春の調べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春の調べ
Extáze
監督 グスタフ・マハティ
脚本 グスタフ・マハティ
出演者 へディ・キースラー
音楽 ジュゼッペ・ベッチェ
撮影 ヤン・スタルリッヒ
配給 日本の旗 東和商事
公開 チェコスロバキアの旗 1933年1月20日
オーストリアの旗 1933年2月18日
日本の旗 1935年7月
上映時間 95分
製作国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
オーストリアの旗 オーストリア
言語 フランス語
ドイツ語
テンプレートを表示

春の調べ』(英語:Ecstasy、チェコ語:Extáze、ドイツ語:Ekstase[1])は、1933年オーストリア系チェコ人の監督グスタフ・マハティが監督した映画作品。

ヘディ・ラマーがヘディ・キースラー名義で出演したことでも知られる。 この映画には 全裸で泳ぐ場面 があったため、当時は議論を巻き起こした。 この映画は、非ポルノ映画において、初めて肉体関係を描いた作品であるが[2]、俳優の顔以外のところは見えていない。 また、映画史上初女性のオーガズムを描いた作品としても知られている[3]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ekstaseはオーストリアでのタイトル。ドイツではSymphonie der Liebeとタイトルづけられた
  2. ^ "Curiously, Extase is celebrated as the first motion picture containing a nude scene, which it was not, rather than the first to show sexual intercourse, which it was." Patrick Robertson, Film Facts, New York: Billboard Books, 2001, p. 66.
  3. ^ Indie Sex: Extremes (2007), an Independent Film Channel documentary.

外部リンク[編集]