ロマンスX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロマンスX
Romance X
監督 カトリーヌ・ブレイヤ
脚本 カトリーヌ・ブレイヤ
製作 ジャン=フランソワ・ルプティ
製作総指揮 カトリーヌ・ジャック
音楽 ラファエル・ティダ
DJ・ヴァランタン
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
編集 アニエス・ギウモ
配給 プレノン・アッシュ
公開 フランスの旗 1999年4月14日
日本の旗 2001年6月30日
上映時間 84分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ロマンスX』(原題:Romance X)は、1999年フランス映画

概要[編集]

恋人との特に性的欲求不満を持つヒロインの行動を描いた作品。監督・脚本は『堕ちてゆく女』のカトリーヌ・ブレイヤ。撮影はテオ・アンゲロプロス作品の撮影で知られるヨルゴス・アルヴァニティス。恋人あるいは夫に対する性的な欲求不満で他の男性と寝たりして、わざわざそれを自分の相手に知らしめる行動を取る、似たようなヒロインの映画に『トリコロール/白の愛』があるが、こちらの方がより直球的に描いた映画である。

作中の性描写が「演技ではない」ことが論争を巻き起こし、各国で成人指定を受けた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マリー キャロリーヌ・デュセイ 渡辺美佐
ポール サガモア・ステヴナン 檀臣幸
ロバート フランソワ・ベルレアン 小川真司
パオロ ロッコ・シフレディ 相沢まさき

ストーリー[編集]

外部リンク[編集]