日産・NXクーペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・NXクーペ
NXクーペ
Nissan-NX.jpg
販売期間 1990年 - 1994年
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア クーペ
エンジン GA15DS(FB13型)
GA16DE(EB13型)
SR18DE(HB13型)
変速機 5速MT
4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前後ストラット式
全長 4,140mm
全幅 1,680mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 970kg(1.5 タイプS・MT)
1,150kg(1.8 Tバールーフ・AT)
先代 日産・サニーRZ-1
後継 日産・ルキノ
-自動車のスペック表-

日産・NXクーペとは、日産自動車1990年から1994年まで製造販売していた自動車である。

概要[編集]

同時期に販売されていたサニーB13型(7代目)をベースにしたクーペタイプの乗用車で、トヨタ・サイノス同様、廉価でおしゃれな「セクレタリーカー」として開発された。

先代のサニークーペRZ-1とは打って変わり、カリフォルニア州サンディエゴの「日産デザインインターナショナル」(NDI)でスタイリングされた外観は、フェアレディZ(Z32)と共通のデザインテイストを持たせており、丸みを帯びたカジュアルなスタイリングと、へこんだオーバルシェイプのヘッドランプが特徴となった。

北米の女性をメインターゲットとして企画しており、日本ではサニーRZ-1の後継となったが、北米においては日産・エクサNissan Pulsar NX )の後継として位置づけられている。そのためエクサで人気のあったTバールーフをラインナップに設定している。一方で着脱式の「キャノピー」については、さほど人気がなかったため採用されなかった。正式名称は「日産・NXクーペ」だが、日本では「サニーNXクーペ」と呼ばれることが多かった。

エンジンは直列4気筒で、1,500ccと1,600ccはGA型、1,800ccと2,000ccはSR型で、仕向け地によってキャブレターまたはフューエルインジェクションが組み合わせれた。トランスミッションは5速マニュアルまたは4速オートマチック

販売[編集]

メインターゲットであった当時の日本の若者がスポーツ指向の強いクルマを求めていたため、上述の通り北米向けに企画された「NX」にはマッチせず、日本国内の販売は惨憺たる結果となる。一方でメインターゲットであるアメリカ合衆国では、そこそこ販売数が伸びたようである。またヨーロッパオーストラリアなどでも販売されており、それぞれ車名は北米向けがNX1600/NX2000、ヨーロッパ向けは100NX、そしてオーストラリア向けはNXであった。なお、事実上の後継車はルキノである。

日本国内仕様のボディカラーは8種類もの色がラインナップされたが、ほとんどのオーナーがメインカラーであるイエローを選択した。

広告[編集]

モーフィングという手法を使い、イエローのNXのコンピュータグラフィックスが変幻自在に曲がりくねるテレビCMが話題になった。CGはリズム&ヒューズ・スタジオによる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]