フォルメンテラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルメンテーラ島
Formentera (515855533).jpg
フォルメンテーラの海岸
面積 83.24 km²
最高標高 119 m
所属国・地域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示
衛星写真。上がイビサ島、下がフォルメンテーラ島

フォルメンテーラ島 (-ふぉるめんてらとう、カタルーニャ語: Formentera 発音: [furmənˈteɾə] フルマンテーラ)は、スペインバレアレス諸島の島。ピティウセス諸島(Illes Pitiüses、イビサ島とフォルメンテーラ島の総称)の島の一つ。イビサ島の南およそ6kmにある。島全体で一つの基礎自治体であり、2002年調査時の人口は7,461人である。カタルーニャ語の方言が話されており、公用語はカタルーニャ語とスペイン語である。2007年には、ウィンドサーフィンのワールドカップ(17歳以下と、15歳以下)の開催地となった。

島内の主な村は、サン・フランセスク・シャビエル(Sant Francesc Xavier)、サン・フェラン・デ・セス・ロカス(Sant Ferran de ses Roques)、エル・ピラール・デ・ラ・モラ(El Pilar de la Mola)とラ・サビーナ(La Savina)である。イビザ島からの船のみで行ける静かな島であったが、スペイン本土からの観光客が増加したため、本土からの直行船がやってくるようになった。多くの美しい砂浜を持ち、裸での日光浴が許可されている場所(ヌーディストビーチ)もある。

フォルメンテーラ島の北には、小さな島エスパルマドール島がある。引き潮になると、エスパルマドール島とフォルメンテーラ島は狭い砂州で陸続きになる。

島の名前は、穀倉地帯を意味するラテン語、フルメンタリウム(frumentarium)から派生したと言われてきた。

歴史[編集]

フェニキア人古代ローマに支配され、その後西ゴート王国東ローマ帝国ヴァンダル族アラブ人とめまぐるしく支配者が変わった。カタルーニャ人に征服されてアラゴン王国の一部となり、中世にはマヨルカ王国に属していた。

1529年フォルメンテーラ島の戦い (1529年)英語版オスマン帝国領となる。

外部リンク[編集]