天木直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天木 直人(あまき なおと、1947年7月19日 - )は、元駐レバノン日本国特命全権大使作家イラク戦争当時、対イラク政策を巡る駐レバノン日本国大使として意見を具申した2通の公電により外務省から外交官を「解雇」されたと主張(外務省は人事の問題であって「勇退をお願いした」と説明)し、外務省を告発する著書が話題となった。

略歴[編集]

外務省退職まで[編集]

山口県下関市生まれ。洛星高等学校から京都大学法学部入学。大学の2年先輩で外交官試験に合格していた竹内行夫を奈良の自宅に訪ね、外交官試験について調べ、大学在学中の1969年、外交官試験に合格。上級職として外務省に入省。同期に谷内正太郎田中均高須幸雄藤崎一郎重家俊範など。

英語研修(米国オベリン大学)、在ナイジェリア大使館、経済局、大臣官房、ジュネーブ国際機関代表部、在サウジアラビア大使館勤務。
1985年10月から1988年7月まで外務省中近東アフリカ局アフリカ第2課長。(この期間に南アフリカ共和国アパルトヘイト(人種隔離)問題の『マンデラの南ア 日本の対応』を出版。)
1988年内閣官房内閣安全保障室内閣審議官
1990年駐マレーシア公使
1993年駐オーストラリア公使
1996年駐カナダ公使
1997年駐デトロイト総領事
2000年大臣官房付
2001年より駐レバノン日本国特命全権大使
2003年に外務省を依願退職。

レバノン大使「解任」[編集]

イラク戦争開戦前後に川口順子外務大臣宛(全在外公館にも転送される)に2通の公電を送ったため、北島信一外務省大臣官房長から詰問を受け、竹内行夫外務事務次官署名入り「勧奨退職」を通告されたとして、事実上の「解雇処分」を受けたと本人は主張している。外務省の実態を告発し、小泉純一郎総理大臣の外交姿勢を問う『さらば外務省! - 私は小泉首相と売国官僚を許さない -』がベストセラー入りした。

同書は、毎年、外務省が機密費20億円を内閣官房に上納しているなどの疑惑を指摘。外務省関係者はこれを全面否定している。

選挙出馬など[編集]

2005年、倒閣を公約として第44回衆議院議員総選挙に小泉の選挙区である神奈川11区から無所属で立候補した。しかし、神奈川11区での得票は7,475票で落選した。一方当選した小泉の得票数は197,037票であった。立候補の際、新聞や公式サイトで民主党日本共産党社会民主党に自党候補の擁立断念と自分を推薦すること、そして各野党支持者に自分への投票を呼びかけた。民主党には自民党への吸収合併を要求し、共産・社民両党へは「潔く消滅せよ」と解党を促した[1]が、いずれも受け入れられることはなかった。

2007年第21回参議院議員通常選挙9条ネットから出馬[2]。当選後は朝鮮半島政策で考えが異なる9条ネットではなく「天木新党」を結成して活動すると主張したが、再び落選[2]。「保守2大政党による政権から日米同盟一辺倒でない内閣を作る方が良い」と既存政党への期待を示した[3]

公式サイトは天木自身の意向により、2006年2月末で更新停止したがその後閉鎖。2007年1月9日に別ドメインにて、「天木直人のブログ」として再開した。

作家活動など[編集]

2009年1月1日より、まぐまぐより有料メールマガジン「天木直人のメールマガジン ― 反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説」を発行している。

2010年7月、有料メルマガ配信サービス「foomii」より、有料メルマガ「天木直人のメールマガジン ― 反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説」を配信すると発表した。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

外務省