十九角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正十九角形

十九角形(じゅうきゅうかくけい、じゅうきゅうかっけい、Enneadecagon、enneakaidecagon や nonadecagon とも)は、多角形の一つで、19本のと19個の頂点を持つ図形である。内角は3060°で、対角線の本数は152本である。

正十九角形においては、中心角外角は18.947…°で、内角は161.052…°となる。一辺の長さが a の正十九角形の面積 S

S = \frac{19}{4}a^2 \cot \frac{\pi}{19} \simeq 28.4652a^2

で、外接円の半径 R

 R=\frac{a}{2} \csc \frac{\pi}{19} \simeq 3.037767a

で与えられる。正十九角形は定規コンパスによる作図が不可能な図形である。

外部リンク[編集]