第2次池田内閣 (第2次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次池田第2次改造内閣
内閣総理大臣 第59代 池田勇人
成立年月日 1962年(昭和37年)7月18日
終了年月日 1963年(昭和38年)7月18日
テンプレートを表示

第2次池田第2次改造内閣(だいにじいけだだいにじかいぞうないかく)は、池田勇人が第59代内閣総理大臣に任命され、1962年(昭和37年)7月18日から1963年(昭和38年)7月18日まで続いた日本の内閣である。

前の第2次池田第1次改造内閣改造内閣である。

概要[編集]

1962年(昭和37年)7月14日に行われた自由民主党総裁公選は、現職の池田勇人首相一人が立候補し、事実上、池田総裁の信任投票となった。池田は391票を獲得し再選したものの、無効票などを合わせると135票もの批判票が出て、内閣改造、自民党役員改選に影響を及ぼすこととなった。

前の第2次池田内閣第1次改造内閣と比較すると、改造前は党内実力者を網羅したものであったのが、佐藤栄作三木武夫藤山愛一郎が閣外に去り、河野一郎が残留した。また、内閣官房長官の黒金泰美は河野に傾斜し、佐藤と河野の権力闘争が激しくなっていった。

それ以上に重要なことは、外務大臣の大平正芳と大蔵大臣の田中角栄が外交と財政を掌握し、若手実力者として台頭する契機を作ったことである。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

なお、内閣改造に伴い、自民党役員改選が行われた。

外部リンク[編集]