マルハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルハ株式会社
Maruha Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1333 2004年3月上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-8608
東京都千代田区大手町一丁目1番2号
りそな・マルハビル
設立 1943年3月31日
(西大洋漁業統制株式会社)
業種 食料品
事業内容 漁業、水産物加工、食料品製造販売等
代表者 代表取締役社長 五十嵐勇二
資本金 150億円(2006年3月31日現在)
売上高 2735億1100万円(2006年3月期)
総資産 1638億2900万円(2006年3月31日現在)
従業員数 768人(2005年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 マルハニチロホールディングス100%
主要子会社 青森罐詰株式会社
土谷食品株式会社
関係する人物 中部幾次郎中部謙吉中部慶次郎
テンプレートを表示

マルハ株式会社(Maruha Corporation)は、かつて日本に存在した水産加工食品を製造販売する会社である。旧称大洋漁業株式会社。1947年に大洋漁業の持株会社である林兼商店が財閥解体による第5次指定持株会社となり、商社部門等は大東通商へ引き継がれた。林兼産業は創業家を同じくする「兄弟会社」にあたる。マルハの法人格は、現在のマルハニチロ(2008年4月から2014年3月まではマルハニチロ水産)にあたる。

概要[編集]

水産・食品関連企業グループのマルハニチロホールディングスの中核企業で、かつてはプロ野球球団横浜ベイスターズ(旧横浜大洋ホエールズ[1])のオーナー企業であったことでも知られる。銀行系列は興銀グループに属していた。

2006年現在の事業は「水産セグメント」と「食品セグメント」に分類されており、「水産セグメント」では、漁業、エビ養殖、海外水産物の輸入等の事業を行っていた。「食品セグメント」では、畜産事業、化成品事業等の他、一般向け食品としていわしさばツナ等の海産物の缶詰焼き魚物のレトルト食品魚肉ソーセージちくわフルーツゼリーなどを製造販売していた。

2008年にマルハニチロホールディングス内で事業再編が行われ、マルハとマルハニチロHD傘下のニチロの水産部門同士を統合したマルハニチロ水産に改組された[2]。再編後も、旧マルハ時代から生産している魚肉ソーセージを始めとする食品については「マルハ」のブランド名をニチロが生産していた食品(主に缶詰類)の「あけぼの」と共に併用している。

沿革[編集]

1880年(明治13年)、数え年15歳の中部幾次郎が播磨明石林崎漁港(現在の兵庫県明石市)で家業の鮮魚仲買運搬業を受け継いだものが源流である。1904年(明治37年)に山口県下関市に拠点を移し、捕鯨業・トロール漁業に進出。1924年(大正13年)には林兼商店を設立し、これが法人組織としての創立となる。

1936年(昭和11年)に大洋捕鯨株式会社を設立し南氷洋捕鯨を開始、戦時下の水産統制令により1943年(昭和18年)には内地水産部門と大洋捕鯨株式会社等を合併し西太平洋漁業統制株式会社に改称。戦局悪化と共に漁業用船舶を徴用され大打撃を受けた。

戦後は大洋漁業株式会社と改称し、1946年(昭和21年)には捕鯨を再開。1951年(昭和26年)には母船式北洋サケ・マス漁業を再開、1958年(昭和33年)には西アフリカ海域でのトロール漁業開始など、まさに世界中の海で遠洋漁業事業を展開し、漁業以外でも食品加工、冷蔵、運送、貿易商社などに進出した。

遠洋漁業は戦後の食糧難の時期から高度成長期にかけて日本の貴重なタンパク源であったが、1973年(昭和48年)のオイルショック、さらに1977年(昭和52年)に排他的経済水域が設定されたことにより、その規模は縮小せざるを得なくなった。大洋漁業も、日本国内からの遠洋漁業事業は縮小しつつ、海外における漁業事業、水産物の輸入、食品加工等を行う総合食品会社に事業を変化させることとなった。

1980年代後半のバブル期には不動産投資やゴルフ場経営など、多角化を推し進めるも、不採算となる事業も発生している。2002年(平成14年)には長年のイメージリーダー的存在であった横浜ベイスターズの全持株を東京放送(TBS)、BS-i(BS-i)に売却、2004年(平成16年)には日本国内・国外のグループ168社を持株会社であるマルハグループ本社を中心に再編するなどリストラに取り組み、2006年(平成18年)現在は経営は大きく改善し、電子レンジ加熱食品事業に乗り出すなど総合食品会社へと転換を図りそれ以外にもマグロの養殖、健康志向からDHA需要の高まりを受けてDHA入りソーセージの発売や、魚肉加工品の卸売りなど、様々な事業を行っていた。

商標の「マルハ」の由来[編集]

創業者の中部家が明石郡林村の出身であることから、屋号が「林屋」となり、途中の代から林家兼松と名乗り、屋号を「林兼」とした。この当時から屋号の略称として「は」の字を用いており、林兼商店となった後もの中に「は」の字を入れた商標を用いていたことに由来する。また、航海中『荒波(は)を丸く収める』という意味も掛けられていた。この1921年(大正10年)に商標登録された「マルハ印」は、1993年(平成5年)に新たな商標に変更されている。

年表[編集]

  • 1880年明治13年) 中部幾次郎が家業を継ぐ(マルハ社史では創業とされる)。
  • 1904年(明治37年) 事業の本拠地を明石林崎漁港から下関へ移転。
  • 1922年大正11年) 土佐捕鯨を買収し捕鯨業に進出。
  • 1924年(大正13年) 株式会社林兼商店を設立。
  • 1936年昭和11年) 南氷洋捕鯨に初出漁。
  • 1943年(昭和18年)3月 水産統制令により株式会社林兼商店の内地水産部門と、大洋捕鯨株式会社、遠洋捕鯨株式会社を合併し、西大洋漁業統制株式会社と社名変更。
  • 1945年(昭和20年)12月 水産統制令が廃止。西大洋漁業統制株式会社が西大洋漁業株式会社と改称。同月に大洋漁業株式会社と再び改称。
  • 1946年(昭和21年)12月 戦後初の南氷洋捕鯨に第一日新丸が出漁。
  • 1947年(昭和22年)9月 大洋漁業の持株会社である林兼商店が財閥解体による 第5次指定持株会社に指定される。
  • 1949年(昭和24年)11月 プロ野球球団「まるは大洋球団」を結成し、セントラル・リーグに加盟。
  • 1950年(昭和25年)7月 大洋漁業株式会社が株式会社林兼商店を合併。「まるは大洋球団」を「大洋ホエールズ」に改称。
  • 1951年(昭和26年) 海外事業(インド他)に先鞭  母船式北洋サケマス漁業再開。
  • 1953年(昭和28年) 魚肉ハム・ソーセージ発売、養殖事業を開始。
  • 1958年(昭和33年) 西アフリカ海域にトロール漁業で進出。
  • 1960年(昭和35年) 飼料畜産など陸上部門に進出。
  • 1964年(昭和39年) 塩水港精糖株式会社に資本参加し製糖事業に進出。
  • 1973年(昭和48年)6月 株式会社千代田を合併。
  • 1977年(昭和52年) 新領海法が施行。排他的経済水域の設定により遠洋漁業は衰退へ向かう。
  • 1993年(平成5年) マルハ株式会社と商号変更。「大洋ホエールズ」球団を「横浜ベイスターズ」に改称。
  • 1995年(平成7年) 中華人民共和国に合弁会社を設立。
  • 1996年(平成8年)4月 株式会社大洋シーフーズを合併。
  • 1999年(平成11年) 砂糖事業を分離し別会社化。
  • 2001年(平成13年) マルハペットフード株式会社をMBOにより独立
  • 2002年(平成14年) トロール漁業事業、冷蔵事業を分社化。横浜ベイスターズの全持株を東京放送、ビーエス・アイ(現BS-TBS)へ譲渡。
  • 2003年(平成15年) 大阪魚市場株式会社と包括的業務提携を行う。
  • 2004年(平成16年)3月1日 株式交換により「青森罐詰株式会社」・「土谷食品株式会社」を完全子会社化。
  • 2004年(平成16年)4月 マルハグループを持株会社方式により再編。株式移転により株式会社マルハグループ本社を設立し、その完全子会社となる。
  • 2005年(平成17年)3月 子会社パールエールを通じて保有していた塩水港精糖株式50.18%を、内24%を三菱商事に30億円弱で譲渡し、パールエース株式全部を塩水港精糖に売却し、製糖事業から撤退。
  • 2007年(平成19年)6月13日割戻金』などの名目で、下請け会社から下請代金を不当に減額したとして、公正取引委員会から、下請法違反の疑いで勧告を受ける[1][2]
  • 2007年(平成19年)10月 ニチロとの経営統合・株式交換により、統合持株会社として、マルハグループ本社をマルハニチロホールディングスに商号変更。
  • 2008年(平成20年)1月 ジェイティフーズの中国製冷凍ギョーザの食中毒問題を受け、自社で販売しているレトルト食品2品目を自主回収することを発表。
  • 2008年(平成20年)4月 グループ内の事業再編により、水産業専業の株式会社マルハニチロ水産に改組[2]
  • 2014年(平成26年)4月 グループ再編に伴い、後身であるマルハニチロ水産が、親会社であるマルハニチロホールディングスを含む5社を吸収合併し、マルハニチロ株式会社に改称。旧マルハの法人格へ事業を集約することになった。

主な商品[編集]

  • ちくわ
  • ソーセージリサーラなど)
  • 缶詰シリーズ各種
    • パッ缶シリーズ
  • レトルト食品シリーズ各種(牛丼、中華丼など)
    • 金のどんぶりシリーズ
    • ピクルスシリーズ
    • 組み合わせ米飯シリーズ
    • やわらかシリーズ
    • ぞうすいシリーズ
    • おかゆシリーズ
  • ピュアシリーズ各種
  • 冷凍食品シリーズ
  • デザートシリーズ
    • 今日のくだものシリーズ

※ 上記製品は現在、グループ会社のマルハニチロ食品を通じて販売している。旧マルハペットフードが行っていたペットフードについては、アイシアを参照のこと。

テレビCM[編集]

  • リサーラソーセージ[3]
  • レンジで煮魚
  • サラフレッシュ
  • 牛丼・中華丼
  • マルハのちくわ
  • マルハのパッ缶

過去には小林亜星がCMソングを作曲した商品が多く見られた。

関係会社[編集]

長崎県[4]民間放送局である長崎放送(NBC)[5]の15.50%の株を保有する筆頭株主(2006年3月31日現在)である。

創業家を同じくする親類企業として、大東通商マルハグループ本社の筆頭株主。主に商社部門と石油関連部門を持つ)や林兼産業(兄弟会社。食肉加工業務を主力事業としており、”キリシマハム”ブランドでハム・ソーセージ類を製造販売している)等がある。

なお、大火災を起こした熊本県熊本市大洋デパートや、愛知県知多郡南知多町でまるは食堂を展開する株式会社まるはとは無関係。

所有していた船舶[編集]

捕鯨船[編集]

  • 日新丸、第一日新丸(綿城丸)、第二日新丸、第三日新丸 - 林兼商店時代から受け継がれてきた捕鯨母船の船名。

漁業工船[編集]

関連項目[編集]

  • 神奈川工科大学(創業家の中部家が設立し、関連財団法人である中部奨学会会長である中部謙一郎が運営法人である学校法人幾徳会理事長を務める)以前は高専が母体でその後大学を開設し、幾徳工業大学という名称であった。
  • 新治伸治 - 大洋漁業本社採用であったが、当時のホエールズに出向になった社員。
  • 山中毅 - 競泳日本代表選手。大洋漁業社員として1964年第18回夏季オリンピック東京大会に出場した。
  • ニューネッシー - 1977年4月25日にマルハのトロール漁船が引き揚げた首長竜に類似した腐乱死体。その後の調査でウバザメの可能性が高いとされた。
  • ピクミン2(スペシャルサンクスとして作中に登場したお宝に協力)

脚注[編集]

  1. ^ 大洋ホエールズの大洋は旧社名大洋漁業ホエールズ捕鯨にちなむ。球団も開設当時は下関に本拠地を置いていた。
  2. ^ a b 連結子会社の会社分割、商号変更および子会社設立のお知らせ (PDF) - 株式会社マルハニチロホールディングス 平成19年12月19日
  3. ^ CMキャラクターに、『マツケンサンバ』の振付師、真島茂樹を起用する。
  4. ^ ラジオは子会社を通じて佐賀県の県域放送も兼ねている。
  5. ^ JNN系列局であり、キー局はTBSHDの子会社であるTBSテレビ

外部リンク[編集]