山崎正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山崎 正昭
やまざき まさあき
Masaaki Yamazaki cropped 2 Masaaki Yamazaki and Urmas Paet 20140721 3.jpg
生年月日 1942年5月24日(72歳)
出生地 日本の旗 福井県大野郡西谷村
出身校 日本大学法学部卒業
所属政党 自由民主党
称号 学士(日本大学・1965年
親族 山崎利昭長男
公式サイト 自民党 参議院議員 山崎正昭 公式ホームページ

日本の旗 第30代 参議院議長
任期 2013年8月2日 - 現職

任期 2012年12月26日 - 2013年8月2日

選挙区 福井県選挙区
当選回数 4回
任期 1992年7月26日 - 1998年7月25日
1998年7月26日 - 2004年7月25日
2004年7月26日 - 2010年7月25日
2010年7月26日 - 現職

任期 1991年5月 - 1992年3月

任期 1985年6月 - 1987年5月

その他の職歴
福井県の旗 福井県議会議員
1979年4月 - 1983年4月
1983年4月 - 1987年4月
1987年4月 - 1991年4月
1991年4月 - 1992年6月
Flag of Ono Fukui.JPG 大野市議会議員
1975年2月 - 1979年2月
テンプレートを表示

山崎 正昭(やまざき まさあき、1942年5月24日 - )は、日本政治家参議院議員(4期)、参議院議長(第30代)。

福井県大野市議会議員(1期)、福井県議会議員(4期)、福井県議会議長(第73代)、参議院議院運営委員長、参議院武力攻撃事態への対処に関する特別委員長、内閣官房副長官、参議院政府開発援助等に関する特別委員長自由民主党参議院幹事長、参議院副議長(第29代)などを歴任した。

来歴[編集]

福井県大野郡西谷村(のちの大野市)出身。福井県大野市議会議員福井県議会議員を経て参議院議員となる。参議院では議院運営委員長、武力攻撃事態への対処に関する特別委員長、政府開発援助等に関する特別委員長などを務めた。また、自由民主党においては、参議院議員総会の幹事長(いわゆる「自由民主党参議院幹事長」)などを務めた。第1次小泉第2次改造内閣では内閣官房副長官に就任し、第3次小泉内閣まで務めた。参議院副議長就任にともない、院内会派を離脱。その後、参議院議長に就任した。

河野謙三以来の、参議院議員会長および閣僚未経験の参議院議長である。また、安井謙以来の、参議院副議長を経験した参議院議長でもある。

政策[編集]

家族・親族[編集]

長男の山崎利昭は大野市議会副議長。

政治資金[編集]

  • 2007年、政治資金収支報告書に誤りがあり訂正していた、としんぶん赤旗は報道している[2]

略歴[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 毎日新聞2010年参院選アンケート
  2. ^ しんぶん赤旗 2007年8月24日

外部リンク[編集]


議会
先代:
平田健二
日本の旗 参議院議長
第30代:2013年 -
次代:
現職
先代:
尾辻秀久
日本の旗 参議院副議長
第29代:2012年 - 2013年
次代:
輿石東
先代:
西田吉宏
日本の旗 参議院議院運営委員長
第53・54代:2001年 - 2002年
次代:
宮崎秀樹
公職
先代:
上野公成
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当・参)
2003年 - 2005年
次代:
鈴木政二
党職
先代:
片山虎之助
自由民主党参議院幹事長
2007年 - 2009年
次代:
谷川秀善