日産・キャブオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャブオールCaball )は日産自動車がかつて製造していた中型・小型トラックである。警察用車両や消防車など、特装車のベースとしても多く用いられた。

歴史[編集]

初代(1957年-1966年)[編集]

2代目(1966年-1976年)[編集]

C240型系キャブオール(タイ)
  • 1966年8月 フルモデルチェンジ。2代目(C240型系)となる。このモデルからヘッドライトが4灯となった

3代目(1976年-1981年)[編集]

  • 1976年5月 フルモデルチェンジ。3代目(C340型系)となる。キャブは2代目のキャリーオーバーとなるが、全体的に丸みを持たせたデザインに改められ、三角窓が廃止された。このモデルからクリッパーとの姉妹車となった。3代目よりバンが廃止され、トラック系のみとなる。
  • 1981年12月 クリッパーとともに、新型トラック『アトラス』への統合を機に生産終了。

関連項目[編集]