インゲ・モラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Inge Morath
生誕 Ingeborg Morath
1923年5月27日
オーストリアの旗 オーストリア グラーツ
死没 2002年1月30日(78歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍 オーストリアの旗 オーストリアアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績 写真家
運動・動向 マグナム・フォト

インゲ・モラス(Inge Morath、1923年5月27日 - 2002年1月30日)は、オーストリア写真家。本名はインゲボルグ・モラス(Ingeborg Morath)。

グラーツ科学者の両親の元に生まれる。ウィーンパリ通訳ジャーナリストとして働いた後、マグナム・フォトに編集者として参加するようになる。その後ロンドンに移り、写真を学んだ。アンリ・カルティエ=ブレッソンのアシスタントを務めた後、写真家として活動し始めた。

1960年ジョン・ヒューストンの映画『荒馬と女』の撮影現場の記録に参加するためアメリカネヴァダ州に滞在した。そこで出会った劇作家のアーサー・ミラー(ミラーはマリリン・モンローとは1961年に離婚していた)と1962年に結婚した。レベッカとダニエルの2人の子供をもうけた。

日本では1996年に写真家イヴ・アーノルドの作品と共に「WOMEN to WOMEN」という題名の展覧会が開かれた。中近東中国アフリカなどを取材し、これまで15冊以上の写真集を出版している。

マグナム・フォトでは2002年より、30代以下の写真家を目指す女性のためにインゲ・モラス賞を設立している。また彼女の遺志に基づき、死後インゲ・モラス基金が設立された。

受賞歴[編集]

  • State of Michigan Senate Resolution NO 295; Tribute to Inge Morath(1983年
  • Doctor Honoris Causa Fine Arts, University of Connecticut, Hartford, USA(1984年
  • Great Austrian State Prize for Photography(1992年

外部リンク[編集]