ダットサン・フェアレディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダットサン・フェアレディは、日産自動車が製造し、ダットサンブランドで販売したスポーツカーフェアレディZの源流である。

本稿では前身モデルであるダットサン・スポーツ DC-3、ダットサン・スポーツ1000についても述べる。

歴史[編集]

ダットサン・スポーツ DC-3(1952年-1954年)[編集]

ダットサン・スポーツ DC-3
Datsun Sports DC3 001.JPG
販売期間 1952年 - 1954年
デザイン 太田祐一
乗車定員 4人
ボディタイプ コンバーチブル
エンジン 直列4気筒 860cc SV
変速機 3速MT
駆動方式 FR
サスペンション 4輪半楕円リーフ
全長 3,510mm
全幅 1,360mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,150mm
車両重量 750kg
ブレーキ 4輪ドラム
最高速度 80km/h
後継 ダットサン・スポーツ1000
(S210型)
-自動車のスペック表-

1952年1月、発売。

ダットサン・フェアレディの源流となるロードスターモデル。直列4気筒 860ccのSVエンジンを搭載。

太田祐一によるデザインは、バルクヘッド以前をダットサン・トラックセダンの意匠と揃えている。

北米で成功を収めていた、イギリスMGTシリーズを目標としていたが、ハンドリングや動力性能では、より旧式のJシリーズにも及ばなかった。

1954年、製造終了。50台の少量生産にとどまった。

初代 S210型系(1959年-1962年)[編集]

ダットサン・スポーツ1000
ダットサン・フェアレデー(初代)
S210型/S212型
ダットサン・スポーツ1000
Datsun S211 001.JPG
ダットサン・フェアレデー1200
SPL212.jpg
販売期間 1959年
1960年 - 1962年
乗車定員 4人
ボディタイプ コンバーチブル
エンジン 直列4気筒 1.0/1.2L
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 4輪半楕円リーフ+リジッド
全長 3,936/4,025mm
全幅 1,472/1,475mm
全高 1,407/1,365mm
ホイールベース 2,220mm
車両重量 765/890kg
ブレーキ 4輪ドラム
最高速度 115/132km/h
先代 ダットサン・スポーツDC-3
-自動車のスペック表-

ダットサン・スポーツ1000[編集]

S211型

  • 1957年11月 - 自動車展示会でダットサン・スポーツ1000発表。当初は国内販売も計画されていた。
  • 1958年10月 - 東京モーターショーに生産型を出品。ボディーは当時新素材として日本でも流行していたFRP製で、4座のオープンモデルとされた。シャシダットサン・トラック/セダン211型(ブルーバードの前身)のラダーフレームの流用である。エンジンはOHV988ccのC型で、トラック、セダンと同様であるが、ツーバレル式キャブレターの装着で34馬力(25.35kW)/6.59kgm(64.7Nm)を発揮し、最高速度は115km/hと発表された。
  • 1959年6月 - 生産開始。
  • 1960年 - ボディーサイドにめっきモールが配され、モールを境にしたツートーンカラーとなる。前年からの総生産台数はわずか20台で右ハンドル車のみ。ほとんどが1960年モデルとして北米でテスト販売された。

Datsun S211 002.JPGDatsun S211 003.JPG
ダットサン・スポーツ1000(内装・リアビュー)

ダットサン・フェアレデー1200[編集]

SPL212 / SPL213型

  • 1960年1月 - 「フェアレデー1200」発表。
    フェアレディの名を冠した(ただし当時の表記は「フェアレデー」であった)最初の車は、このSPL212型である。車名はミュージカルマイ・フェア・レディ」に由来するもので、当時の日産の社長、川又克二が前年に渡米した際、ブロードウェーでの同ミュージカルの観覧で感銘を受けたことからの命名。型式記号はそれぞれ、「S」が「スポーツ」、「P」が「パワーアップ版」、「L」が「レフトハンドドライブ(左ハンドル)」を表す。数字の百の位の「2」は第二世代の意味であるが、この場合はダットサンセダン210型の派生車であることからそれに揃えた型式となっている。十の位は、奇数が乗用、偶数が貨物用(トラックシャーシ流用のバスも偶数)で、「1」と「2」が小型の「ダットサン」、「3」、「4」以上が「ニッサン」となる。ダットサンスポーツの場合は「小型乗用」なので「1」となる。一の位は、「0」を基本型として改良された回数を表しており、SPL212の場合は、2回目のマイナーチェンジモデルということになる。
    この212と次の213は北米専売モデルの扱いであり、左ハンドルのみの生産であったが、日本国内でも少数がそのまま販売された。
    生産性を考慮し、ボディーは一般的なスチール製としたがシャシに大きな変更は無く、4輪リーフリジッドのままであった。なおダットサントラックのフロントサスペンションは、セダンやフェアレデーに先駆けてダブルウイッシュボーンと縦置きトーションバー・スプリングによる独立式となっている。
    エンジンは、ブルーバードにも使われたOHV1,189ccのE型に変更され、ツーバレルキャブレターを装着し、48馬力/8.4kgmの出力を発揮、フロアシフトの4速トランスミッションを介し、最高速度は132km/hと発表された。
    自動車としての洗練度は英国製ライトウエイトスポーツカーに及ばなかったが、これらの改良により市場での競争力は着実に高まっていった。生産台数は288台。
  • 1960年10月 - エンジンは改良されたE1型となり、出力を60馬力/9.3kgmにアップ。当時アメリカの広告での価格は、新世代のシャシを使う310型ブルーバード4ドアセダンの$1,816に対し、$1,996となっている。
  • 1961年 - SPL213登場
  • 1962年 - 生産終了。生産台数は217台。

2代目 S310型系(1962年-1970年)[編集]

ダットサン・フェアレディ(2代目)
S310型
SP310型
1962 Datsun Fairlady 01.jpg
SP310型(リア)
1962 Datsun Fairlady 02.jpg
販売期間 1962年 - 1970年
デザイン 飯塚英博
乗車定員 3 / 2名
ボディタイプ コンバーチブル
エンジン 直列4気筒 2.0/1.6/1.5L
変速機 5速MT/4速MT
駆動方式 FR
サスペンション F:ウイッシュボーン
R:半楕円リーフ
全長 3,910mm
全幅 1,495mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,280mm
車両重量 910kg
ブレーキ F:ディスク
R:ドラム
最高速度 205km/h(フェアレディ2000)
後継 日産・フェアレディZ
-自動車のスペック表-

高速化を考慮して小径ホイール、低床フレームの採用で低重心化を図り、エンジンも連続高回転運転を考慮したものに変更された。

フェアレディ1500[編集]

SP310 / SPL310型

  • 1961年10月 - 東京モーターショーに「ダットサン・フェアレディ1500」として展示。シャ-シダットサン・トラックの流用であるが、前後のサスペンション支持部の間にX型の補強メンバーが追加され一段と剛性が高められた。このメンバーはシルビアを含むS310型系の大きな特徴でもある。
  • 1962年10月 - 輸出用のDATSUN 1500(SPL310)に加え、日本国内向けモデルのフェアレディ1500(SP310)発表。直列4気筒 G型エンジン(71馬力/5,000rpm)を搭載。
    左向きの後部座席が備わる3人乗りであった。
  • 1963年5月 - 「第1回日本グランプリ」国内スポーツカーB2クラス(1,300~2,500cc)にて輸出仕様キャブレターを搭載するフェアレディ1500(田原源一郎がドライブ)が優勝を飾る。
  • 1963年6月 - 日本GPでの活躍を受け、SUツインキャブを装着し出力が80馬力/5,600rpmへ向上。
  • 1964年3月 - レーシングキット発売。
  • 1964年8月 - マイナーチェンジで2シーターに変更。

フェアレディ1600[編集]

SP311 / SPL311型

  • 1965年5月 - 「フェアレディ1600」(SP311型)発売。直列4気筒OHV1,595cc、R型エンジン(90馬力/6,000rpm)を搭載。1か月前に発売された「シルビア」とエンジン、トランスミッション、シャシなどを同一とした。ブレーキやギアボックスも強化された。
  • 1966年3月 - 「第4回クラブマンレース」(日本グランプリの前座試合)に直列6気筒DOHC1,992cc、B680X型エンジン(190馬力/7,600rpm)を搭載するフェアレディSが参戦し、ポールポジションを獲得したがリタイア(優勝は同じく初参戦のトヨタ・RTX=後の1600GT)。またGT IIクラスでは、フェアレディ1600が優勝を飾る。
  • 1966年5月 - 第3回日本グランプリ予選において、プリンス・R380ポルシェ・カレラ6等の本格レーシングカーに対し、2位に14秒73の大差でポールポジションを獲得。決勝はリタイア。
  • 1966年11月 - 「第2回富士ツーリスト・トロフィー・レース」GT-I~Vクラスにて「フェアレディ1600」が総合6位、クラス優勝を飾る。

フェアレディ2000[編集]

SR311 / SRL311型

  • 1967年3月 - 「フェアレディ1600」に追加されるかたちで「フェアレディ2000」(SR311型)発売。
    ソレックスキャブレター2基を備えた新設計の直列4気筒SOHC1,982cc、U20型エンジン(145馬力/6,000rpm)と(『絶版日本車カタログ』三推社・講談社、39頁参照)、ポルシェタイプシンクロを持った5速トランスミッションを搭載。発表された最高速度は205km/hであり、国産初の200km/hオーバーカーとなり、高性能車としても注目を浴びる(『絶版日本車カタログ』三推社・講談社、39頁参照)。
    後に「フェアレディ」の完成形と賞賛されるモデルとなる。テレビコマーシャル杉山登志らが制作し、数々の賞を受賞した。
  • 1967年5月 - 「第4回日本グランプリ」GTクラスにてフェアレディ2000が1-2-3フィニッシュを飾る。
  • 1967年11月 - ウインドシールドスクリーンを高くし、日本車初のコラプシブルステアリングシャフトの採用、ダッシュパッドヘッドレストの追加、シートベルトの3点化、ドアハンドル、スイッチ、リアビューミラーなど突起物の変更で北米の安全基準(Motor Vehicle Safty Standard)に準拠。3月から10月までのモデルは「ローウインドスクリーン」、11月以降のものは「ハイウインドスクリーン」と呼ばれ、区別されている。
  • 1968年1月 - 第37回モンテカルロ・ラリーに、カーナンバー66(ハンヌ・ミッコラ / Anssi Jarvi組)と、同じく70(Jorma Lusenius / Vihervaara組)の2台の「ローウインドスクリーン」タイプのワークスSRL311で初出場。カーバッジはDATSUN 2000。FR車は圧倒的に不利と言われるモンテカルロで、カーナンバー66のミッコラ/ヤルヴィ組が総合9位、グループ3クラス3位を獲得する。
  • 1968年5月 - 「'68日本グランプリ」GTクラスにて「フェアレディ2000」が1-2-3フィニッシュを飾る。
  • 1968年7月 - SP/SRともにソフトトップを持たないハードトップモデルを追加。
  • 1968年8月 - 「第3回富士ツーリスト・トロフィー・レース」GTS-IIクラスにて「フェアレディ2000」が優勝を飾る。
  • 1968年11月 - ステアリングギアボックス、マフラーワイパーライセンスプレートランプテールランプなどを変更。
  • 1969年1月 - 第38回モンテカルロ・ラリーに出場。カーナンバー79(Raimo Kossila / Pertti Mannonen組)と、同44(Risto Virtapuro / Charles Lindholm組)の2台の「ハイウインドスクリーン」タイプのSRL311でエントリー。
  • 1969年10月 - 「第6回日本グランプリ」GTクラスにて「フェアレディ2000」が優勝を飾る。
  • 1969年 - 後継車種「フェアレディZ」を発表。
  • 1970年 - 生産終了。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]