大野松茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大野 松茂
おおの まつしげ
生年月日 1936年1月15日(78歳)
出生地 埼玉県狭山市(旧・入間川町
出身校 埼玉県立川越農業高等学校
所属政党 無所属→)
自由民主党
称号 旭日重光章
埼玉県狭山市名誉市民
公式サイト まず地域、まず暮らし 元衆議院議員大野まつしげ

選挙区 埼玉9区
当選回数 4回
任期 1996年10月21日 - 2009年7月21日

Flag of Saitama Prefecture.svg 第3代 埼玉県狭山市長
当選回数 2回
任期 1986年5月15日 - 1994年5月17日

当選回数 2回
任期 1979年4月23日 - 1986年5月1日
テンプレートを表示

大野 松茂(おおの まつしげ、1936年1月15日 - )は、日本政治家衆議院議員(4期)、埼玉県議会議員(2期)、狭山市長(3代)を歴任。狭山市名誉市民。現在は武蔵野学院大学の客員教授である。

経歴[編集]

  • 埼玉県入間郡入間川町(現・狭山市)に生まれる。
  • 入間川には慶長年間に同地において商業を興し、幕末には豪商として栄えた綿貫家があったが、大野家はこの綿貫家が入間川とその周辺に所有していた土地を管理、耕作していた地元名士の家系である。綿貫家は江戸幕府の滅亡及び幕藩体制の崩壊により衰退。再生を期して興した朝鮮での事業にも失敗し破産。綿貫家は全財産を失い、入間川を去っていった。大野は国会議員の中でも有数の資産家として知られるが、所有する土地の中には先祖が綿貫家衰亡の過程で同家から買い取ったり、譲り受けたりしたものも少なくない。
  • 1954年3月 埼玉県立川越農業高等学校(現・埼玉県立川越総合高等学校)卒業。
    • 以後、家業の農業と土地管理業に従事。
    • 地元の青年団活動に参加。
  • 1974年1月 狭山市立中央公民館館長。

政歴[編集]

埼玉県議時代[編集]

狭山市長時代[編集]

  • 1986年4月1日、狭山市長町田佐一が急死。市長選挙を行う事となり、県議であった大野は出馬を9日に正式表明。
  • 「町田市政の継承」「市民参加の市政推進」などを訴え、5月18日に執り行われた狭山市長選挙において、前助役の北田保男らを破り初当選を果たした。
  • 1990年4月22日、日本共産党公認の金子健一(後1997年2009年入間市議会議員3期)を破り、市長に再選される。
  • ユニークな市政を展開する市長として岩國哲人島根県出雲市長(元・民主党衆議院議員)、佐川一信茨城県水戸市長らとともに月刊誌THE21』等で紹介される。
  • 1994年3月、町田佐一の長男で自由民主党の埼玉県議会議員だった町田潤一が市長選挙立候補を表明。4月24日の市長選挙において潤一に敗れ落選。

衆議院議員時代[編集]

政策[編集]

栄典[編集]

所属していた議員連盟[編集]

著書[編集]

親族[編集]

  • 諸口高男 前自由民主党埼玉県議会議員 義弟
  • 現狭山市長の仲川幸成も縁戚にあたる。

脚注[編集]

  1. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  2. ^ mネット、2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート

外部リンク[編集]


公職
先代:
下村博文
日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当・衆議院)

2007 - 2008
次代:
塩谷立
先代:
菅義偉
山崎力
日本の旗 総務副大臣
田村憲久と共同
2006 - 2007
次代:
佐藤勉
魚住裕一郎
先代:
加納時男池坊保子
日本の旗 文部科学大臣政務官
池坊保子と共同

2002年 - 2003年
次代:
田村憲久馳浩
先代:
(役職創設)
日本の旗 財務大臣政務官
砂田圭佑と共同

2001
次代:
中野清林田彪
先代:
町田佐一
狭山市市長
1986 - 1994
次代:
町田潤一