日産・プレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレジデントPresident )は、かつて日産自動車が製造・販売していた高級セダンである。

1965年に初代モデルが発売され、以来2010年8月を以って4代目モデルが生産終了となる[1]まで、主に法人要人向けの最上級車として、45年間に渡り製造・販売された。

概要[編集]

主に法人向け・ハイヤー向けの大型乗用車であり、日産自動車のフラッグシップモデルであった。主に日本国内における公用車社用車などとしての使用が想定されており、トヨタ自動車の「センチュリー」が競合モデルとなっていた。ただし1980年代後半から東南アジア地域のごく一部(香港・シンガポールなど)で輸出販売をしていた。

専用のボディと機構を持っていた初代、2代目モデルに対して、1990年(平成2年)に発売された3代目モデルは『インフィニティQ45(初代)』、2003年(平成15年)に発売された4代目モデルは、『シーマ(4代目) / インフィニティQ45(3代目)』の、それぞれ派生モデルとなっていた。4代目モデルが最新の安全基準を満たさなくなったことを機に、2010年(平成22年)8月をもって生産を終了した[1]

歴史[編集]

日産・プレジデント(2代目)
250型前期
Nissan President (1982).JPG
250型後期
Nissan President Sovereign V8E VIP left front.jpg
リア(250型後期)
Nissan President Sovereian V8E VIP 02.jpg
販売期間 1965年 - 1990年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン Y40型 4.0L V8 OHV 180PS
H30型 3.0L 直6 OHV 125PS
変速機 3速コラムAT
駆動方式 FR
サスペンション 前: ダブルウィッシュボーン式
後: リーフ式
全長 5,045mm,5,280mm
全幅 1,795mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,600kg(タイプA)
-自動車のスペック表-
  • 1965年10月21日 - 150型プレジデント発売。セドリック・スペシャル(50型、1963年2月登場)の後継車種であり、当時の国産乗用車の中で車体、エンジン共に最大サイズであった。同時代のアメリカ製大型乗用車と軌を一にする水平基調のコンフォータブルなデザインは、元々2代目セドリック130型用に日産社内デザイナーが計画していたもので、2代目セドリックが会社上層部の意向によりピニンファリーナによる欧州風デザインに差し替えられてしまったため、サイズ拡大のリデザインを受けてプレジデントに転用されたものである。搭載エンジンはY40型V型8気筒OHV3,988ccとH30型直列6気筒OHV2,974ccの2種類。グレードはタイプA・B・C・Dの4段階でタイプDが最高級仕様となり、その価格は300万円という、当時としては突出した高額[2]であった。タイプA・BにH30型、タイプC・DにY40型エンジンが搭載され、Y40型搭載車にはフロントホイールアーチ後部、及びトランクリッド後端に「V8」のエンブレムが付加されていた。フェンダーミラーの調節機能には国産市販車初の電動リモコン式が採用された。また、当時の佐藤栄作首相の公用車としても納入された[3]。販売台数はセンチュリーの倍近くを記録した。
  • 1973年8月29日 - 250型プレジデント発売開始。当時の資料ではフルモデルチェンジと銘打たれてはいるが、基本の車台とキャビン部のエクステリアデザイン等はほぼ不変[4]であり、実際はフルモデルチェンジと言うよりも「ビッグマイナーチェンジ」に近い状態である。変更点はフロントマスクとリアエンドを中心とした大幅なデザインの変更と全長の200mm以上の延長により、より一層アメリカン色を強めた、派手で押し出しの強い即物的スタイリングとなった。また全長延長分のそのほとんどは150型時代に不評だったトランクルーム容量の拡大に費やされ、結果リアオーバーハングの増大へとつながっている。搭載エンジンはY44型V型8気筒OHV4,414cc[5]と、150型から引き継いだH30型直列6気筒OHV2,974ccの2種類で、グレードはタイプA・B・Dの3段階となり、このうちY44型搭載車はタイプDのみとなった。
  • 1975年4月 - マイナーチェンジ。昭和50年排出ガス規制適合。型式は当初昭和50年排出ガス規制適合も単にH250型だったが制度変更によりA-H250型となる。搭載エンジンがEGI化されたY44E型エンジン1種類のみとなり、グレード構成もタイプD1種類のみで装備の組合せで9段階となる。日産車初のデジタル時計(ドラム式)を装備。外観も「V8」エンブレムが「V8E」に変更、後部に「NAPS」エンブレム追加により「PRESIDENT」エンブレムが右側から左側に移設した程度にとどまる。
    • 12月 - 一部改良。トランクリッドハンドル新設。
  • 1976年7月 - マイナーチェンジ。昭和51年排出ガス規制適合。型式がC-H251型となる。
  • 1977年8月 - マイナーチェンジ。最高級グレード「ソブリン」追加。昭和53年排出ガス規制適合により型式がE-H252型となる。
  • 1980年3月 - 一部改良。カセット付AM/FMマルチラジオ、子時計追加。
  • 1982年11月 - マイナーチェンジ。ラジエータグリルの意匠変更、角型4灯ヘッドランプの採用の他、内装ではインストゥルメンタルパネルを一新。ガソリンタンクの容量を75L→95Lへと拡大し、リアサスペンションをパナールロッド付4リンク+コイルスプリングに変更[6]。その他、装備・仕様を向上。
  • 1984年6月 - 一部改良。トランクロックシステムをキーを左に回しておくと室内から開かないように変更、パワーウインドーにロックスイッチ追加。
    • 12月 - 一部改良。
  • 1985年1月 - 「ソブリン」を超える最高級グレード「ソブリンVIP」追加。
  • 1986年3月 - 一部改良。フェンダーミラーの大型化、後席可動式ヘッドレスト追加。「NISSAN」エンブレムの書体変更。
  • 1988年11月 - 一部改良。タイプD、タイプCのホィールカバーをソブリンと同一のものに変更。
  • 1989年3月 - シフトロック追加。
  • 1990年1月 - カタログ等のエンジン出力表示をネット表示に変更。

3代目(1990年 - 2002年)[編集]

日産・プレジデント(3代目)
前期型。ベースグレード
Nissan President 1990.JPG
前期型。JS
PresidentJS.jpg
販売期間 1990年 - 2002年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン VH45DE型 4.5L V8 270PS
変速機 4速AT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 油圧アクティブサスペンション/独立懸架マルチリンク式
後: 油圧アクティブサスペンション/独立懸架マルチリンク式
全長 5,225mm, JSタイプ 5,075mm
全幅 1,830mm
全高 1,425mm
ホイールベース 3,030mm, JSタイプ 2,880mm
車両重量 約2,040kg(ソブリン)
-自動車のスペック表-

JG50型から生産工場が日産の栃木工場へ移管。グレードは発売当初は油圧アクティブサスペンションを装着したベースグレードのみが用意されるモノグレード。前年の1989年11月に登場した「インフィニティQ45(G50型)」をベースに、ホイールベースを延長、ラジエータグリルを持つ専用フロントマスクとされ、インフィニティQ45の上級車種として設定。搭載エンジンはVH45DE型V型8気筒DOHC4,494cc。インフィニティQ45と同エンジンであるが、法人向けとしての性格上、特性が変更されている。海外輸出は、香港・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアへ向けられ、グレードは何れも「ソブリン」であった。香港地域における中文は「日産首領」である。

  • 1989年10月 - JG50型プレジデントを東京モーターショーに出展。
  • 1990年10月 - JG50型にフルモデルチェンジ。
  • 1992年2月 - グレード追加。新たに油圧アクティブサスペンションのV仕様、マルチリンクサスペンションのD仕様が用意された。さらに、公用・社用車ではなく個人購買層を意識し、インフィニティQ45と同じホイールベースを持つ「プレジデントJS(PG50型)」が登場。
  • 1993年 - オーテックジャパンの手による「ロイヤルリムジン」が追加。生産は高田工業が受託していた。
    • 4月 - 左側後部座席用のエアバッグ装着車を設定。これは助手席の背面にエアバッグシステムを装着し、後部座席の搭乗者を助けるというもの。その為、助手席シートはスライド量が少なくなり、リクライニング機能もなくなる。同時に助手席エアバッグもオプション設定されたが、後席エアバッグとの同時装着はできなかった。
  • 1994年5月 - マイナーチェンジ。外観ではフォグライトやメッキモールの採用、フロントグリルやリヤコンビネーションランプの意匠変更が主な変更。また、内装では新たに木目調パネルが採用された。250型に設定されていた最高級グレード「ソブリン」が復活。V仕様は廃止され、D仕様はタイプDに名称変更された。
  • 1998年12月 - マイナーチェンジ。各メッキパーツの手直しが行われ、キセノンヘッドランプが装備された。ナビゲーションシステムも刷新され、コンパスリンク対応のマルチAVシステムとなった。(オプション設定)また、後席エアバッグが廃止され、代わりにY33型シーマにも採用されていた後席サイドエアバッグを全車標準装備とした。

前期、中期、後期問わず、コノリーレザー仕様のオプションが存在した

  • 2002年12月 - JG50型、PG50型生産終了。1年弱の間、一度絶版となる。

4代目(2003年 - 2010年)[編集]

日産・プレジデント(4代目)
前期型(2003年10月-2009年1月)
Nissanpresident.jpg
後期型(2009年1月-2010年8月)
2009 NISSAN PRESIDENT.jpg
販売期間 2003年 - 2010年
乗車定員 4-5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン VK45DE型 4.5L V8 280PS
変速機 5AT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 独立懸架ストラット式
後: 独立懸架マルチリンク式
全長 5,060mm
全幅 1,845mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,870mm
車両重量 1,890kg
-自動車のスペック表-

2年前の2001年1月に登場した「シーマ(F50型)」とコンポーネンツを同一とする上級車種として登場。搭載エンジンもシーマと同様のVK45DEV型8気筒DOHC4,494cc(280PS)を搭載する。外見上の違いとしてはフロントグリル、フードマスコット、リアのナンバープレート位置など。目に見えない相違点としては遮音材が厚くなっており、静音性が向上している。

グレードは「ソブリン5人乗り」と「ソブリン4人乗り」の2種類のみ。4人乗りにはセダンとしては初めて助手席格納シートが装備された(5人乗りにもオプション設定)。また、後席VIPパックとしてバイブレーター付きリラックスシート、後席テーブル、後席乗降グリップがセットで装備される。このような装備の差で4人乗りは5人乗りより約100万円高い。

後席モニター(アームレストにはビデオ入力装備)、後席DVDプレーヤー、BOSEサウンドシステム(8スピーカー)、後席コントロールスイッチなど他の車でオプション設定される様な装備が全て標準装備されている。後席VIPパック装着車は後席を優先したものなので、助手席パワーオットマン機構や助手席アクティブヘッドレストは装備されない。「ソブリン」エンブレムは先代から唯一流用されたパーツであり、フェンダーにグレードエンブレムが装備される日本車は、近年のモデルではプレジデントのみである。

  • 2003年10月 - PGF50型にフルモデルチェンジし再登場。
  • 2008年2月 - シーマとともにマイナーチェンジ。標準装備のナビゲーションがカーウイングス対応になる。また、エクストレイル・フーガ・シーマにも採用されたスクラッチシールド塗装を採用。リアコーナーピローが復活したが、カタログ写真等は使いまわしのため、映っているものとそうでないものが混在する。
  • 2009年1月14日 - 一部改良。シーマと同様にフードオーナメントが隆起タイプから埋め込みタイプに変更される。
  • 2010年8月 - 共通の車台を用いている高級セダンのシーマとともに製造終了し、Webカタログからも削除。衝突時の安全基準に適合しなくなる為、その安全基準に適合させる開発を進めるには販売台数が足りないためである。この結果、日本国内で販売される日産の8気筒エンジン搭載車、自社製ゲート式トランスミッション搭載車[7]、全長5メートル超の乗用車が消滅した。

販売終了時両車種とも後継車はなく[1]、日産は日本国内における日産のフラッグシップをフーガ(2代目・Y51型)に、法人向け大型高級乗用車をエルグランド(3代目)VIPに集約される予定であったとされる[8][9]。後にこの予定は変更され、2012年に5代目シーマ(HGY51型)が事実上プレジデントを引き継ぐフラッグシップとなった。

車名の由来[編集]

英語で「大統領」「総裁」「頭取」「社長」「統率者」のといった日本の政治経済を動かす者が乗るのにふさわしい車といった意味を込めて命名された。

日本国外での実績[編集]

トヨタ・センチュリー同様日本国内専用車として販売してきたが、初代後半から2代目以降より日本の近隣諸国への輸出が目立つようになる。香港・タイ・マレーシア・シンガポール等、左側通行/右ハンドル方式を採用している国への販売もある。オセアニアへの輸出もあるが、日本からの中古という名目である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日産:「バブル期の象徴」シーマ生産を8月に終了 プレジデントも 『毎日新聞』 2010年5月26日
  2. ^ プレジデント発売当時(1965年10月)のトヨタの乗用車最高価格車は、VG10型クラウン・エイトの165万円。
  3. ^ 佐藤はこれに先立ち、クラウン・エイトを公用車に使用していた。この頃から日本の政治家・財界人の多くが、大型化しすぎたアメリカ車に代わって、プレジデントか、クラウン・エイトの後継モデルであるトヨタ・センチュリーを移動に用いるようになり、黒塗りボディに後部座席のレースカーテンという出で立ちの両車が、東京都心の官庁街・料亭前などを徘徊するようになった。
  4. ^ 前後サスペンション、ホイールベース、サイドシル部、前後ドアパネル、前後ドアサッシュ、ルーフ、ガラス全般、インストメントパネル等は150型と同一。大型車はサイズにゆとりがあるため、オーバーハング部分の延長・改装による大胆なリデザインは比較的容易である。一例を挙げればフォード・モーターリンカーン1961年から1968年まで、キャビンは殆どそのまま、前後オーバーハングを年々延長・改装して毎年のデザインチェンジに対処していた。
  5. ^ Y44型をベースにボブ・シャープの手によってチューンされたエンジンがIMSAに出場したDatsun、280ZXに搭載されたことがある。それ以前に市販のZにY型エンジンを搭載する案もあったが、実現に至っていない。
  6. ^ このリアサスペンションの一新で最低地上高が増え、試作車の段階で当時日産の会長であったワンマン経営者・川又克二から、「(後席へ)乗降しづらくなった」とクレームが付き、技術陣は総力を挙げて改良、マイナーチェンジ後の最低地上高を10mm増に抑えたという逸話がある。
  7. ^ ゲート式トランスミッション車自体は、翌年の2011年6月にマツダからOEM供給を受けて発売されたラフェスタ(2代目)ハイウェイスターで復活した
  8. ^ モーターファン別冊 ニューモデル速報 第434弾 『新型フーガのすべて』 三栄書房、2010年1月 ISBN 978-4-7796-0800-1
  9. ^ 2代目フーガは、発売当時からすでにフラッグシップを名乗っていた(その時点ではシーマ、プレジデントともまだ販売を続けていた)。事実、5代目シーマは型番が示すようにY51型のハイブリッドモデルである

関連項目[編集]

外部リンク[編集]