日産・オースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オースターAUSTER )は、1977年から1990年まで日産自動車で生産されていた乗用車バイオレットスタンザ姉妹車である。販売ネットワークは日産チェリー店(パルサー販売会社)。

歴史[編集]

初代 A10型系(1977年 - 1981年)[編集]

日産・オースター(初代)
A10型系
ワゴン(北米仕様)
Datsun510wagon.jpg
販売期間 1977年5月 - 1981年6月
デザイン 山下敏男
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
3ドアハッチバッククーペ
5ドアハッチバックセダン
5ドアバン
(国内のみ)
5ドアステーションワゴン
(海外のみ)
エンジン 直4 1.8/1.6/1.4Lガソリン
変速機 3速AT
5速MT / 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:4リンクリジッド
全長 4,260mm
全幅 1,600mm
全高 1,350mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 970kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル クーペ 1600CS-E・L 4速MT(前期型)
-自動車のスペック表-
  • 1977年5月20日 - 登場。当初の車名は「バイオレットオースター」。姉妹車のバイオレット(日産店扱い)がファミリーカー、3ヶ月遅れて登場したスタンザ(日産サニー店扱い)が小さな高級車という位置づけだったのに対してスポーティな若者向けの車として位置づけられた。ボディは4ドアセダンと「マルチクーペ」と称する3ドアハッチバッククーペ、そして5ドアバンの3種類があり、マルチクーペのボディカラーには鮮やかなが設定された。エンジンはOHV1,400cc(A14)とSOHC1,600cc(L16)。
  • 1978年4月 - マイナーチェンジ。53年排出ガス規制対応でA11型車となる。エンジンがL16S、L16EからZ16S、Z16Eに変更。車名も「オースター」となる。外観上の違いはオーナメント類の記号が「V」から「A」となる。
  • 1979年6月 - マイナーチェンジ/全車フォグランプ内蔵の角目2灯式ヘッドライトに変更されると同時に内装では6連メーター(タコメータ・油圧/電圧計装備)/1,400ccが廃止されて1,800cc(Z18/Z18E・SOHCツインプラグ)が登場した。
  • 1979年8月 - バンが54年排出ガス規制に対応。VA11型車となる。
  • 1980年4月 - 姉妹車のスタンザ・リゾートに準じた5ドアハッチバックを追加。セダンに「1800 CS」を追加。


2代目 T11型系(1981年 - 1985年)[編集]

日産・オースターJX(2代目)
T11型系
スタンザ 4ドアセダン(北米仕様・前期型)
Nissan Stanza cropped version.jpg
販売期間 1981年6月 - 1985年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
3ドアハッチバック
エンジン 直4 1.8/1.6Lガソリン
変速機 3速AT / 5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ストラット
全長 4,340mm
全幅 1,665mm
全高 1,365mm
ホイールベース 2,470mm
車両重量 950kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル 3ドアハッチバック GT-ES 5速MT(前期型)
-自動車のスペック表-
  • 1981年6月 - 登場。姉妹車のバイオレット/スタンザ同様FF化され、4ドアセダンと3ドアハッチバックが設定された。ハッチバックはクーペスタイルだった先代と異なり実用性、スポーツ性の強いモデルとなった。正式車名は「オースターJX」。「JX」とは「Jump X」の略である。エンジンは新開発のCA型を搭載し、排気量は1,600ccと1,800cc。前期型は空力に優れたモダンなデザインのフロントマスクを持つ。
    • 10月 - 1600CS-X追加。
  • 1983年6月 - マイナーチェンジ。フロント部分をスクエア基調(角ばった)のデザインに修正し、スタンザとボディパネルを共通化するなど大幅変更となった。カタログ上サブネームの「JX」が小さな表記となる。
    • 11月 - 特別仕様車GS-Xエクストラ発売。
  • 1984年5月 - 1600GS、1800GS-L スーパーサルーン追加。


3代目 T12型系(1985年 - 1990年)[編集]

日産・オースター(3代目)
T12型系
スタンザ 4ドアセダン(北米仕様)
2nd-Nissan-Stanza.jpg
ブルーバード 5ドアハッチバック(欧州仕様)
Nissan Bluebird rear 20071112.jpg
販売期間 1985年10月 - 1990年2月
デザイン 山下敏男
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアハッチバック
エンジン 直4 1.8/1.6Lガソリン
変速機 4速AT / 5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ストラット
全長 4,515mm
全幅 1,690mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,230kg
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク
データモデル 1.8Xtt TWINCAM TURBO
5速MT(前期型)
別名 日産・ブルーバード(欧州)
日産・スタンザ(北米)
-自動車のスペック表-
  • 1985年10月 - 登場。車名が再び「オースター」となる。U11型ブルーバードのプラットフォームおよび基本コンポーネントを流用し、ヨーロッパ向けは「ブルーバード」、北米では「スタンザ」、中東では「リベルタ」の名で販売された。同社の910型ブルーバードやU11型ブルーバード、果てはB12型サニーに通じる直線基調のエクステリアデザインとなる。当初4ドアセダンのみだったが、翌年に5ドアハッチバックが追加。エンジンは1,600ccSOHC電子制御シングルキャブレター(CA16S)「1.6Vc」「1.6Mc」、1,800ccSOHCシングルポイントインジェクション(CA18i)「1.8Vi」「1.8Mi」「1.8Xi」、同SOHCターボ(CA18ET)「1.8Xt」、同DOHC16バルブターボ(CA18DET)「1.8Xtt TWINCAM TURBO」。先代、先々代から一転しスポーツ性を強調したキャラクターとなった。「ユーロフォルマ」と称するエアロパーツ装着車が、SOHC(CA18i)「1.8Siユーロフォルマ」、DOHCターボ(CA18DET)「1.8Rttユーロフォルマ TWINCAM TURBO」に設定された。4ドアセダンのトップグレードである「1.8Xtt TWINCAM TURBO」にのみ、メーカーオプションで超音波路面ソナーを用いた電子制御サスペンション「スーパーソニックサスペンション」を設定。
  • 1986年6月 - 同時にフルモデルチェンジした4ドアセダンのみのスタンザとの差別化を図るため「ユーロハッチ」と称する5ドアハッチバックが追加。CA18iを搭載する「TYPE I」とCA18DETを搭載する「TYPE II」の2グレード。5速MTのみの設定だった4ドアセダンの「1.8Rttユーロフォルマ TWINCAM TURBO」、「1.8Xtt TWINCAM TURBO」にオーバードライブ付4速オートマチック仕様が追加。
  • 1987年2月 - 特別仕様車Xiブリティッシュ発売。
  • 1988年1月 - マイナーチェンジ。4ドアセダン、ユーロハッチ共にバンパーがスマートな形状となり、全長が若干短くなった(例としてT12型オースター4ドアセダンの場合、前期型の全長は4,515mm、後期型の全長は4,460mmと、前期型に比較して55mm短縮されている)。CA18ET型ターボエンジンを搭載するグレード「1.8Xt」のエンジンがCA18DE型DOHC16バルブエンジンに差し替えられグレード名が「1.8Xt TWINCAM」となる。当時の国産車として初のバスレフ式フロントドアスピーカーが採用されていた(但し、最廉価グレードの「1.6VC」を除く。また「1.6VC」にはタコメーターが標準で装備されておらず、代わりに大型のアナログ時計が標準装備となる)。
  • 1990年2月、販売終了。同時期に登場したプリメーラが、オースター・スタンザの実質上の後継車となる。


車名の由来[編集]

  • オースターとは英語で「南の風」という意味である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]