永田寿康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
永田 寿康
ながた ひさやす
生年月日 1969年9月2日
出生地 愛知県名古屋市
没年月日 2009年1月3日(満39歳没)
死没地 福岡県北九州市
出身校 東京大学
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
前職 国家公務員(大蔵省)
現職 -
所属政党 民主党
称号 工学士(東京大学)
経営学修士(UCLA)

選挙区 比例南関東ブロック千葉2区
当選回数 3回
任期 2000年6月25日 - 2006年4月4日
テンプレートを表示

永田 寿康(ながた ひさやす、1969年9月2日 - 2009年1月3日)は、日本政治家官僚愛知県名古屋市出身。衆議院議員(3期)などを歴任した。国会などにおける発言の過激さから「平成の爆弾男」と呼ばれ、物議を醸す発言や行動を多々行ったことで知られた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1969年9月2日愛知県名古屋市で生まれる。

実父は医師の蒲池真澄。江戸中期から続く医師の家系の9代目であり、九州の医療法人財団会長を務める資産家である。

幼少時に両親が離婚し、母親の再婚により永田姓となった。

慶應義塾志木高等学校を経て1993年東京大学工学部物理工学科を卒業する。大蔵省に入省した。

1995年カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) でMBA課程留学をしている。

政界進出[編集]

1999年に大蔵省を退職して愛知2区の衆議院議員、古川元久の公設秘書となる。

2000年6月25日に行われた第42回衆議院議員総選挙に、千葉2区から民主党公認で出馬する。公明党前職の富田茂之らを破り、当選。

以降、実父より潤沢な資金援助を受ける。実父は永田の選挙区である千葉県八千代市に学院や病院、看護サービス施設を建設。月一度の新聞の折り込み広告等の選挙支援を行う。当時、民主党の若手議員の中で屈指の資金力を誇ることで知られた。

2001年4月5日、衆議院本会議において原稿なしで質疑を行う。本会議においては質問側も答弁側も朗読し形式的なやりとりに終わるのが常で、若手の新たな試みとして注目された。

2002年7月には、元外相田中真紀子の公設秘書の給与流用疑惑を巡り、衆議院政治倫理審査会で質問した永田と大野功統(自民党代議士)の議員宿舎などに白い粉が入った封筒が郵送されたことがある。警視庁は同一人物による悪質な悪戯と見て捜査している。

2003年11月9日に行われた第43回衆議院議員総選挙に、千葉2区から出馬し、当選(2期目)。

2004年10月5日には自民党旧橋本派を巡る日歯連闇献金事件で、東京地検が元首相橋本龍太郎ら3人を不起訴処分としたことについて、「不起訴は不当」として、検察審査会に審査を申し立てた。

2004年に元客室乗務員と結婚。挙式は千葉マリンスタジアムを借り切り行った。出席者全員で「寿」の人文字を作り、最後に新郎新婦が「ヽ」の部分を作ったところで航空写真を撮影するといった大掛かりなものであった。翌年長女が誕生。

2005年9月11日に行われた第44回衆議院議員総選挙に、千葉2区から出馬。落選するも、比例復活により当選(3期目)。

堀江メール問題[編集]

2006年2月16日を機に堀江メール問題が起こる。この騒動で永田は発言を二転三転させるなどし、民主党への非難が集中することになった。結果、民主党代表前原誠司ら執行部が責任を取り総退陣することになった。

国会ライブドア元社長の堀江貴文のメールを取り上げたものの、2月27日には、送受信が同一のメールアドレスだったこと等が判明し、3月2日には永田自ら「メールは誤りであった」と述べた。2月28日に民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、この件で、懲罰事犯が衆議院懲罰委員会に付託されたが、最終的には処分が決定する前の3月31日に衆議院議長に辞職願を提出。4月4日の衆議院本会議で許可され、議員辞職した。

議員辞職後[編集]

議員辞職後、次期総選挙で同じく千葉2区からの出馬を模索するが民主党に相手にされず、独自に実父の地元である九州からの出馬を模索するも難航。かつての選出選挙区であった千葉県内では、収賄罪で実刑を受けた元市長にまで後援会を譲ってもらうために頭を下げていたという。またこの間、民主党の党籍の解除[1]、親族の経営する会社に入社するも一年足らずでの退社[2]、その後親族の経営する公認会計士事務所に入るも同じくまもなく退社、さらに親族の傷害致死事件[3]や創価学会をめぐる自身の書類送検と略式起訴および罰金刑、夫人からの離婚調停などトラブルが頻発し、次第に精神に支障をきたすようになる。

晩年[編集]

2008年11月12日、実父が関係する福岡県宗像市の医療法人所有の精神病患者のためのサナトリウムで手首を切って抜け出し、徘徊しているところを警察に保護された。また、夫人との離婚が成立していたことも併せて報道された。同月に自殺を図るが未遂。

2009年1月3日北九州市八幡西区里中3丁目のマンション駐輪場で死亡しているのが発見された。警察はマンションから飛び降りたとして自殺と断定した。当時永田はマンション近辺にある精神科病院の八幡厚生病院に入院していた。他の患者の見舞客たちも、院内ロビーをよだれを垂らしながら呆然と歩く永田の姿を時々見かけていたという。現場からは遺書とみられるノートが発見され、家族の名前に宛てて「死にたい」という内容が書かれていた。また空になった焼酎の紙パック(1.8リットル)も残されていた。現職当時から躁鬱病に悩まされていて、晩年は、統合失調症を患っていたという。

死後、手塚仁雄は、自分が助言した寝酒に関して、永田を悼む気持ちを述べた(週刊新潮2009年1月15日号P.31)。また、落選中の手塚に対して「復活できる可能性があるからいいですね」とも語っていた。民主党の議員とはほとんど会っていなかったうえに、手塚とも2008年2月を最後に連絡を取らなくなったという。

2009年1月5日に営まれた葬儀の際には、実父が「5年で立ち直る、それにはあと3、4年だと思っていました。まさか死ぬとは全然考えていませんでした。それほど精神的な打撃が強かったのでしょうが、40代、50代になったときの知恵と経験として花開くと信じていました」と挨拶した。

問題視された発言[編集]

物議を醸した行動[編集]

  • 2002年11月4日名古屋刑務所の受刑者が高圧放水によって死亡した事件について、2003年3月、山花郁夫と共に消防ホースで「再現」実験を行った。しかし実際の水圧は実験の一割程度にすぎず、ほとんど意図的な捏造に近い実験であったことが判明し、民主党は謝罪に追い込まれた[8]
  • 2005年7月22日外務委員会にて、社民党の東門美津子の質疑が始まった途端、手元にあった紙で折り紙を始めた[9]

脚注[編集]

  1. ^ 「地元千葉では過去の人…永田前議員」、『読売ウイークリー』2月13日号、読売新聞社、2007年2月、 pp. 25-26。
  2. ^ 「ガセメール永田前議員「肌着メーカー役員」も辞めちゃった」、『週刊新潮』1月3日・10日合併号、新潮社、2008年1月、 pp. 56-57。
  3. ^ 「スクープ ガセメール辞任永田前議員の妹が逮捕された「SM怪死」事件の全貌」、『週刊朝日』3月23日号、朝日新聞社、2007年3月、 pp. 168-170。
  4. ^ [[高市早苗|高市早苗]] (2000年12月27日). “そんなに私が悪いのか!?”. 衆議院議員 高市早苗(たかいちさなえ). 2010年1月24日閲覧。
  5. ^ 同法改正当時は文部省の所轄下で、2001年中央省庁再編における科学技術庁との統合によって文部科学省となった。
  6. ^ 名誉棄損:永田元議員を書類送検 国政報告会で虚偽の発言」『毎日新聞』東京夕刊、2008年7月18日。
  7. ^ 東京スポーツ2006年1月8日付1面。
  8. ^ 第156回国会 法務委員会 第13号”. 法務委員会の会議録議事情報一覧. 衆議院 (2003年5月14日). 2009年1月25日閲覧。
  9. ^ 「テレビ放送事故&ハプニング」(廣済堂出版) P222

関連項目[編集]

  • 楢崎弥之助 - 元衆議院議員で、1980年代に「国会の爆弾男」と呼ばれた。