古川貞二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古川 貞二郎(ふるかわ ていじろう、1934年9月11日 - )は、日本の厚生官僚社会福祉法人恩賜財団母子愛育会理事長

厚生事務次官内閣官房副長官株式会社麻生監査役などを歴任した。

エピソード[編集]

九大在学中にも国家公務員採用上級甲種試験を受験するが、失敗。郷里でもある佐賀県庁への入庁を希望していたが、当時佐賀県職員の募集が行われていなかったため、長崎県庁へ入庁。また、九州大学入学以前に一年間のみ佐賀大学文理学部に在籍していた。

長崎県職員時代に国家公務員試験を受けるが、官庁訪問で厚生省を訪問した際には、一度面接で落とされている。「どうしても福祉の仕事に携わりたいので、長崎へは帰りません」と必死の談判をし、その日は帰路につく。後日採用通知が来たという。

趣味は家庭菜園。信条は「道は必ず開ける」。

厚生省事務次官の退官記念に、ミニ耕運機を餞別として贈られており、今でも千葉大網にある畑で使用している。因みにこの耕運機はヰ関農機製の「ランドミニ」である。

また、麻生太郎が大株主であり、現在は麻生太郎の弟である麻生泰が経営する株式会社「麻生」にて、役員に就任し、監査役を務めていた[1]

略歴[編集]

現在は、社団福祉法人/恩賜財団 母子愛育会・理事長

その他役職[編集]

  • 財団法人SBI子ども希望財団理事
  • 財団法人九州大学学術研究都市推進機構顧問
  • 財団法人浩志会会長
  • 社団法人国際音楽交流協会顧問
  • 特定非営利活動法人日本防災士機構会長
  • くるめつつじ会顧問
  • 財団法人損保ジャパン記念財団理事
  • 社団法人先端技術産業戦略推進機構名誉顧問
  • 財団法人日本法制学会評議員会議長
  • 有限責任中間法人小林がん学術振興会理事
  • 日本心臓ペースメーカー友の会顧問
  • がんをがんがん減らすボランティアの会顧問

脚注[編集]

  1. ^ 親会社等の決算に関するお知らせ、麻生フオームクリート、2010年6月29日、p4。
  2. ^ 『さらば外務省』, 天木直人, 講談社, 2003年 p77 「ショー・ザ・フラッグ」の真実

関連項目[編集]