石橋内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石橋内閣
Ishibashi cabinet.jpg
石橋内閣
内閣総理大臣 第55代 石橋湛山
成立年月日 1956年(昭和31年)12月23日
終了年月日 1957年(昭和32年)2月25日
テンプレートを表示

石橋内閣(いしばしないかく)は、石橋湛山が第55代内閣総理大臣に任命され、1956年(昭和31年)12月23日から1957年(昭和32年)2月25日まで続いた日本の内閣である。

閣僚の人選が遅れたため、午前11時に石橋の親任式を行って一人内閣を誕生させ、組閣作業後の午後8時50分に国務大臣の任命・認証を行った。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

1957年1月30日任命。

その他[編集]

  • 石橋首相が就任してまもなく病気に罹ったため、2ヶ月あまりで岸信介に自民党総裁の座を譲って退陣。在任65日は東久邇宮内閣第3次桂内閣羽田内閣に次ぐ4番目の短さ。
  • 内閣総理大臣が国会で一度も答弁や演説[1]をしなかった内閣は日本国憲法下では石橋内閣が唯一である。

参考文献[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 第26回国会での内閣総理大臣施政方針演説は、岸信介外務大臣が代行した。

外部リンク[編集]