研音グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社研音
KEN ON Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:106-0032
東京都港区六本木7丁目4番1号
設立 1979年10月
業種 サービス業
事業内容 芸能事務所
代表者 代表 野崎研一郎
資本金 1億6,000万円
従業員数 107名[要出典]
主要子会社 ケン企画
エムシーキャビン音楽出版
フォーティワン
関係する人物 野崎俊夫(創業者)
児玉英毅(前社長)
外部リンク www.ken-on.co.jp/
テンプレートを表示

研音グループ(けんおんグループ)は、芸能事務所研音」を中心とした計4社から成り立つ日本の企業グループである。日本を代表する大手芸能事務所の一つ。日本音楽事業者協会(音事協)に加盟している。

概要[編集]

  • 1974年(昭和49年)、浅野ゆう子が日本レコード大賞新人賞を受賞。
  • 1980年代以降、1981年(昭和56年)堀江淳「メモリーグラス」・増田恵子(ピンクレディ)「すずめ」のヒット、中森明菜が1985年(昭和60年)「ミ・アモーレ」/1986年(昭和61年)「DESIRE」で日本レコード大賞を2年連続受賞、同じく1986年(昭和61年)石井明美「CHA-CHA-CHA」(同年日本レコード大賞新人賞)のヒット等で、音楽を中心としたマネジメント会社としての基盤を固める。
  • 1980年代後半から俳優部門が急拡大。浅野ゆう子、唐沢寿明、山口智子、反町隆史、竹野内豊らトレンディドラマの主役級タレントを次々に輩出。
  • 音楽部門でも、平井堅the brilliant greenのヒットもあり、押しも押されもせぬ大手マネジメントグループとなる。2006年には絢香がブレイク。新人ながらアルバムセールス150万枚超を記録した。
  • キー局のテレビドラマのブッキングに強く、各民放局のゴールデンタイムのドラマにおいて主演クラスの占有率が非常に高い。2010年代に入ってもその勢いは衰えず、研音所属の俳優又は女優がキー局連続ドラマの主役に誰もキャスティングされなかったのは、わずか1クール(2012年1月期)のみである。(2014年1月期時点)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメントワーナーミュージックエイベックス等と親交が深い[1]
  • 研音グループでは芸能活動をする人物は、歌手だけでなく俳優も「アーティスト」と呼び、歌手のみを指す場合は「ミュージシャン」と呼ぶ。
  • 2007年(平成19年)、未来のスター育成を目的とした小中学生対象のセクション「けんおん。」を設立した。
  • 他の芸能事務所で売れたタレントを引き抜く事も多い。天海・菅野・榮倉などは転籍組である。
  • 唐沢寿明の呼びかけで2001年(平成13年)から研音タレントの私物を出品しチャリティーオークションを行っている。落札金額全額を骨髄バンクへ寄付している[2]

グループ企業[編集]

  • 研音 - 芸能マネージメント。
  • ケン企画 - CM制作。
  • エムシーキャビン音楽出版 - 音楽出版
  • フォーティワン - 旧名:ラッド・ジャパン[3][4]。グッズ販売・ネット関連。

かつてのグループ企業[編集]

略歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 競艇専門紙で知られる究出版株式会社の楽事業部として設立。
  • 1974年(昭和49年)1月 - エムシーキャビン音楽出版を設立。
  • 1979年(昭和54年)10月 - 株式会社研音として法人化[5]
  • 1981年(昭和56年)7月 - ケン企画を設立。
  • 1983年(昭和58年) - ナイスウェーブを設立。
  • 1992年(平成4年)3月 - ラッド・ジャパンを設立。
  • 1997年(平成9年)9月 - レッドロックを設立。
  • 1999年(平成11年)6月
    • ピンナップスアーティストを設立。
    • オフィストーク(1987年(昭和62年)5月設立)がグループ入り。
  • 2002年(平成14年) - 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとの合弁会社・株式会社ダブルスター設立。
  • 2002年(平成14年) - 研音がナイスウェーブを吸収合併。
  • 2008年(平成20年)4月 - 研音がレッドロックを吸収合併。
  • 2009年(平成21年) - ピンナップスアーティストがグループを離脱。
  • 2012年(平成24年)4月 - ラッド・ジャパンがフォーティーワンに社名変更。

所属アーティスト[編集]

2014年4月1日 (火) 05:35 (UTC)現在。所属タレントの並びは公式サイトに準拠。なお、ミュージシャンについては、ソニー系をS、ワーナーをWと表記した。

女優[編集]

俳優[編集]

ミュージシャン[編集]

研音所属

業務提携(提携先)

Next Generation – 次世代スター[編集]

旧「けんおん。」[6]。主な所属者のみ記載。

過去に所属していたアーティスト[編集]

女性[編集]

男性[編集]

グループ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 主要取引先”. 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ “馬場俊英、骨髄バンク協力チャリティでファンに感謝”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年9月28日). オリジナル2011年7月23日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110723181739/http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/80452/full/ 2013年2月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d グループ沿革”. 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e profile.html”. 研音グループ. 2002年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。
  5. ^ 2013年現在も研音は研究出版の関連会社であり、研究出版は研音グループの印刷物やグッズの制作、マネージメント等に関わっている。出典:主要取引先”. 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。会社概要”. 研究出版. 2013年2月9日閲覧。
  6. ^ けんおん。”. 研音グループ. 2012年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]