日産・キャブスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャブスターCabstar )は日産自動車がかつて製造していた小型トラックバンである。かつてはダットサンブランドで売られていた。

歴史[編集]

初代(A320型系、1968年-1976年)[編集]

2代目(F20型系、1976年-1982年)[編集]

F20形系 キャブスター
  • 1976年1月 F20型系登場。ホーマーと兄弟車に。同時にライトバンが廃止され、トラックのみの構成となる。
  • 1977年11月 長尺スチール製高床車追加及び一部改良。
  • 1978年4月 マイナーチェンジ。
  • 1978年10月 1.0t積み低平床車(スーパーロー)追加。
  • 1979年9月 54年排出ガス規制対応及びマイナーチェンジ。型式がF21型系車となる。モデルプレートが現行車種で採用されている様式に変更。
  • 1982年2月、ホーマーとの統合により車名をアトラスに変更し、F22型系にモデルチェンジ。


備考[編集]

  • 1950年代中頃から、日産ブランドでキャブスターという名のキャブオーバー大型バス(E590型系)が存在した。混乱を避けるためか、1969年ごろにこの名称は消滅。
  • 現在でもアトラスの輸出名としてキャブスターの名称が使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 「日産自動車社史1964-1973」(1970年12月26日発行)P123

関連項目[編集]