荒馬と女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒馬と女
The Misfits
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 アーサー・ミラー
製作 フランク・E・テイラー
出演者 マリリン・モンロー
クラーク・ゲーブル
モンゴメリー・クリフト
音楽 アレックス・ノース
撮影 ラッセル・メティ
編集 ジョージ・トマシーニ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年2月1日
日本の旗 1961年6月14日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000
テンプレートを表示

荒馬と女』(あらうまとおんな、原題: The Misfits)は、1961年公開のアメリカ映画マリリン・モンローの遺作。クラーク・ゲーブルにとっても最後の作品。この映画の後、主演のゲーブル、モンロー、モンゴメリー・クリフトと出演者が相次いで亡くなった。

ストーリー[編集]

ネバダ州リノが舞台。この街で離婚したばかりのロズリンは、年老いたカウボーイのゲイと、自動車修理工のグイドと知り合う。野生馬の群れを見つけたゲイ達は、馬を捕獲してドッグフードを作る工場に売ろうと計画を立てる。ゲイ達は若いカウボーイのパースを仲間に入れ、捕獲に乗り出すが、ロズリンはそれに反対する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
NET版 TBS・DVD版
ゲイ・ラングランド クラーク・ゲーブル 納谷悟朗
ロズリン・ターベル マリリン・モンロー 向井真理子
パース・ハウランド モンゴメリー・クリフト 山内雅人 津嘉山正種
イザベル・スティアーズ セルマ・リッター 七尾怜子 京田尚子
グイド イーライ・ウォラック 鮎川浩 富山敬
レイモンド・ターベル ケヴィン・マッカーシー 若本規夫

その他[編集]

ファザーコンプレックスのモンローにはゲーブルが頼れる男性に見えたであろうことは頷ける。2人の親密ぶりは映画の中だけではなかった。荒馬との格闘シーンで老体に鞭打ち、スタントをつけないで演じた末、ゲーブルはクランクアップ後に倒れ、亡くなった。モンローはゲーブル・ファンからはお前が殺したと責められ、失意に沈んだ。現在でも存命中のイーライ・ウォラックは、この頃のモンローをよく知る証言者の一人である。モンゴメリーも数年後、若くして不幸な死を遂げる。この映画の原題は"The Misfits"(ザ・ミスフィッツ=適合せざる者たち)であるが、原作者のアーサー・ミラーは撮影当時モンローの夫であったが、すでに2人の仲は冷却状態にあり、後に離婚。まさに出演者のそれぞれがなにか噛み合わない人生模様のなかで製作された作品であった。

この映画の撮影の様子は、写真家のインゲ・モラス(1962年アーサー・ミラーと結婚)が撮影しており、それらの写真はマグナム・フォトの写真集などで見ることが出来る。

参考資料[編集]

  • The Misfits: Story of a Shoot (Phaidon Inc Ltd, 2000)

外部リンク[編集]