小林悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こばやし さとる
小林 悟
別名義 新倉 直人
松本 千之
左 次郎 など
生年月日 1930年8月
没年月日 2001年11月15日
出生地 日本の旗 日本 長野県松本市
死没地 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
オリジナルビデオ
活動期間 1954年 - 2001年
活動内容 1954年 近江プロダクション入社
1959年 監督デビュー
主な作品
映画
狂った欲望
肉体の市場
鏡の中の野心
オリジナルビデオ
ブラインドキャット

小林 悟(こばやし さとる、1930年8月1日 - 2001年11月15日)は、日本の映画監督脚本家である。ピンク映画の創世記からメガホンを取り続け、実に450本以上もの作品を残した。

略歴[編集]

1930年(昭和5年)8月1日、長野県松本市浅間温泉に生まれる。松本深志高校を卒業し、早稲田大学文学部に進学した。在学中は舞踏美学を専攻。一方で映画にも興味を持っており、映画製作の現場でアルバイトを続けていた。1954年(昭和29年)、新東宝小森白監督作品『娘ごころは恥づかしうれし』において、ロケーション選定に協力した事から助監督に抜擢されて本格的に映画製作に関わるようになる。同年、大学を卒業後、近江プロダクションに入社。歌手・音楽家であり映画監督でもあった近江俊郎に師事し、高島忠夫主演の『坊ちゃん』シリーズなどの助監督を務める。やがて新東宝に移った後、1959年(昭和34年)、菅原文太主演の『狂った欲望』で監督デビュー。

1961年(昭和36年)、新東宝が倒産した後、大蔵映画に参加。翌1962年(昭和37年)には、『肉体の市場』を発表。同作品は猥褻容疑で警視庁に摘発されたが、逆に作品はヒット。ピンク映画というジャンルが本格的に製作されるきっかけとなった。

その後、性描写が過激化しつつあったピンク映画に嫌気が差し、1968年(昭和43年)頃からアメリカ中華民国台湾)、欧州に渡った。アメリカでは新東宝時代の伝手によってハリウッドテレビ映画を監督した。また、ニューヨークセントラル・パークに滞在していたころには、地元の映画館経営者の奨めで当時隆盛しつつあったアメリカのポルノ映画の監督も行なった。その後、台湾では現地語による監督作品をいくつか残すも1970年(昭和45年)ごろに帰国。

帰国直後に、同じくピンク映画監督である西原儀一が体調を崩したため、彼の経営する葵映画(新東宝映画系)で作品を発表した。その後は実家の温泉旅館を手伝うなど半ば引退状態にあったが、1971年(昭和46年)頃から松竹系のピンク映画会社・東活にて監督に本格復帰(後に離脱)。同年には東活が製作した一般映画『鏡の中の野心』(出演:荒木一郎、堤(筒美)杏子(ひし美ゆり子)他)を監督しており、同作品は仲木睦監督作品『罠にはまった男』(出演:牟田悌三)と共に松竹にて配給された。以降は東活においてピンク映画の監督として多年に渡り数多くの作品を量産していった。東活においては一時期、3つの名義を使い分けて殆ど全作品を監督する活躍ぶりを示している。

80年代には古巣の大蔵映画に復帰し、ゲイ・ポルノを含めて多数の作品を発表した。また、日活ロマンポルノ消滅後に登場したエクセス・フィルムでも作品を発表した。

1999年(平成11年)公開の『地獄』(石井輝男監督作品)では製作総指揮を手がけるなど活躍していた矢先の2001年(平成13年)11月15日、膀胱癌により没す。満71歳没。

作品[編集]

監督[編集]

※代表的な作品

  • 『狂った欲望』(1959年、主演:菅原文太
  • 『十代の曲り角』(1959年、主演:大空真弓
  • 『危険な誘惑』(1959年、主演:池内淳子
  • まぼろし探偵』シリーズ(1960年)
  • 『肉体の市場』(1962年)
  • 『沖縄怪談逆吊り幽霊・支那怪談死棺破り』(封切年度1961年、キャスト:香取環、扇町京子、大原謙、白蓉、梅芳玉…以上、DVD「YZCV-8084」裏ジャケット記載より)
  • 『怪談残酷幽霊』(1964年)
  • 『黒幕』(1966年、主演:天知茂
  • 『不能者』(1967年)
  • 『女門交悦』(1971年、主演:宮下順子、脚本:山本昌平
  • 終戰後的戰爭』(『戦争後の戦争』)(1982年、主演:鶴田浩二)- 台湾映画として製作。日本では未公開。
  • 川奈まり子 桜貝の甘い水』(2001年) - 遺作

製作総指揮[編集]

備考[編集]

  • ピンク映画のベテラン監督である小川欽也は大蔵時代、小林悟の助監督を務めていた。
  • 全盛期には「ポルノ映画界の黒澤明」と称されるほどの活躍を見せた。
  • 1970年代には高橋伴明が助監督を務めており、小林が監督昇進を推薦した。
  • 最後の時期には竹洞哲也が助監督を務めており、最後の作品である『川奈まり子 桜貝の甘い水』の現場にも立ち会った。竹洞は小林の死後、大蔵映画から製作配給部門を継承したオーピー映画で小川欽也の推薦で監督デビューを果たしている。
  • これらの他に、北沢幸雄(飯島大)、国沢実堀禎一などが小林の助監督を務めていた事がある。
  • 東活時代は、脚本は主に池田正一(後の官能小説家の高竜也)が担当していた。
  • 低予算のピンク映画において、スポンサー共同製作者(アメリカの製作プロダクションと提携し、日本版と米国版を製作など)を確保したり、海外放浪していた頃の知己を活かしたりして、アメリカ西海岸やフィリピンタイなど海外ロケーションを多く行なった。また、各地のストリップ劇場とも提携して、作品にストリッパーを登場させる事もしばしばあった。
  • 助監督時代には石井輝男の自宅に居候していた事がある。