宮澤内閣 (改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮澤改造内閣
内閣総理大臣 第78代 宮澤喜一
成立年月日 1992年(平成4年)12月12日
終了年月日 1993年(平成5年)8月9日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第40回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1993年(平成5年)6月18日
嘘つき解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

宮澤改造内閣(みやざわかいぞうないかく)は、元大蔵大臣宮澤喜一が第78代内閣総理大臣に任命され、1992年(平成4年)12月12日から1993年(平成5年)8月9日まで続いた日本の内閣である。

前の宮澤内閣改造内閣である。55年体制下で38年間政権党の座を維持してきた自由民主党はこの内閣の退陣によって初めて下野した。

概要[編集]

海部俊樹内閣は、1988年(昭和63年)に起きたリクルート事件以後の政治不信を背景とした、選挙制度改革(中選挙区制廃止)と政治資金規正法の改正を柱とする政治改革の実現を公約のトップに掲げて1990年(平成2年)2月18日投開票の第39回衆議院議員総選挙に勝利し、内閣支持率も高い水準にあった。しかし、海部内閣の提出した政治改革法案は自民党内の反対派の強い抵抗を受けて審議未了・廃案となり、内閣自体も退陣に追い込まれた。

1991年(平成3年)11月5日に発足した宮澤内閣は、政治改革の実現を引き続き最重要課題に掲げたものの、与野党ともに現行制度の維持を本音とする議員が多数を占めており、改革実現へ向けた動きは低調であった。

ところが1992年(平成4年)8月、自民党副総裁金丸信が5億円のヤミ献金発覚(東京佐川急便事件)を認めて副総裁を辞任、罰金20万円の略式起訴を受けた。金丸は世論の強い反発によって10月14日に議員辞職に追い込まれる。金丸引退によって最大派閥・竹下派(経世会)の後継者争いが勃発し、10月28日梶山静六橋本龍太郎らが支持する小渕恵三が新会長に就任した(小渕派)。一方小沢一郎や若手改革派の議員は「ミスター政治改革」と呼ばれていた羽田孜を擁立し、宮澤改造内閣発足直後の12月18日に新たな派閥(羽田派)を結成した。

金丸事件によって政治改革の実現を求める世論は再び盛り上がり、与野党ともこれに取り組む姿勢を示す必要に迫られる。羽田派からは「政治改革が実現できなければ、離党もやむなし」との強硬論が噴出し、「改革派」を標榜する数十名の若手議員たちがこれに呼応していた。一方で、梶山幹事長を始めとする小渕派やYKKなど自民党内の大勢は中選挙区制を維持したい「守旧派」(小選挙区比例代表並立制反対派)であった。

1993年(平成5年)3月6日に金丸が脱税容疑で逮捕されると、世論の改革圧力はさらに強まる。与党は単純小選挙区制を柱とする改革案を決定し、社会党公明党は比例代表を重点とする小選挙区比例代表併用制案をまとめ、3月から4月にかけて双方の法案が国会に提出されるが、これには互いに相容れない案を主張することで対決を演出し、どちらも廃案に持ち込もうという暗黙の意図があった。

4月7日渡辺美智雄副総理外務大臣が病気辞任すると、宮澤喜一首相は、羽田派領袖の羽田に外務大臣就任を要請し、挙党体制による政局の安定化を図ったが、これを懐柔策と見た小沢らの進言により羽田が入閣を固辞した。この人事の失敗はかえって不穏な空気を自民党内に漂わせる結果となってしまった(副総理後任は後藤田正晴、外務大臣後任は武藤嘉文)。

政治改革の実現を危ぶんだ自民党若手議員の会が野党と妥協してでも今国会での改革実現を求めて219名分の議員署名を5月25日に集めると、宮澤は5月31日に出演したテレビのインタビュー番組で「(政治改革は)どうしてもこの国会でやる。やらなければならない。私は嘘はつかない」と言い切る。しかし自民党執行部は反対派で固められており、内閣は最終的に政治改革法案の成立を断念した。

宮澤内閣が政治改革の実現を謳いながらついに法案の提出すらできない結果となったことを受け、野党内閣不信任決議案6月18日に提出した。自民党内からも羽田派を中心にこれに同調する造反議員が続出し(羽田派所属の中島衛科学技術庁長官船田元経済企画庁長官の2閣僚は辞職した後、内閣不信任案に賛成した)、内閣不信任案が可決された。宮澤は、同日衆議院を解散総選挙によって国民の信を問う選択を行なった。このため、内閣総辞職を期待していた羽田派は6月23日に集団離党して新生党を結成した。また、武村正義が率いるグループは内閣不信任案には反対票を投じたものの、新生党結党より早い21日新党さきがけを結成した。

7月18日投開票の第40回衆議院議員総選挙で、自民党は政治改革の頓挫や新党ブームのために単独過半数を大きく割り込んだものの選挙前勢力を維持しており、梶山幹事長が「これで宮澤に辞めてもらえれば万々歳ですな」と漏らすなど執行部には連立工作を楽観視するムードさえあった。ところが翌日の代議士会では執行部批判が相次ぎ、また小泉郵政大臣が内閣の即時総辞職を求めて辞任するという事態まで生じた(7月20日)。自民党は武村の自治省時代の先輩・後藤田を後継の総理総裁とすることによって新党さきがけ・日本新党との連立政権を模索したものの、後藤田の固辞によって不調に終わった。宮澤は政権維持の不可能を悟って、7月30日にまず後継の自民党総裁河野洋平にバトンタッチ。総選挙を受けて召集された特別国会において細川護煕首班・非自民7党1会派の新政権発足が決定した8月9日、宮澤改造内閣は総辞職し、1955年(昭和30年)の保守合同以来の自民党長期連続政権に終止符が打たれた。

尚、この宮澤改造内閣時代のトピックスとして、

  1. 皇太子徳仁親王小和田雅子の成婚の儀(1993年6月9日)
  2. 第19回先進国首脳会議(1993年7月7日 - 7月9日)
  3. 北海道南西沖地震(1993年7月12日)

が挙げられる。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

前内閣の政務次官が1992年12月26日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。ただし、外務政務次官・柿澤弘治は前内閣からの留任。

石破茂: - 1993年6月21日 /遠藤武彦:1993年6月22日 -
須藤良太郎

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]