前田通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

前田 通子(まえだ みちこ(本名:前田好子)、昭和9年(1934年2月27日 - )は、日本女優歌手

経歴[編集]

主演映画「女真珠王の復讐」(新東宝、昭和31年)ポスター

大阪府出身。父が三越宮城支店に勤めていたこともあり、女学校を中退し三越に入社する。その美貌が評判になり、「赤い羽根」のPR映画に出演。

昭和30年(1955年)、新東宝にスカウトされ、『三等社員と女秘書』で純情社員(宇津井健)を相手に、当時としては大胆なベッドシーンで銀幕デビューする。

昭和31年(1956年)、志村敏夫監督の映画『群狼』『女真珠王の復讐』で売り出す。初主演の『女真珠王の復讐』では後姿の全裸シーンが話題になり、大型グラマー女優として一躍スターダムへ。わずか2年の間に20本以上に主演し、新東宝の屋台骨を支えた。

昭和32年(1957年)の映画『海女の戦慄』では主題歌も歌いヒットする。同年、映画『続若君漫遊記・金比羅利生剣』に町娘役で出演中、加戸野五郎監督にカメラが下からのぞく中、「2階の階段の上で裾をまくれ」と注文されるが前田は拒絶。押し問答の末、新東宝の大蔵貢社長に直訴すると、「監督の指示に逆らった」(契約違反)とのことで役を降ろされ、6ヶ月の謹慎と会社への損害賠償として100万円(当時)の支払いを命令される。

前田は人権擁護局に訴え、主張が認められて新東宝から謝罪と30万円の慰謝料が彼女に支払われた。だが、「一女優になめられた」と怒り心頭に発した大蔵貢五社協定を使い、映画界はおろかテレビ界にまで圧力をかけ、前田が女優の仕事を一切できないようにしたといわれるが、大蔵は昭和35年に退陣、この年には前田はテレビ出演も行っている。

昭和38年(1963年)、7年前の作品『女真珠王の復讐』が上映されヒットし、有名になっていた台湾で2本の映画に主演(『女眞珠王之挑戰』『愁風愁雨割心腸』。どちらも日本未公開)。その後、全国各地のナイトクラブ、キャバレーで歌い、軍歌を得意としたため、軍歌の前田と呼ばれた。

昭和47年(1972年)、日本テレビの帯ドラマ『渓流の女』に主演してカムバック。

昭和48年(1973年)には東京12チャンネルのドラマ『出発進行』に主演した。

平成11年(1999年)、同じ新東宝にいた旧知の石井輝男監督作品の『地獄』で日本映画では42年ぶりの映画出演を果たし、話題になった。

平成22年(2010年7月28日TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド』に出演した。

人物・エピソード[編集]

映画会社新東宝女優として、「戦後のグラマー女優第1号」と呼ばれた。山本富士子並びに田宮二郎と共に映画会社の「五社協定」の最大の犠牲者としても知られる。日本橋本店呉服売り場にいた池内淳子とは三越勤務時代の同僚で、雑誌のモデルを務めた後に新東宝へ入った池内と、同じ新東宝女優として再会したのは偶然のことだったという。

新東宝追放のきっかけとなった『金比羅利生剣』(昭和32年)で、加戸野監督の指示を拒絶したいきさつは、前田が志村敏夫監督と関係があったためといわれ、これを聞いた大蔵貢社長は「お前は女優だと思っているのか。裸になるから使えるのに何を言うか。」と激怒、前田と志村監督を解雇している。この事件は「前田通子裾まくり事件」として映画界で語り継がれた[1]

昭和32年の新東宝映画『海女の戦慄』では、前田の全裸シーンが呼び物となった。当時は全裸シーンはストリッパーなどの吹き替えが常識だったので、女優自身が演じたのは大きな話題となった。この映画の宣伝興行で、新聞記者を招待しての撮影会が開かれた。前田が全裸で向こう向きのポーズを作った際には、その美しさに見とれ、思わずカメラを落とした撮影班があったという[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

インタビュー[編集]

  • 『君美わしく―戦後日本映画女優讃』(川本三郎著、文春文庫)
    前田の貴重なロングインタビューが収められている。

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 『幻の怪談映画を追って』(洋泉社)
  2. ^ 『ああ銀幕の美女 グラフ日本映画史 戦後篇』(朝日新聞社)

外部リンク[編集]