ピクミン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピクミンシリーズ > ピクミン2
ピクミン2
Pikmin 2
ジャンル AIアクション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
Wii
開発元 任天堂
発売元 任天堂
シリーズ ピクミンシリーズ
人数 1 - 2人
メディア 光ディスク
発売日 GC
日本の旗 2004年4月29日
アメリカ合衆国の旗 2004年8月30日
欧州連合の旗 2004年10月8日
Wii
日本の旗 2009年3月12日
対象年齢 CERO: A(全年齢対象)
ESRB: Everyone All
PEGI: 3+
OFLC: Parental Guidance 8+
デバイス Wii
ヌンチャク対応
売上本数 日本の旗 約56万本
アメリカ合衆国の旗 約36万本
欧州連合の旗 約14万本
世界 約106万本
その他 メモリーカード使用ブロック数:27
テンプレートを表示

ピクミン2』(ピクミンツー、Pikmin 2)は、2004年4月29日任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブゲームソフトピクミンシリーズの第2作目。

2009年3月12日には『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植された。

ストーリー[編集]

前作でキャプテン・オリマーが勤め先のホコタテ運送へ帰り着いたところから話が始まる。新米社員のルーイがゴールデンピクピクニンジンを配達中に宇宙ウサギに襲われ、すべて食べられてしまったことでホコタテ運送は10100ポコという莫大な借金を抱え、倒産寸前の危機的状況に陥っていた。ここでオリマーが取り出したピクミンの星からの土産物に相当な価値(100ポコ、オリマー曰く「高級料理が山ほど食べられる」らしい)があることが判明。ホコタテ運送の社長は、帰ってきたばかりのオリマーにルーイを伴ってピクミンの星へいき、『お宝』をかき集めて戻るようにと命じるのであった。

ゲーム概要[編集]

前作『ピクミン』から、約2年半振りのピクミンシリーズで、本作では、オリマーと新入社員「ルーイ」のコンビがピクミンたちを率いて行動する。オリマーとルーイは通常は一緒に、必要に応じて別々に行動する。ピクミンもそれぞれについて行くように分けることができる。また、本作では2人同時プレイによる協力プレイが可能(チャレンジモードのみ)。この場合の画面表示は上下分割になっており、1Pの上画面がオリマーで2Pの下画面がルーイを操作する。1人プレイと同様に一緒に行動したり別れて分担作業も可能である。 更にピクミンを掴んだまま、別の色のピクミンまたは、葉、蕾、花の種類別に持ち替えられるようになっており(この要素は、後のWii版の『ピクミン』や『ピクミン3』でも継承されている)、連投スピードも前作では、隊列を動かして、オリマーの元に近付けなければ早く投げられなかったが、今作では、隊列を動かさなくても、ある程度早く投げられるようになった。

また、前作と違い、回収するお宝によっては、宇宙服を強化して改造出来るようにもなっており、ダメージ軽減や、間欠炎からの炎のダメージを受けなくなったり、移動速度が速く出来たりするようになった。代わりに、宇宙服のダメージを修復して回復させる事は出来なくなった。

目的は各地に散らばる「お宝」を、ホコタテ星の通貨にして10000ポコ以上持ち帰ることである。「お宝」については実在する企業がスペシャルサンクスとして協力している。また、前作では日数制限で30日以内に一定のパーツの数を集めなければならなかったが、今作は日数制限がなくなって無限になったことで日数制限によるゲームオーバーで最初からやり直すことがなくなり、時間を気にせずにじっくりプレイできるようになった。

前作との違い[編集]

前作に無い要素として地下洞窟がある。地上と地下洞窟の間は強力な磁場の影響でゆがんでおり、入るたびに地形が変わる。二人とピクミン達が「ドルフィン初号機」から分離した探査ポッドとともに洞窟へ進入し、お宝を探査ポッドに詰め込んで地上へ脱出する。また、『ピクミン』では壊せなかった間欠炎(一定時間ごとに炎を噴き出すもの)が壊せるようになった。間欠泉の用途も大きく変わり、『ピクミン』ではオリマーが高いところに上がったり近道をしたりするための用途だったが『ピクミン2』では地下洞窟から抜けるためのものとして使われる。ちなみに、ピクミンがフロア内に埋まったままで下の階層に進もうとする・地上へ脱出しようとすると選択肢が表示される際に警告音が鳴り、「ピクミンの芽がおきざりになります!」と表示されコマンドの「やめておく」が「助けにいく」に変わる。

新たなトラップとして、一定時間ごとに両極の間で放電する電極、電流が流れている電気ゲート、常に毒ガスを放出しているガス管、ガス管+土の壁のガスゲートが追加された(すべて破壊可能)。その代わりに壁の耐久力が低くなった。

バクダン岩の使用法も大きく変わっている。前作では黄ピクミンの武器であったが、今作ではより大きくなった上でトラップに変わっており、黄ピクミンは扱えなくなったが、オリマーパンチやピクミンの攻撃のあと一定時間で爆発する。これにより、黄ピクミンを使わずともバクダン岩で原生生物にダメージを与えられるようになったうえ、前作にあった岩の壁(バクダン岩でのみ壊せる)はなくなっている。中には、完全なトラップとして上から落ちてきて一定時間の後に爆発するものもある。ゲキニガスプレーで石化する事も出来、この状態で攻撃を行った場合、爆発する事なく消滅する。なお、vsモードではオリマーとルーイがバクダン岩を持ち、投げることができる。

キャラクター詳細[編集]

ホコタテ星人[編集]

オリマーたちホコタテ星人は、身長が3cmほどの小さな種族である。彼らにとってピクミンの星の大気中に含まれる酸素は猛毒である(純酸素は我々人間にとっても有毒である)。今作では生命維持装置の準備が万端のため期限を気にせず冒険できる。

前作でオリマーが乗っていた愛船ドルフィン号は今作の冒頭で借金のカタに売り飛ばされてしまったが、代わって社長の愛船ドルフィン初号機が登場しオリマーとルーイが乗って冒険する。初号機は2人のナビゲーターとしても活躍するが、やかましい一面もある。お宝を10000ポコ集めた後にはルーイが行方不明になってしまい、ルーイの代役は社長が勤める。

ピクミン[編集]

ピクミンはオリマーが墜落した惑星で遭遇した、植物とも動物ともつかない奇妙な二足歩行生物である。 今作では、前作に登場した3色に加え、新たに紫・白のピクミンが登場する。 ピクミンを以下の全5種類各20匹、計100匹を連れて歩くとピクミンたちは前作のイメージソング「愛のうた」を歌う。

赤ピクミン
火に耐性があり、攻撃力が高いため、原生生物との戦いに適している。前作同様、最初に仲間になるピクミンである。
黄ピクミン
体が軽く、他のピクミンより高く投げられる。今作ではバクダン岩を扱えなくなったが、その代わり電気に耐性を持つようになった。
青ピクミン
水に強い。通常のピクミンは水に入るとおぼれて死んでしまうが、青ピクミンは例外である。また、溺れている他の色のピクミンを助けることもできる。前作同様最後に仲間になる。
紫ピクミン
他の色のピクミン10匹分に相当する力(10ペレットなら、1匹で運ぶ事が出来るため、大きな獲物でも、数匹のピクミンで済む)がある。体重が重く着地すると衝撃が走り、たまに原生生物をひるませる。直撃させたときのダメージは赤ピクミンの攻撃力をも凌ぐ。空を飛ぶ生物にも有効で、一匹投げ当てるだけで地上に落とすことが出来る。しかし重さゆえに他のピクミンよりも移動が遅い(紫の花ピクミンより、白の葉ピクミンのほうが移動速度が速い)上に、他のピクミンよりも投げた時の飛距離が若干短い。
また、その重さゆえにバクダン岩を一発で起爆させてしまうという欠点も持つ。
白ピクミン
体重が軽く、他のピクミンよりも速く移動できる。また、毒に耐性があるうえ自身も体に毒を持ち、敵が食べると毒に侵されダメージを受ける。赤い目には探知能力があり、地中に埋まったお宝を掘り出せる。

原生生物[編集]

オリマーたちが冒険する地域には、ピクミン以外にも数多くの種類の原生生物が生息している。いずれもが奇妙な形態と生活様式を有し、しかもその多くはオリマーたちやピクミンに対して攻撃的であり、彼らを捕食あるいは排除しようと攻撃を仕掛けてくる危険な存在である。また、これらの生物には捕食を行わない種が多く見られる。それらは分解者に属するとも考えにくい物が多く、現状では説明のつかない部分も多い。 本作で登場する生物は、前作が20数種類だったが、今回はその倍以上に種類が増えており、単に種類が増えただけでなく、前作に登場した生物の亜種に相当する種類が多数登場したりしているなど生物によっては、大幅にバリエーションが増えた種類もある。更には本作で初登場する生物も多数存在する。

ステージ[編集]

洞窟名の後ろにあるカッコ内の数字はその洞窟の階層数を表す。また、4つのそれぞれのステージは、春夏秋冬の四季をイメージした要素が含まれている。

ねむりの谷[編集]

ゲームの最初に降り立つ、雪に覆われた冬のようなイメージのステージ。オリマーたちがアカコチャッピーと戦っている赤ピクミンに会う。最初のステージではあるが結構奥深く、「辺境の洞窟」などは難度が高い。また、一部の地面はアスファルトやレンガの歩道、横断歩道などがあり、もともと道路であったことが分かる。 お宝は7個。今作で唯一の完全新作のステージである。

始まりの洞窟 (2)
最初の地下洞窟。ねむりの谷同様に雪で覆われていて、登場するのはユキチャッピー11匹のみ。紫ピクミンと初めて会う場所。
スフィアマップを入手してこの洞窟から脱出すると、強制的に一日が終わる。
お宝は3個。ボスはいない。
地下の秘密基地 (9)
名前どおり機械的な層が多く、タマコキンも登場する。しかし最初のフロアは雪に覆われている。バクダン岩が20以上ある層があるなど危険な部分もあるが、休憩エリアのような層が2層あり、4層目には白のポンガシグサが、8層目には紫のポンガシグサが3~4つ登場する唯一の洞窟である。空を飛んでいる敵が多く出現する。
お宝は16個で、ボスはダマグモキャノン。
辺境の洞窟 (8)
前半は他の2つの洞窟と同じく雪に覆われている。後半になるにつれて洞窟の地形になる。クマチャッピーとチビクマ9匹のエリアや(3層目)、間欠炎と水場が両方あるエリア(6層目)があるなど、ゲーム中盤にしては高難易度。
お宝は15個で、ボスはクイーンチャッピー(ベビーチャッピーを生む)。

めざめの森[編集]

桜の花びらが散る春のイメージのステージ。「始まりの洞窟」で「スフィアマップ」を運ぶことで探索可能になる。前作の「希望の森」とまったく同じつくりをしているが、以前にはあった水場が無くなっている、オニヨンの着地地点が変わっている、配置されている敵が一新されているなど大きく内容は変更されている。オタマも成長したらしくイモガエルが見られる。青ピクミンに会えるが、彼らは電撃ゲートの奥にいるため先に黄ピクミンと会うことが必要になる。ガス管や電撃ゲートが初登場。 お宝は7個。

けだものの穴 (5)
「けだもの」と名がついているがゲーム序盤の洞窟だけあってあまり強い敵は登場しない。
お宝は6個。ボスはクイーンチャッピー(ベビーチャッピーを生まない)。
白い花園 (5)
白ピクミンと初めて会う洞窟。鉄のステージが初登場(1,2層目)。出会った早々から白ピクミンを駆使しなければならない。
お宝は7個で、ボスはヘビガラス。
デメマダラの王国 (7)
名前どおり、デメマダラ(=チャッピー系統、特にテンテンチャッピー)が数多く登場する。
お宝は10個で、ボスはダイオウデメマダラ。
ヘビガラスの穴 (7)
名前どおり、途中でヘビガラスが登場する(3層目・6層目に2体ずつ)。水場にカマドフマが登場する、落下してくる敵が多い、休憩フロアが無いなど、ゲーム中盤にしては難易度が高い。
お宝は15個で、ボスはアカヘビガラス。

まどいの水源[編集]

蝉の鳴き声がする、夏のイメージのステージ。めざめの森で「ジオグラフィックシステム」を運ぶと探索可能になる。黄ピクミンと初めて会えるエリア。前作の「大水源」とほぼ同じつくりをしているが、ドドロのタマゴがなくなっている、ゲート(壁)の種類が変わっているなど、細かい点は変化している。夕方になるとヒグラシの鳴き声になる。 お宝は7個。

クモの根城 (5)
名前どおりクモ系統が多く登場する。
お宝は11個で、ボスはダマグモ。
食神の台所 (6)
地下洞窟にしては明るく、子供部屋を思わせるような洞窟。食神とはパンモドキのことを指し、実際にパンモドキが数多く登場する。
お宝は14個で、ボスはオオパンモドキ。
シャワールーム (7)
タイルの床など、シャワールームを思わせるつくりがあることからオリマーが直感的に「シャワールーム」と名づけたという。水場が多く、マロガエルなど水中の生物の強敵が多く登場する。
すべてのトラップが登場するため、難易度が高い。
お宝は14個で、ボスはケメクジ。
水中の城 (5)
洞窟の入り口は水の中にあるため青ピクミンしか連れて行けないが、彼らが耐性を持たない炎・電気・毒に関するトラップ・生物が次々と登場する上に、バクダン岩のトラップが数多く存在する層もある。また、この洞窟の壁は他の洞窟と比べて硬い。お菓子系のお宝が多く、オリマー曰く「甘ったるいにおいが充満している」との事。
非常に難度の高い洞窟だが、途中にはコッパチャッピーが登場して危険なトラップを壊すのに役立ってくれる。また難度が高い割には、稼げる金額が少ない。
お宝は13個で、ボスはアメボウズ。最終層以外でも一定時間経過するとアメボウズが出現するが、これらの層では紫ピクミンを扱えないので逃げる以外に方法がない。

のぞみの大地[編集]

紅葉が見られる秋のイメージのステージ。集めたお宝と原生生物の価値の合計が10000ポコを超え、借金を返済し、ねむりの谷「始まりの洞窟」の「スフィアマップ」、めざめの森地上の、「ジオグラフィックシステム」を回収すると探索可能になる。前作の「遭難地点」と「最後の試練」を合わせたような地形をしている。ルーイがこのステージに落ちてしまったため社長がルーイの代役を務める。ちなみに地面に「止まれ」と書いてある場所がある。 お宝は5個。

混沌の魔窟 (10)
たくさんの敵が狭いフロアに密集しているため、1対1で戦うことが不可能に近い場所もある。
爆弾岩が多く、爆発によるピクミンが死にやすいフロアも多い。また辺境の洞窟と似たような、水場と電極が絡んでいるフロアもある。5層目は休憩エリア。中ボスのダイオウデメマダラが2匹いる。
お宝は17個で、ボスはゴロムシ。
百戦錬磨の穴 (15)
アカヘビガラスとヘビガラスの共演、ダイオウデメマダラやクイーンチャッピー、ダマグモキャノンにダマグモ、というように、過去のボス敵が半数以上中ボスとして登場する。中ボスがいないエリアもかなりの難度を誇る。そのかわり休憩フロアが5、8、12層目の三層と多めになっている。
お宝は5・8層目以外の各層に1個ずつ置いてあり、13個ある。ボスはゾウノアシ。
夢の穴 (14)
最後の地下洞窟。中ボスは登場しないが、こちらは混沌の魔窟以上に敵が密集している。ゲーム中でも1,2を争う難度を誇るが、百戦錬磨の穴と比べて戦法を工夫すれば突破が容易になるため、プレイヤーの操作が左右される洞窟である。また、ピクミンを補充できるポポガシグサやコッパチャッピーは一切出現しない。
他の洞窟で見られる地下へ続く穴は、ピクミンを連れずオリマーのみが穴まで行けば次の地下へ行けたが、水中の城にあったように、地下への穴の一部の階(1層目・7層目・11層目)に岩がかぶっており、この岩はピクミンに叩き壊させなければ崩れない。そのため、穴までの敵をピクミンが避けていくことはできない場所もある。
お宝は洞窟の中でも最も多く、21個ある。ラスボスはヘラクレスオオヨロヒグモ。

チャレンジモード[編集]

前作同様にチャレンジモードが存在するが、目的は大きく異なる。これをプレイするには地下洞窟「クモの根城」でボスのダマグモが持つお宝「あのカギ」を回収することが必要である。

ステージは本編では登場しないオリジナルの地下洞窟であり、全30ステージある。ステージごとにあらかじめ決められた数のピクミンしか連れて行くことができず、ゲキニガ・ゲキカラスプレーの数もあらかじめ決められている。各ステージには本編の地下洞窟同様にいくつかの階層があり、入るたびに地形が変化する。各階層には一定数のお宝が配置されているが、必ずその中に「あのカギ」が存在し、これを回収すると最終層以外では次の階層へ行く穴が出現し、最終層では脱出するための間欠泉が出現する。間欠泉の場合はすぐには使えず、ピクミンにたたかせて水を出す必要がある。各階層ごとに制限時間が設けられており、時間内にお宝をできるだけ多く集めて洞窟を脱出することが今作のチャレンジモードの目的である。制限時間の1単位は約2秒であり、次の階層へ行くときに残っていた制限時間は引き継ぐことが可能である。なお、お宝はオリジナルではなく、本編に登場するものが使用されている。お宝は本編における「探検キット」としての利用はできない。また、各階層にいる原生生物は倒すと必ずお宝を落とす。階層ごとのお宝の数は一定なので、本編の地下洞窟のように出現する原生生物の数が変化することはない。

最終層を脱出すると洞窟をクリアしたことになり、得点が集計される。得点は、「集めたお宝・生物の価値の合計」×10+「脱出時に残っていたピクミン数」×10+「脱出時に残っていた制限時間」で計算される。また、すべてのステージで1匹もピクミンを死なせずにクリアするとあるムービーが見られるようになる。

以下はステージとなる洞窟の一覧である。( )内の数字は階層数を表す。ボスがいる場合はボス名を併記する。

  • こてしらべの洞窟 (2)
  • 新参者の試練場 (2)
  • 神々のおもちゃ箱 (2)
  • あのひとの庭 (1)
  • グリーンホール (2)
  • 地下の温室 (2)
  • 鉄人の穴 (2)
  • 赤の洞窟 (1)
  • 花園を荒らすもの (1)
  • たそがれの庭 (1) - ダマグモ
  • かくしもちの洞窟 (5) - ヘビガラス
  • コンクリート迷路 (3)
  • コレクタールーム (7)
  • ショイグモの巣 (1)
  • 大足の穴 (1) - ゾウノアシ
  • 食神のかまど (1) - オオパンモドキ
  • 三色試練場 (1)
  • 炎と水の試練場 (2)
  • 鼻息の洞穴 (2)
  • 巨人のトイレ (2) - ケメクジ
  • 土とんの洞窟 (2) - アカヘビガラス
  • 地底警備室 (1)
  • ひみつの花園 (1)
  • さらいの洞窟 (1)
  • 秘密兵器実験場 (2) - ダマグモキャノン
  • 倍々ゲームの穴 (3)
  • 天罰の穴 (1)
  • どっすん迷路 (1) - アメボウズ×2
  • スナイパールーム (1)
  • デメマダラの巣窟 (5)クイーンチャッピー・ダイオウデメマダラ×3

他の任天堂製品、キャラクターとのつながり[編集]

  • 1969年に任天堂が発売した玩具「ラブテスター」が「おたからセンサー・プロトタイプ」に改名されお宝として登場する。
  • 任天堂のロゴの入ったトランプのスペードのエースや麻雀牌や花札などの任天堂の自社製品などがお宝として登場する。
  • 1980年に任天堂が発売した携帯ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」が「機械仕掛けの夢」という名前でお宝として登場する。
  • ファミリーコンピュータの十字キーが「栄光の石」という名前でお宝として登場する。
  • ゲームキューブコントローラーのアナログスティックが「たましいの石」という名前でお宝として登場する。
  • スーパーマリオワールド・スーパーマリオUSAなどに登場した、鍵が「あのカギ」という名前でお宝として登場する。

ピクミンパズルカードe+[編集]

ピクミンパズルカードe+とはカードeリーダー+ゲームボーイアドバンスカードのピクミンパズルカードe+を使用して遊ぶピクミンを使ったパズルゲームである。ゲームキューブのピクミン2から3種類のゲームをカードeリーダー+にダウンロードし、カードをリードすることによって遊べる。ピクミン2のみで使用できる。ちなみにWii版では遊べない。

ゲームは大きく分けて3つある。

ひっこぬきピクミン(赤)
フィールド上のピクミンを全て引っこ抜けばクリア
てくてくピクミン(黄)
同じ方向に動くピクミンを全てゴールに連れていく
つなげてピクミン(青)
パネルを入れ替えピクミンをゴールへ連れていく

カードをカードeリーダー+にリードさせるとゲームが可能であり、カードは別売りで1パック5枚入り200円である。シリーズ1は2004年4月29日、シリーズ2は同年7月29日に発売した。シリーズ1,2ともに赤黄青の3色を発売し、それぞれ赤にはひっこぬき~、黄にはてくてく~、青にはつなげて~のゲーム用のカードが入っている。その他にもピクミン2同梱のおためしカードやファミ通の付録、クラブニンテンドーの景品などのカードがあった。また、カードにはゲームに登場する生物の説明や画像が記載されている。

スペシャルサンクス[編集]

(順不同)

外部リンク[編集]