プリンス・スカイウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリンス・スカイウェイSKYWAY )は、プリンス自動車工業がかつて生産していた商用車(ライトバンおよびピックアップ)である。

概要[編集]

1957年に登場した初代スカイライン(ALSI型)及び2代目スカイライン(S50型)のバン(V51A-I型)として販売されていた。スカイラインの「山並みと青空を区切る稜線」に対して「航空路」を意味する洒落た名前を持つ。 エンジン機構そのものはスカイラインと同一であり、車名のみ分けられて販売されていた。

S50型スカイウェイは、現在では当たり前となった後ろ開き式のリアドアを初めて採用し、「高級商用車」としてのイメージを高めることに成功している。後のマイナーチェンジでスカイラインバンの名称となり、この名前は消滅した。

ちなみに、セダンとバンの名称が異なる例は、クラウンのバンがマスターライン、コロナのバンがコロナラインの名称で販売されるなど、同時期のトヨタ自動車でも見受けられる。

歴史[編集]

初代[編集]

1957年4月 - ALVG型発売。

  • 1959年10月 - ライトバンに直列4気筒OHV GB4型(1,862cc 91仏馬力)を搭載。
  • 1960年 - マイナーチェンジによりALVG-2型となる。
  • 1962年10月 - マイナーチェンジにより、フロントの造形がS21型スカイラインと同様になる。ピックアップに直列4気筒OHV G2型(1,862cc)を搭載。ライトバンはBLVG-2型となる。

2代目[編集]

1963年(昭和38年)9月 V51A-I型登場。S50型スカイラインのライトバン仕様となり、ピックアップはラインナップされなかった。スカイライン同様G1型直列4気筒OHV1,484ccエンジンを搭載し、4万kmまたは2年間保障の封印エンジンや、1年間3万km無給油シャシーとされた。1966年(昭和41年)10月のスカイラインのマイナーチェンジで「スカイライン・バン」となった。

その際に、スタンダードは「V51A-2型」、新規追加のデラックスは「V51B-2型」として分けられた。

デラックスの内外装はセダン・デラックスS50D型や、エステートW50A型に準じたが、バンパーのオーバーライダーは省略されていた。

1967年(昭和42年)8月、セダンS57D型追加と同時に最後のマイナー・チェンジが行われ、V51A-3型/V51B-3型となった。フェンダー方向指示器が丸形から長方形となり、カタログ上の車名もセダンと同様に「ニッサン・プリンス・スカイライン・バン」と改められた。(車検証上の車名は「プリンス」のまま。)

関連項目[編集]