財政再建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

財政再建(ざいせいさいけん,Fiscal adjustment)とは、赤字債務などにより悪化している財政状況を改善させること。主に政府地方公共団体など、公的機関について用いられる。

概要[編集]

政府部門において歳入収入)より歳出支出)が多くなることを財政赤字というが、この赤字は通常債務によって補填される。そしてこの債務残高が財政破綻の危険領域に到達した場合や、債務はまだ許容範囲のものの健全化のめどが立たなくなる事態を避けるために財政再建は行われる。なお、財政破綻とは一般に、通常の財政規模を継続していくことが困難になること、また財政に起因して国民経済になんらかの問題が発生する事態を表し、公共サービスの大幅な縮小や高いインフレーションなどの状況を含む。

また、黒字の団体も財政を改善する努力は行うであろうが、それらは一般には財政再建とは言わない。

財政再建に関する指標・理論[編集]

プライマリー・バランス[編集]

プライマリー・バランス(基礎的財政収支)とは、税収から利払い費を除く政府支出(政府経費)を指し引いた政府の本業に伴う単年度の収支のことである[1]。プライマリー・バランスが収支ゼロであれば、公共サービス提供のための支出が税の負担だけでまかなえることを意味する[1]。プライマリー・バランスは財政破綻を回避するための重要な指標とされている[2]

ブランシャールの財政破綻の定義[編集]

ブランシャールの定義 - 政府債務/名目GDPを安定的に推移させながら、現在の財政政策態度を維持できるとき、財政は維持可能であるという。政府債務の対名目GDP比の推移を考えればよいとされる。

ドーマー条件[編集]

1940年代に経済学者E・D・ドーマーによって提唱された定理。名目GDP成長率が名目公債利子率を上回れば財政赤字は維持可能であるという内容の定理である[3][4][5]

ボーン条件[編集]

財政破綻が起こらないための十分条件の一つ。前期に財政が悪化していた場合には、今期はプライマリーバランス規模が改善するように財政が運営されていればよいとするもの[6]

マクロバランスとの関係[編集]

財政の信認が失われると、国債金利の暴騰・国債暴落が起こり、同時に通貨の信認も失われる[7]

ある年度の歳出を税金だけで賄えば、将来世代への負担は生まれないが、税収を上回る歳出を行えば財政赤字が発生する[8]。この場合足りない分は国債を発行して資金調達することになるため、国債償還のための資金を税金で支払う将来世代に負担がかかる[9]

経済学者のスティーヴン・ランズバーグは「政府の借金には、常に納税者への見えない貸付が付随する」と指摘している[10]

経済学者の伊藤元重は「政府債務は、どこかの段階で国民からの税金によって償還しなければならない。政府の債務は将来世代の負担の増加になる。ただし、借金をまったく抱えていない政府は存在せず、政府はある程度借金を抱えたまま政府運営を行っていくことは可能である」と指摘している[11]

経済全体としてみた場合、資金不足の赤字主体は、債務を負うことで、黒字主体の余剰資金を吸収して投資する役割を果たしている。これを資金の流れとして捉えると、黒字の主体(家計)から赤字の主体(政府・企業・海外など)に資金が供給されていると見ることができる。

通例、黒字主体である家計部門の余剰資金は、これを企業部門が借りて投資することで、経済全体としての貯蓄と投資の均衡がはかられることになる。

エコノミストの村上尚己は「政府部門は、本質的に企業・家計などと全く異なる性質を持っている。一国の経済全体は、政府部門だけで成り立っているわけではない。家計・企業など民間部門の経済行動を合わせて、『国の借金』を考えなければ問題の本質は見えてこない。財政の専門家は、政府部門だけに着目して財政赤字を論じるので、処方箋は税制変更(増税)や歳出抑制だけになる。政府部門の財政赤字の問題は、一国経済全体の広い視点で捉えて、処方箋を考えることができる」と指摘している[12]。村上は「一国経済全体のパフォーマンスは突き詰めれば、民間の経済活動によって決まる。民間主導で経済活動が活発化することによって、政府の財政赤字を減らすことにつながる」と指摘している[12]

また、社会保障が充実している成熟型社会では、高齢化の進展による社会保障給付の拡大が財政支出を拡大させるため財政赤字が膨らむ[13]UFJ総合研究所調査部は「成熟型社会では高い成長が見込めないため、制度を工夫しコストを抑制するとともに社会を効率的に運営していく必要がある」と指摘している[13]

金利[編集]

ある国の財政赤字が金利を上昇させる原因は、長期的に財政状況が悪化すれば国債の償還能力に疑念を持たれ、そのリスクを考慮した金利でなければ、資金を集めることができなくなるからである[14]。経済学者の原田泰は「短期的な財政赤字よりも、長期的な財政状況が金利に影響を与えるはずであると指摘している[14]

経済成長率[編集]

成長率が低いと税収の伸びは鈍くなる[13]。景気判断は物価変動を除外した実質GDPで見極められるが通常であるが、政府の財政については企業収益・給与ともに名目の指標であるため、実質GDP成長率よりも名目GDP成長率が重要とされている[15]。税収は名目GDP成長率と同じ方向に変化する[16]。GDPが低下すると税収は減少するが、どれだけ減少するかについては、大きく減少するという説とGDPの低下率と同じだけ減少するという説がある[14]

森永卓郎は「名目GDPがプラスであれば税収は増え、重点配分が可能であり、財政も運営しやくなる」と指摘している[17]

経済学者の飯田泰之は「名目GDP成長率より国債の名目利子率が高い状況である限り、財政は破綻する。つまり、名目GDP成長率を増加させなければならない」と指摘している[18]

エコノミストの米山秀隆は「名目成長率と長期金利の関係は、財政再建シナリオを描く場合、極めて重要な要素となる。先進国の歴史をみると、経済が急成長する時期には、名目成長率が長期金利を上回っているが、成熟期に入ると名目成長率が長期金利を下回るようになっている」と指摘している[19]

経済学者の高橋洋一は「2000年代以降の経済協力開発機構OECD)諸国で年次の長期金利と成長率を419のケースについて、国の数でみると、長期金利が成長率を上回ったのは192(46%)、一方で長期金利が成長率を下回ったのは227(54%)となっている。時期でみると、リーマン・ショック前では長期金利が成長率を下回り、リーマン・ショック後では長期金利が成長率を上回る国が多かった。結果として、長期金利と成長率のどちらが上回るかは、ほぼ五分五分という状況である」と指摘している[20]

税収弾性値[編集]

税収弾性値とは、経済成長によって税収がどの程度増えるかを示す値であり、税収弾性値が高ければ、経済成長による税収増と財政再建の効果は大きくなる[21]。GDP1%の変化に対して、税収が1%変化すれば税収弾性値は1となる[21]

対GDP比[編集]

一般的に主要国の政府債務の状況を見る場合、政府の債務額をその国のGDPで割った数字で評価する[22]。GDPはその国の経済を表したものであり、GDPに対してどの程度の割合の政府債務であるかを確認することで、その国の債務の程度が解る[22]。今年のGDPに対する国債残高の割合を式で表すと、分母が「今年のGDP」、分子が「今年の国債残高」となる[23]。長期的な財政状況は、政府債務を名目GDPで割ったものが適当な指標になる[14]

経済学者のロバート・シラーは「ある国の債務が、GDP比で100%を超えたら財政は破綻すると考えるのは誤りである。債務とGDPから計算される比率は、純粋な時間を単位とするが、その単位として1年を用いることに必然性はない」と指摘している[24]

経済学者の田中秀臣はドーマーの公債命題を引用し「公債負担の問題は、国民所得拡大の問題である[25]」「国民所得の増加を維持できれば、公債負担が増加しても財政を懸念する必要はなくなる[26]」と指摘している。

非ケインズ効果[編集]

経済学者のジュヴァッツィ、パガーノの研究によると、財政赤字の急拡大、政府債務残高の対GDP比率が高い水準にある、といったように財政が不健全な状態では、大胆な財政の引き締め策が人々の将来への不安を打ち消すことになり、それに関連した効果で現在の民間の消費などが拡大・刺激されGDPの落ち込みを防ぐ可能性もあるとしている[27]。これは「非ケインズ効果」と呼ばれ、1980年代以降、デンマーク・アイルランドなどでこのようなことが観察されたとされている[27]

経済学者の若田部昌澄は「スウェーデンは非ケインズ効果の代表例としてよくとりあげられるが、スウェーデンの景気回復を支えたのは、通貨危機による為替の大幅な切り下げである。クローネ安で輸出が伸び、企業の景況感がよくなったため、それが投資が増加させ消費に向かったのである」と指摘している[28]

増税によって可処分所得が減少し、消費が減少することを「ケインズ効果」という[29]

インフレ課税[編集]

インフレーションになると、現金価値の低下によって政府債務が減少し、課税と同じような効果がある[30]通貨を発行すれば、シニョリッジが国庫に収入として帰属し、直接徴税をしているかのような効果が生じる[30]。これらを「インフレ課税」という[30]

田中秀臣は「『インフレ課税』は財政危機を回避する有効な手段となる。結果としてインフレ課税が生み出されるような穏やかなインフレ政策が、財政問題の解消に必要となる」と指摘している[31]

経済学者のケネス・ロゴフは「世界の主要中央銀行は、穏やかにインフレを高進させることが巨額の債務から逃れる上で有益であることを認識すべきである」「原則的に言えば、インフレは債務問題を解決する公正な方法とは言えない。短期的で穏やかなインフレ高進(例:2年間で6%程度)では、債務問題を解決することにはならないかもしれない。しかし、債務負担を軽減させ、他の手段を取るコストを減らすことができる」と指摘している[32]

7-8%の高いインフレ率を起こすことによって、国・企業が抱えている借金を目減りさせることを「調整インフレ」という[33]

方法[編集]

財政を好転させるには、収入(歳入)増・支出(歳出)減かの二通りの方法があり、また負債の価値そのものを目減りさせる方法がある。

  • 収入(歳入)を増やす
    • 景気回復による税収増
    • 増税
    • 通貨発行によるシニョリッジ
    • (地方の場合)国からの給付金や補助金の金額を増やす
    • 税金以外の収入源(施設使用料や手数料収入など)を確保する
    • 資産の売却
  • 支出(歳出)を減らす
    • 事業の削減(例:特殊法人の廃止、民営化公共事業の削減など)
    • 事業単価の削減(例:民間委託を進める、入札・契約方法の改善など)
    • 人件費の削減(例:公務員の数の削減、公務員の待遇を民間並みにするなど)
    • 借入金(国債など)の利率を低く保つ
  • 負債の価値を目減りさせる
    • 国債の金利が上昇した(時価が下がった)時の買い戻しもしくはスワップ
    • インフレーション(インフレ税)による実質的な負債の目減り

エコノミストの片岡剛士は「財政再建には、経済成長、歳出カット、増税のいずれかの選択肢しかない」と指摘している[34]。経済学者の岩田規久男は「財政破綻を回避するためには、歳出の大幅削減、増税、中央銀行の国債引き受けのいずれかしかない」と指摘している[35]。田中秀臣は「中央政府が深刻な財政赤字に直面した場合、これらをファイナンスする方法は、1)公債発行による借り入れ、2)貨幣発行による貨幣発行益(シニョリッジ)を得る、の2つしかない」と指摘している[36]

政治経済学者のアルベルト・ アレシナ、経済学者のロベルト・ペロッティらの研究によれば、OECD諸国で財政再建に成功したケースでは、プライマリーバランスの改善に対し、歳出削減の寄与が72%・増税の寄与が28%(歳出削減7:増税3)が黄金律になるとしている[19][37]。アレシナは、財政再建に成功した国は、歳入拡大より歳出削減に力を入れていたのに対し、財政再建に失敗した国は、歳出削減より歳入拡大に力を入れていたとしている[38]

森永卓郎は「収入を増やさず財政を切り詰めれば、経済規模は縮小し、借金だけが残る」と指摘している[39]

UFJ総合研究所調査部は「財政支出の削減・増税は、景気を悪くする要因となりうるため今の世代には不人気の政策となる。そのため、現在世代の利益を代表する政治家は、歳出拡大・減税に傾きがちとなる」と指摘している[40]

ケネス・ロゴフは「政府は過度に増税に依存することは避けなければならない。過重な増税は経済成長に悪影響を及ぼす。増税と歳出削減のバランスを取ることが好ましい」と指摘している[41]

原因と責任の所在[編集]

行政機構は放っておくと、より一層膨張していくといわれており、歴史学者政治学者シリル・ノースコート・パーキンソンは「役人の数は仕事の量と無関係に一定の割合で増えていく」と説いている(パーキンソンの法則[42]。組織が大きくなれば、財政支出も拡大するため財政構造が悪化する[42]

経済学者のジェームズ・M・ブキャナンは著書『公共選択』で「民主主義はおカネを増やす方向には容易に働くが、政府のおカネを減らす方向には容易に働かない。従って、民主主義には、財政赤字を増大させる構造的な欠陥が内包している」と指摘している[43]

伊藤元重は「理論的には、発行された国公債は景気が好転したときに償還することで、解消することが可能であるはずであるが、現実的には、多くの国において政府に対する過度な支出の期待が大きく、政府は慢性的な財政赤字に陥ることが多い」と指摘している[44]

スティーヴン・ランズバーグは「債務自体は課税と比較して良くも悪くもなく、歳出をどう賄うかよりもまず歳出の水準・中身に関心を向けるべきである」と指摘している[45]。ランズバーグは「巨額の財政赤字が有害であるという主張と同じ理由で、高水準の支出が有害であることは疑う余地はない。財政赤字の最も有害な点は、政府支出を管理するメカニズムを見つけ出すという問題から、人々の関心をそらすことなのかもしれない。この問題が解決できなければ、均衡予算に対するこだわりは何事もを解決してはくれない」と指摘している[46]

日本政府[編集]

財政再建に関する議論[編集]

日本政府[編集]

事例[編集]

日本[編集]

中央政府[編集]

日本国政府は、多額の国債を償還するべく財政再建に努めている。

地方自治体[編集]

国内の自治体のほとんどは財政再建に向けた努力をしている。巨額の法人税などで潤っているはずの都市部の自治体でさえも、歳出削減などの努力は進めている。

  • 財政再建団体
  • 神奈川県
  • 大阪府
  • 北海道
  • 岡山県
    • 神奈川県と大阪府はともに、財政再建団体指定を取り沙汰されたことがある。その後の景気回復による増収などで危機的状況は免れたものの、2012年現在も財政状態を好転させるための努力を推進している。
    • 北海道は道経済の低迷とともに財政の悪化が進んでおり、数年後には毎年の財政赤字が数百億円に達するとの観測もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、154頁。
  2. ^ UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、184頁。
  3. ^ ドーマーの定理とは
  4. ^ 第2回 ドーマー条件RIETI 日本経済新聞 2006年5月25日
  5. ^ 上念司 『デフレと円高の何が「悪」か』 光文社〈光文社新書〉、2010年、152頁。
  6. ^ 財政赤字(政府債務)の持続可能性について
  7. ^ 高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 消費再増税「見送りのリスク」のウソ 「福祉・介護に支障」は単なる恫喝だJ-CASTニュース 2014年10月23日
  8. ^ UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、40頁。
  9. ^ UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、40-41頁。
  10. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、180頁。
  11. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、53-54頁。
  12. ^ a b 財政健全化には、消費税10%よりも減税東洋経済オンライン 2014年4月14日
  13. ^ a b c UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、38頁。
  14. ^ a b c d 増税先送り この程度で金利「暴騰」ですか?WEDGE Infinity(ウェッジ) 2014年11月19日
  15. ^ 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、151頁。
  16. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、217頁。
  17. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、214頁。
  18. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、219頁。
  19. ^ a b 財政健全化のシナリオ - 成長重視か増税重視か富士通総研 2006年4月
  20. ^ 政治・社会 【日本の解き方】「デフレボケ」の日本メディア 成長率が長期金利を上回ることは異例ではないZAKZAK 2014年5月30日
  21. ^ a b きょうのキーワード 税収弾性値日本経済新聞 2013年9月15日
  22. ^ a b 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、54頁。
  23. ^ 竹中平蔵 『あしたの経済学』 幻冬舎、2003年、182頁。
  24. ^ 債務対GDP比率を盛んに騒ぎ立てる愚--ロバート・J・シラー 米イェール大学経済学部教授東洋経済オンライン 2011年9月14日
  25. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、181頁。
  26. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、180頁。
  27. ^ a b 第7回 非ケインズ効果RIETI 日本経済新聞 2006年6月1日
  28. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、96-97頁。
  29. ^ 高橋洋一の俗論を撃つ! 日銀総裁の講演の疑問点を読み解く 景気後退への最善策は5%への消費減税ダイヤモンド・オンライン 2014年9月18日
  30. ^ a b c 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、186頁。
  31. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、187頁。
  32. ^ 大恐慌を防ぐにはインフレ政策しかない--ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授東洋経済オンライン 2009年1月16日
  33. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、132頁。
  34. ^ 検証! 財務省のメディア戦略と消費税増税ロジックSYNODOS -シノドス- 2014年4月1日
  35. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、38頁。
  36. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、244頁。
  37. ^ 新井淳一の先を読む アベノミクスと分かりやすさ日本経済研究センター 2013年4月22日
  38. ^ アレシナの黄金律〜我が国財政再建への示唆日本経済研究所 2013年4月
  39. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、96頁。
  40. ^ UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、41頁。
  41. ^ ギリシャが財政破綻を回避する道はあるのか--ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授東洋経済オンライン 2010年3月12日
  42. ^ a b UFJ総合研究所調査部編 『50語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2005年、177頁。
  43. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、119頁。
  44. ^ 伊藤元重 『はじめての経済学〈下〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、52頁。
  45. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、174頁。
  46. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、183頁。

関連項目[編集]