ジンジャー・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジンジャー・リン
Ginger Lynn
Ginger Lynn
ジンジャー・リン
本名 ジンジャー・リン・アレン
別名義 ジンジャー・アレン
生年月日 1962年12月14日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国 イリノイ州ロックフォード
民族 コーカソイド

ジンジャー・リン(Ginger Lynn 1962年12月14日 - )は、1980年代における活動で有名な、アメリカ合衆国出身のポルノ女優

バイオグラフィ[編集]

生い立ち[編集]

イリノイ州ロックフォードに生まれ、幼少の時期を通して母親からの虐待に見舞われた。それを原因として1974年に自殺を試みるも失敗。13歳の時に公園で出会ったある年上の男性と恋仲になり、その彼氏が麻薬常習者であったことから自身も麻薬を常習し始めた。この時期には妊娠をするも中絶。やがてその男性との結婚費用のために貯蓄を始めることとなった。

1981年に高校を卒業すると、地元ロックフォードのバーでウェイトレスの仕事を開始。その翌年1982年に祖父が心臓発作で亡くなり、それに伴いカリフォルニアへと転居。1983年の9月にとあるモデル事務所の求人に応募し、そのまま雇われてすぐにペントハウス誌で特集を受けた。これがポルノ映画界からの注目を受けるきっかけとなったのであった。

アダルト業界でのキャリア[編集]

ヌードモデルの仕事を短期間だけ行ったのち、1983年の12月にジンジャー・リンの芸名をもってポルノ映画への出演を開始。初の出演作は『サレンダー・イン・パラダイス』という一作であった。それから人気が急上昇。1985年にはAVNの最優秀新人女優賞を獲得。全盛期を迎えたこの時期にあってはマドンナのファッションの模倣が注目を受けもしていた。

レズビアン行為の披露や、当時はまだ珍しかった性器と肛門を同時に使った行為の披露、独創的かつ露骨なセリフなどで人気を集めるも、ポルノ映画への出演の停止を1986年の初め頃に決意。一般映画への進出を意図してのことであった。それから少数ながらも一般映画やテレビ番組などに出演。

PLAYBOYラジオにてクリスティ・キャニオン(向かって右)と

1999年になるとポルノ映画に復帰。『トーン』(1999年)/『ホワイト・ライトニング』(2000年)/『ニュー・ウェーブ・フッカーズ6』(2000年)という3作に出演した。2005年には『アメリカン・パイ:バンド・キャンプ』という作品に看護婦役で出演。2006年にはプレイボーイ誌のラジオ番組に姿を現し、クリスティ・キャニオンとともに司会を務めるなどした。

私生活[編集]

1991年に所得申告を偽造したとして有罪判決を受け、4ヵ月と17日を刑務所の中に過ごした。この期間中にはコカイン乱用者のためのリハビリを受けもしている。[1][2]

ラルフ・ガーマンという名のラジオDJと長期間にわたって恋仲にあったほか[3]、1990年から1992年までに掛けては俳優のチャーリー・シーンとの関係を持った。[4][5]

主な出演作[編集]

アダルト[編集]

  • 『Fire Bush』(2004年)
  • 『Taken』(2001年) - 2002年AVN 最優秀主演女優受賞映画
  • 『Ginger Lynn's Torn』(1999年)
  • 『Ginger Lynn: America's Sweetheart』(1992年)
  • 『Beverly Hills Cox』(1986年)
  • 『New Wave Hookers』(1985年)
  • 『Surrender in Paradise』(1984年)

一般向けメディア[編集]

映画[編集]

  • 『National Lampoon's Van Wilder The Rise Of Taj』(2007年)
  • 『Kisses and Caroms』(2006年)
  • 『American Pie Presents Band Camp』(2005年)
  • 『The Devil's Rejects』(2005年)
  • 『The Independent』(2000年)
  • 『Bound & Gagged: A Love Story』(1992年)
  • 『Whore』(1991年)
  • 『Young Guns II』(1990年)
  • 『Satan's Storybook』(1989年)
  • 『Vice Academy』(1989年)

テレビ[編集]

  • 『Skin』(2003年)
  • 『Silk Stalkings』(1994年)
  • 『NYPD Blue』(1993年)
  • 『Super Force』(1991年)

その他[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Adults Only: The Secret History of the Other Hollywood", 「CourtTV」
  2. ^ "Tom Joad Presses For More Info From Ginger Lynn and The Independent", 「Ain't It Cool News」、2000年4月13日のインタビュー
  3. ^ "Ralph Garman: World's Greatest Lover", ジャスティン・ハーベイ(ThePhatPhree)によるインタビュー。
  4. ^ "Ginger Lynn Allen", フレッド・ベルディン「All Movie Guide」MTV.com onlineから。
  5. ^ "Charlie Sheen profile", 「E! Online」。
  6. ^ a b “Ginger Lynn bio at pooniesgingerlynn.com”. http://www.pooniesgingerlynn.com/bio.html 2007年12月25日閲覧。 
  7. ^ a b c d e “Past AVN Award Winners”. http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2007年11月29日閲覧。 
  8. ^ “XRCO Hall of Fame”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2007年11月29日閲覧。 
  9. ^ “XRCO past winners”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/oldies.html 2007年11月29日閲覧。 
  10. ^ AVN Hall of Fame” (英語). AVN Awards.com (2004年). 2009年6月11日閲覧。


外部リンク[編集]