長方形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長方形(ちょうほうけい)、矩形(くけい)(: rectangle)は、4つの角がすべて等しい四角形である。4つの角はすべて直角となる。

長方形
長さ5、幅4の長方形

この定義により、長方形の向かい合う2辺は長さが等しくなる。すなわち、長方形は平行四辺形である。正方形は長方形の特殊な形で、4つの辺がすべて等しい長さの四角形である。つまり、正方形は長方形であり菱形である。口語で長方形といえば正方形ではない長方形を指すことが多い。

長方形の2組の向かい合う辺のうち、長いほうの長さを長方形の長さ、短いほうを長方形の幅と呼ぶ。長方形の面積A\,は長さx\,と幅y\,によって求められる。記号で書くと、A=xy\,である。例えば、長さが5、幅が4の長方形の面積は、5×4=20となる。右の図を参照。

微積分学では、リーマン積分は長方形の幅を極限まで小さくしたときの面積の和として求められる。

2つの連続する自然数になるような数を長方形数または矩形数という。

外部リンク[編集]