観測した。

外部リンク[編集]

座標: 南緯35度54分32秒 西経72度43分59秒 / 南緯35.909度 西経72.733度 / -35.909; -72.733