秋山真之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋山 真之
Akiyama Saneyuki.jpg
生誕 1868年4月12日
日本の旗 伊予国松山(現・愛媛県松山市
死没 1918年2月4日(満49歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 神奈川県小田原市
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1890年 - 1917年
最終階級 海軍中将
墓所 青山墓地
テンプレートを表示

秋山 真之(あきやま さねゆき、旧字体: 秋山 眞之慶応4年3月20日1868年4月12日) - 大正7年(1918年2月4日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将位階勲等功級従四位勲二等功三級。勲二等旭日重光章、功三級金鵄勲章を授与された。幼名は淳五郎(じゅんごろう)。

三兄は「日本騎兵の父」と云われた陸軍大将秋山好古、次兄は朝鮮京城電気重役の岡正矣。子は4男2女。元参議院議員大石尚子は、真之の孫(二女・宜子の長女)。

経歴[編集]

松山城下の中徒町(現在の愛媛県松山市)に松山藩の下級武士・秋山久敬の5男として生まれる。母・貞は松山藩士山口家の娘。地元の漢学塾に学び、和歌なども習う。親友の正岡子規の上京に刺激され、愛媛県第一中学(現在の松山東高校)を中学5年にて中退、明治16年(1883年)に将来の太政大臣を目指すために東京へ行き受験準備のために共立学校(現在の開成高校)などで受験英語を学び、大学予備門(のちの一高、現在の東京大学教養学部)に入学。

大学予備門では東京帝国大学進学を目指すが、秋山家の経済的苦境から真之は兄の好古に学費を頼っていたため、卒業後は文学を志して帝国大学文学部に進む子規らとは道を異にし、明治19年(1886年)に海軍兵学校に17期生として進学。明治23年(1890年)に海軍兵学校を首席で卒業し、海軍軍人となる。卒業後は少尉候補生として海防艦「比叡」に乗艦して実地演習を重ね、座礁したオスマン帝国軍艦エルトゥールル」の生存者送還(エルトゥールル号遭難事件)にも従事する。明治25年(1892年)、海軍少尉。日清戦争では通報艦「筑紫」に乗艦し、偵察など後援活動に参加。戦後には巡洋艦「和泉」分隊士、明治29年(1896年)年1月には横須賀に転属し、日清戦争での水雷の活躍に注目して設置された海軍水雷術練習所(海軍水雷学校)の学生になり水雷術を学び、卒業後に横須賀水雷団第2水雷隊付になる。のちに報知艦「八重山」に乗艦し、海軍大尉となる。同年11月には軍令部諜報課員として中国東北部で活動する。

アルフレッド・セイヤー・マハン

明治31年(1898年)に海軍の留学生派遣が再開されると派遣留学生に選ばれるが、公費留学の枠に入れずにはじめは私費留学であった。アメリカへ留学した真之は、ワシントンに滞在して海軍大学校校長、軍事思想家であるアルフレッド・セイヤー・マハンに師事し、主に大学校の図書館や海軍文庫での図書を利用しての兵術の理論研究に務める。このとき米西戦争観戦武官として視察し報告書「サンチャゴ・デ・クーバの役」(後に「極秘諜報第百十八号」と銘うたれる)を提出する。サンチャゴ・デ・キューバ海戦の一環としてアメリカ海軍が実施したキューバのサンチャゴ港閉塞作戦を見学しており、このときの経験と報告[1]が日露戦争における旅順港閉塞作戦の礎となったとも指摘されている。翌 明治32年(1899年)1月にはイギリス駐在となり視察を行い8月に帰国。明治33年(1900年)には海軍省軍務局第1課員、常備艦隊参謀になり、明治34年(1901年)、海軍少佐。

戦艦三笠艦橋(日本海海戦)
中央左より加藤東郷、秋山

明治35年(1902年)には海軍大学校の教官となる。明治36年(1903年)6月に宮内省御用掛・稲生真履の三女である季子と築地の水交社で結婚。対露開戦論者として湖月会のメンバーとなって日露開戦を積極的に推進した。翌明治37年(1904年)に海軍中佐第1艦隊参謀(後に先任参謀)。朝鮮半島を巡り日本とロシアとの関係が険悪化し、同年からの日露戦争では連合艦隊司令長官東郷平八郎の下で作戦担当参謀となり、第1艦隊旗艦三笠」に乗艦する。ロシア海軍旅順艦隊(太平洋艦隊)撃滅と封鎖のための旅順口攻撃と旅順港閉塞作戦においては先任参謀を務め、機雷敷設などを行う。ロシアのバルチック艦隊が回航すると迎撃作戦を立案し、日本海海戦の勝利に貢献、日露戦争における日本の政略上の勝利を決定付けた。

明治38年(1905年)12月の連合艦隊解散後は巡洋艦の艦長を歴任し、第1艦隊の参謀長を経て大正元年(1912年12月1日からは軍令部第1班長(後の軍令部第1部長)に任ぜられる。明治41年(1908年)、海軍大佐となり、大正2年(1913年)には海軍少将に昇進。

大正3年(1914年)、軍艦建造を巡る疑獄事件であるシーメンス事件が起こる。事件は政府批判に発展し、また、事件に際しては秘密裁判主義に基づいているとして改正が検討されていた治罪法の問題が再燃し、衆議院議員の花井卓蔵が賛同者を集め、軍法会議の公開などを要求。同年1月に調査委員会が設置されると、その委員の一人に指名される。3月に第1次山本内閣が退陣し、第2次大隈内閣が発足すると、海軍大臣には八代六郎が任命され、秋山は軍務局長として八代を補佐し、軍艦建造のための臨時会議召集をはたらきかけ、予算成立に尽力する。11月に治罪法改正委員会が設置されると、花井卓蔵らと論争を行う。大正5年(1916年)2月には軍令部に転出したため、委員は鈴木貫太郎に引き継がれる。

秋山真之 終焉の地
(「対潮閣小田原市)

軍務局長時代には、上海へも寄港する巡洋艦「音羽」に乗艦して中国を実地見聞し、留学生の受け入れなどを提言している。また、孫文とも交流があったと言われ、非公式に革命運動を援助。小池張造らと同志を集め、革命運動を支援する“小池部屋”を結成。久原房之助など実業家に働きかける。明治44年(1911年)、辛亥革命で清朝が打倒され、中華民国が成立。大正4年(1915年)に袁世凱が皇帝に推戴されると、中国各地で反対運動が起こり、日本政府など諸外国も抗議。またこの頃、川島浪速大陸浪人参謀本部次長・田中義一らが主導した第二次満蒙独立運動に外務省政務局長になった小池とともに加わっている。その後、軍令部転出となったため、対中政策からは離れる。

大正5年(1916年)3月には、第一次世界大戦を視察するためにヨーロッパへ渡る。朝鮮半島からシベリア鉄道でロシア、フィンランドなど東欧などを視察。5月にはイギリスへ渡り、日本海海戦を観戦した英国海軍のペケナム中将、艦隊司令長官のジェリコ提督らに歓迎される。フランス、イタリアに滞在したのち、翌大正6年(1917年)9月にはアメリカへ渡り、10月に帰国。帰国後には第2艦隊水雷司令官になるが、病状悪化により間もなく辞職する。同年7月には海軍将官会議議員になるが、中将昇進と同時に待命となった。

大学校教官時代に佐藤鉄太郎らが主宰していた研究会「天晴会」に勧誘されて経典を研究するようになり、晩年は霊研究や宗教研究に没頭した。軍人の信仰者が多かった日蓮宗に帰依するとともに、神道家川面凡児に師事して神道研究を行い、皇典研究会を設立した。新宗教皇道大本には海軍機関学校教官の浅野和三郎との縁(秋山と浅野の初対面は大本時代)で入信し、綾部参り等を行ったものの、目的は信仰ではなく神道研究だったとされる。大本側の資料によれば、大正5年12月14日に出口王仁三郎の招きで綾部に立ち寄り大本教主顧問となったが、大正6年5月に喧嘩別れした[2]

大正6年(1917年)5月に虫垂炎を煩って箱根にて療養に努めたが、翌大正7年(1918年)に再発。悪化して腹膜炎を併発し、2月4日、小田原の対潮閣(山下亀三郎別邸)にて死去した。死去直前に教育勅語般若心経を唱えていたという。享年49。

墓所は東京都港区青山墓地だったが、後に鎌倉霊園へ改葬。

年譜[編集]

人物[編集]

  • 日露戦争における日本海海戦が人生のピークであったと評されることもあり、最後は中将まで登りつめたが、病気に苦しんだこともあって、第一次世界大戦の結果を見事に言い当てた事を除き、大正以後は特に目立った活躍をしていない。しかし日露戦争での功績から海軍では長らく真之は神秘的な名参謀として考えられ、崇拝の対象になっていったようである。ただし、近年の研究によって、真之の業績として知られていたものに、島村速雄の案と同じものが発見されているが、これらは両者が同時期にイギリスで勉強したため同じ作戦を思いついたものと考えられている。
  • 東郷は「智謀如湧」(ちぼうわくがごとし)と真之の作戦立案能力を評価した。
  • 同郷の俳人・正岡子規とは幼少時代よりの友人であり、東京へ行った後も共立学校の同級生として交遊し、和歌なども学ぶ。また、大蔵官僚となった勝田主計も真之や子規の松山時代からの友人として知られている。
  • 日本海海戦出撃の際の報告電報の一節である「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は、「本日天気晴朗ノ為、我ガ連合艦隊ハ敵艦隊撃滅ニ向ケ出撃可能。ナレドモ浪高ク旧式小型艦艇及ビ水雷艇ハ出撃不可ノ為、主力艦ノミデ出撃ス」という意味を、漢字を含めて13文字、ひらがなのみでも僅か20文字という驚異的な短さで説明しているため、今でも短い文章で多くのことを的確に伝えた名文として高く評価されている(モールス信号による電信では、わずかな途切れでも全く意味の異なる文章になるため、とにかく文章は短ければ短いほど良いとされている)。またZ旗の信号文「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」も真之の作である。
  • 日本海海戦に勝利した連合艦隊の解散式における、東郷の訓示(聯合艦隊解散の訓示)の草稿も真之が起草したものとされている。この文章に感動した時の米大統領セオドア・ルーズベルトは、全文英訳させて、米国海軍に頒布した。これらから名文家・文章家としても知られており、後に「秋山文学」と高く評価されるようになる。
  • 日本海海戦に関しては「たうとう会戦という段取りになつたのですが、驚いた事には敵の艦形が三日前に夢で見せられたのと寸分の相違もありませんでした」と語り、大本の出口王仁三郎にも相談している[2]。宗教研究においては「戦争で目撃した人の生死や戦争の勝敗について人知外の力を感じた」と述べる。これらの発言に対して山本英輔大将は、「秋山はあまりに理性的なため、理論で突き詰められない宗教にのめり込むことが出来なかったのだろう」と指摘した。
  • 参謀としての真之の功績は、長らく東郷の影に隠れ、広く一般に知られている人物とは言い難かったが、戦後、島田謹二『アメリカにおける秋山真之』(初版・昭和44年(1969年))によって紹介され、司馬遼太郎が発表した歴史小説『坂の上の雲』(初版・昭和47年(1972年))で主人公になった結果、国民的な知名度を得ることになった。

逸話[編集]

  • 幼名の淳五郎と本名の真之は、後漢の文人張衡の『思玄賦』からの一節「何道真之淳粋兮」に基づく。
  • 幼少の頃は腕白なガキ大将だった。多くの子供を引き連れて戦争ごっこをするにとどまらず、本を参考に花火を作って打ち上げたりするほどだった。あまりにも腕白がすぎるため、貞は「お前も殺して私も死ぬ」と言って涙を見せるほど手を焼いた。他に絵や水泳、かけっこが得意であった。
  • 海軍兵学校時代、同校で野球チームを編成し、海軍野球の創始者となった。
  • 少尉候補生時代、食事中にパンくずでビスマルクナポレオン豊臣秀吉などの頭像を作って遊んでいた。
  • 同じく候補生時代、後輩から「猛勉強しているわけではないのになぜいつも成績がトップなのか」と聞かれた真之は「過去の試験問題を参考にすることと、教官のクセを見抜くことだ。また必要な部分は何回も説明することから試験問題を推測できる!」と、答えた。
  • 煎り豆が好物で、ポケットに忍ばせてよく食べていた。
    • この豆の種類であるが、明治37年(1904年)11月23日付の母宛て手紙に「何か幸便あれば豌豆及空豆二三斗計りイリテ御送被下度候」とあり、エンドウマメソラマメの2種であった。
  • 軍服の袖で鼻水を拭いたり、作戦を練り始めると入浴せずに数日過ごすなど、身なりを全く気にしない性格であったと伝えられる。また人前で放屁放尿をすることもあった。
  • アメリカからの帰国中、賭博詐欺にあった。イカサマだと気づいた真之は、リーダーの男を部屋に連れ込み「黙ってやらせておけばいい気になりおって。このままでは侍の名折れだ、金を返せ」と、語気鋭く短刀の鞘を払った。怯えた男は金を返して逃げ出したという。

系譜[編集]

秋山氏
遡れば河野氏に繋がる。江戸時代、代々松山藩
宗清━信久━久良━久軏━軏久━久徴━久敬┳則久
                    ┣正牟(岡家養子)
                    ┣好古(長兄・則久より家督相続)
                    ┣道一(西原家養子)
                    ┗眞之

著作[編集]

  • 『兵語界説』
  • 『海軍基本戦術』
  • 『海軍応用戦術』
  • 『海軍戦務』
  • 『海軍用務令』
  • 『海軍英文尺文例』
  • 『軍談』

脚注[編集]

  1. ^ 在米国海軍大尉秋山真之「サンチャゴ・ヂュ・クバ之役(極秘諜報第百十八号)」
  2. ^ a b #神の罠157-158頁

参考文献[編集]

  • 『秋山真之』 秋山真之会 昭和8年(1933年水野廣徳・桜井真清ほか
    • 復刻版、マツノ書店 平成21年(2009年)(長南政義「『秋山真之』二人の編著者」所収)
  • 『提督秋山真之(昭和8年(1933年)の『秋山眞之』を簡略化したもの) 秋山真之会編、岩波書店 昭和9年(1934年
    • 新編版、毎日ワンズ『天気晴朗ナレドモ波高シ』(現代仮名遣いで再編、一部に改変や省略あり) 平成21年(2009年)
  • 『アメリカにおける秋山真之』、『ロシヤ戦争前夜の秋山真之』 島田謹二朝日新聞社(前者は朝日文庫でも刊)
  • 『伝説の名参謀 秋山真之』 神川武利 PHP文庫
  • 『秋山真之 日本海大海戦の名参謀』 羽生道英、学研M文庫
  • 『百年目の波濤 智謀の提督秋山真之の生涯』 石丸淳也 光人社
  • 松本健一 『神の罠 浅野和三郎、近代知性の悲劇新潮社、1989年10月。ISBN 4-10-368402-x
  • 『秋山真之』 田中宏巳(人物叢書) 吉川弘文館、平成16年(2004年
  • 『秋山真之のすべて』 新人物往来社編 2005年、文庫新版、平成21年(2009年)
  • 『軍談 秋山真之の日露戦争回顧録』 前坂俊之 編解説 新人物文庫 平成22年(2010年)(ISBN 9784404038098
  • 『甦る秋山真之(上)』 三浦康之 ウェッジ 平成20年(2008年)(ISBN 978-4-86310-028-2
  • 『甦る秋山真之(下)』 三浦康之 ウェッジ 平成20年(2008年)(ISBN 978-4-86310-029-9
  • 島田謹二『アメリカにおける秋山真之(上) 米国海軍の内懐に』2009年、朝日文庫
  • 島田謹二『アメリカにおける秋山真之(中) 米西戦争を観る』2009年、朝日文庫
  • 島田謹二『アメリカにおける秋山真之(下) 日露開戦に備えて』2009年、朝日文庫

秋山真之を題材とする作品[編集]

秋山真之を演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

軍職
先代:
野間口兼雄
第一艦隊参謀長
1911年3月11日 - 1912年12月1日
次代:
竹下勇
先代:
高木七太郎
第二水雷戦隊司令官
第5代:1916年12月1日 - 1917年7月16日
次代:
山中柴吉