松野信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松野 信夫
まつの のぶお
生年月日 1951年6月2日(63歳)
出生地 東京都中野区
出身校 東京大学法学部
前職 参議院議員
所属政党 民主党
称号 法学士
公式サイト <民主党>松野信夫オフィシャルサイト

選挙区 熊本県選挙区
当選回数 1回
任期 2007年7月29日 - 2013年7月28日
所属委員会 法務委員会

選挙区 比例九州ブロック熊本2区
当選回数 1回
任期 2003年11月 - 2005年8月
テンプレートを表示

松野 信夫(まつの のぶお、1951年6月2日 - )は、日本政治家弁護士民主党所属の元参議院議員(1期)、民主党熊本県連代表。衆議院議員(1期)、法務大臣政務官野田第2次改造内閣)を務めた。

来歴[編集]

東京都中野区生まれ(本籍地は熊本県上益城郡甲佐町)。東京学芸大学附属小金井中学校東京都立西高等学校東京大学法学部卒業。大学卒業後、損害保険会社勤務を経て、1979年司法試験に合格。司法修習を経て弁護士登録。司法修習34期の同期に山口那津男公明党代表参議院議員)、伊東秀子(元日本社会党衆議院議員)、谷垣禎一(前自由民主党総裁衆議院議員)、千葉景子(元民主党参議院議員法務大臣)。弁護士開業後、地元熊本県水俣病ハンセン病の問題に取り組む。

2000年第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で熊本2区から出馬したが、保守党現職で同党幹事長の野田毅にダブルスコアの大差で敗れる。2003年第43回衆議院議員総選挙に再び熊本2区から民主党公認で出馬。選挙区では林田彪に敗れるが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の野田毅に再び敗れ、落選。落選後も引き続き熊本2区からの出馬に意欲を示していたが、小沢一郎民主党代表(当時)の要請を受けて2007年第21回参議院議員通常選挙熊本県選挙区から出馬し、自民党の三浦一水らを破り当選。

2008年7月から民主党熊本県総支部連合会代表を務めていたが、2010年10月、第22回参議院議員通常選挙敗北を受けて県連代表を辞任し、常任顧問に就任。

2012年6月、野田第2次改造内閣法務大臣政務官に任命。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙にて民主党が大敗し衆参合わせて熊本県の選挙区から選出された唯一の民主党議員になった。

2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙にて自民党の馬場成志に2倍以上の得票差で敗れ、落選。

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://news.liao1.com/newspage/2009/05/4286321.html
  2. ^ 衆議院法務委員会・第31号 平成16年5月28日
  3. ^ mネット、2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート
  4. ^ http://blogos.com/article/69956/
  5. ^ a b 2013参院選 毎日新聞アンケート
  6. ^ a b c 公式プロフィール
  7. ^ 「共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い

関連項目[編集]

外部リンク[編集]