中村頼永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中村頼永
プロフィール
本名 中村頼永
身長 cm
体重 kg
誕生日 1963年12月19日(50歳)
出身地 三重県
所属 IUMA日本振藩国術館
USA修斗
スポーツ歴 寛水流空手
中国拳法
修斗
截拳道
トレーナー 佐山サトル
ダン・イノサント
御舘透
テンプレートを表示

中村 頼永(なかむら よりなが、1963年昭和38年)12月19日‐)は、三重県出身の日本の武術家である。 ブルース・リー財団日本支部最高顧問、IUMA日本振藩国術館およびUSA修斗代表。

経歴[編集]

1963年(昭和38年)12月19日、三重県で生まれる。14歳の頃に、映画館で『未知との遭遇』を見る際に流れた『死亡遊戯』の予告編で、ブルース・リーが演じるアクションに衝撃を受けて截拳道を志すようになる。同じ頃に寛水流空手を始めだす。

兼ねてアニメーターを目指すために上京し専門学校へ通いながら、中国拳法も学んだ。卒業後はアニメーターをしながら、佐山聡が主宰する「スーパータイガージム」で修斗の特訓も受ける。第1回プリシューティング66kg級で優勝。

しばらくは修斗の方でインストラクターをしていた。しかし、截拳道を志したい夢を断ち切れず、修斗をアメリカに広める名目で渡米する。ブルース・リーから截拳道に関する免状を持つダン・イノサントが運営する「イノサント・アカデミー」に入門し、師事する。

1992年平成4年)、IUMA日本振藩国術館を立ち上げ、現在に至る。

その他[編集]

ブルース・リーをはじめ、色々な格闘技のファンであり、上記のように佐山聡認定シューティスト(修斗最高ランク)である。

実弟の中村之洋(なかむらゆきひろ)は現在の佐山聡や、4代目タイガーマスク等のお抱えマスク職人。三重県津市に自身の工房と併設したプロレスマスクミュージアムを構えている。

外部リンク[編集]