田野瀬良太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田野瀬 良太郎
たのせ りょうたろう
生年月日 1943年10月31日(70歳)
出生地 奈良県五條市
出身校 名古屋工業大学工学部
前職 奈良県議会議員
所属政党 自由民主党山崎派

選挙区 旧奈良全県区→)
奈良4区
当選回数 6回
任期 1993年7月19日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

田野瀬 良太郎(たのせ りょうたろう、1943年10月31日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(6期)。

自由民主党総務会長(第48代)、財務副大臣奈良県議会議員(2期)、五條市議会議員(2期)を歴任。

来歴[編集]

奈良県五條市出身。名古屋工業大学工学部卒業。1973年、五條市議会議員選挙に出馬し、初当選。五條市議を2期務めた後、奈良県議会議員選挙に出馬し、当選。県議も2期務める。

1981年社会福祉法人愛誠会なかよし保育園を開園。1986年には西大和学園中学校・高等学校を開校した。

1993年第40回衆議院議員総選挙自由民主党公認で奈良県全県区から出馬し、初当選。1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い奈良4区から出馬。奈良4区では新進党前田武志に敗れるが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選。1997年衆議院議事進行係に任命された。

2000年第42回衆議院議員総選挙では奈良4区で前田を破り、3選。以後、2009年第45回衆議院議員総選挙まで奈良4区で連続当選している。2004年財務副大臣に就任。

2007年12月、日朝国交正常化を目指す議員連盟「自民党朝鮮半島問題小委員会」の設立に携わり、同会の幹事に就任した。なお、同年1月には所属する山崎派会長・山崎拓の訪朝に同行し、北朝鮮を訪問している。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では奈良4区で民主党公認の大西孝典の猛追を受けるが、1835票の僅差で逃げ切り、奈良4区で6選(大西も比例復活)。総選挙後、自由民主党総務会長に就任。閣僚経験のない総務会長は1991年に就任した佐藤孝行以来、16年ぶり。

2010年10月、幹事長代理に就任。2011年10月には、新設された幹事長代行に就任した。2012年9月、幹事長代行を退任。

同年10月12日、次期衆院選に立候補せず引退することを表明し、地盤は次男である田野瀬太道が継いだ[1]

政策・主張[編集]

  • 参議院不要論者であり、一院制の導入を主張。あわせて、議員定数の大幅な削減も主張している。
  • 北朝鮮政策に関しては、安倍晋三らが主張する圧力路線には否定的で、対話路線を支持。2007年1月、山崎拓の電撃訪朝に同行して北朝鮮を訪問した。青山繁晴によれば、訪朝した山崎は北朝鮮政府高官に対し、加藤紘一を首班とする北朝鮮に宥和的なリベラル政権の樹立に言及し、北朝鮮側も強い関心を示したという。
    • 安倍晋三が山崎拓の北朝鮮に対する宥和的な姿勢について「百害あって利権あり」などと発言したことについて、2008年6月20日の党役員連絡会で「言葉が過ぎるのではないか」と批判したが、選挙対策副委員長の菅義偉から「政策論議の発言は自由だ。役員連絡会で取り上げるのはいかがなものか」と苦言を呈された[要出典]
  • 民主党の選択的夫婦別姓制度導入について、「選択的夫婦別姓制度の法制化反対に関する請願」などを提出するなど反対していた[2]が、2001年時点では、党三役へ申し入れを行うなど同法案に賛同していた[3]

政治資金問題等[編集]

秘書給与流用疑惑[編集]

2002年11月13日に、元政策秘書が在任中の1997年に、約150万円を田野瀬の資金管理団体に寄付していたと報道される[4]。元秘書は、1996年9月から1997年9月に200万〜300万円を寄付したと説明[5]。2002年11月15日には自民党が「問題なし」とする調査結果を発表[6]。同年には作家の灰谷健次郎により政治資金規正法違反(虚偽記載)と詐欺容疑で告発されたものの、2003年9月30日、東京地検特捜部は秘書に勤務実態があり詐欺罪にあたらないとして不起訴処分とした[要出典]

道路関係団体との関係[編集]

道路特定財源を資金源とする道路運送経営研究会(道路特定財源の一般財源化に反対している)から献金を受けていた[7]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “自民の田野瀬氏引退へ 次期衆院選に出馬せず”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年10月12日). オリジナル2012年10月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121012065606/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121012/stt12101212050001-n1.htm 2012年10月12日閲覧。 
  2. ^ 第174回国会 - 衆議院 - 法務委員会 - 13号 平成22年05月21日
  3. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日
  4. ^ “田野瀬氏、疑惑を否定 秘書給与の不正受給報道”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2002年11月13日). http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002111301000189.html 2012年9月29日閲覧。 
  5. ^ 田野瀬側は、資金管理団体「未来創造研究会」へ政治資金規正法の個人献金上限の150万円が寄付された形で処理し、他はパーティー券の購入や会費の形で適正に処理されたと説明
  6. ^ “不正受給の事実ないと発表 田野瀬議員の秘書給与疑惑”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2002年11月15日). http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002111501000183.html 2012年9月29日閲覧。 
  7. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問に対する答弁書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
小坂憲次
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2003年 - 2004年
次代:
金田英行
党職
先代:
設置
自由民主党幹事長代行
初代:2011年 - 2012年
次代:
菅義偉
先代:
笹川堯
自由民主党総務会長
第48代:2009年 - 2010年
次代:
小池百合子
公職
先代:
石井啓一
山本有二
日本の旗 財務副大臣
上田勇と共同
2004年 - 2005年
次代:
赤羽一嘉
竹本直一