日産・フィガロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・フィガロ
フロント
Nissan FigaRo.jpg
リア
Nissan Figaro rear.jpg
販売期間 1991年 - 1992年
デザイン 古場田良郎
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア コンバーチブルクーペ
エンジン MA10ET型987cc直4 SOHCターボ
最高出力 76PS(56kW)/6,000rpm
最大トルク 10.8kgf·m(105.9N·m)/4,400rpm
変速機 3速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前: ストラット式
後: 4リンク+スタビライザー
全長 3,740mm
全幅 1,630mm
全高 1,365mm
ホイールベース 2,300mm
車両重量 810kg
ブレーキ 前: ベンチレーテッドディスク
後: リーディングトレーリング
-自動車のスペック表-

フィガロ (Figaro) は、日産自動車が1991年と1992年に販売していた乗用車である。

Be-1(1987年)、パオ(1989年)に続き、初代マーチ(K10型)をベースとした同社のパイクカー・シリーズの第3弾であった。

概要[編集]

レトロなデザインされた小型オープンカーであり、手動で開閉するトップや、本革シート[1]を備えていた。型式はFK10型で、乗車定員は4名、初代マーチ(K10型)をベースとしたパイクカーシリーズのなかでは唯一、ターボエンジン[2]を搭載していた。コンセプトは、「日常の中の非日常」であった。

1991年2月14日、限定2万台で発売され、同年8月末までに3回に分けて抽選するという販売方式がとられた。

新車販売は日本国内でのみ行われたが、諸外国[3]、特にイギリスでは広い人気を得、セレブリティ[4]のオーナーも現れた[5]。日本と同じ右ハンドルということもあり多くの中古車が輸入され、かつてのロンドンにはフィガロ専門の中古車店もあったという。

年表[編集]

車名の由来[編集]

モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に登場する、機知に富んだ主人公の男性の名前にちなむ。

参考文献[編集]

  • エンスーCARガイド「日産パオ&フィガロ&Be-1」 三樹書房 2008年9月初版 ISBN978-4-89522-517-5 C0075  

脚注[編集]

  1. ^ フロントシートのヘッドレスト下部、リアシート両サイドエッジ部分には、革同士の摩擦音防止のため、合成皮革が使用されている
  2. ^ マーチターボ2型(後期型)と同じSOHCターボエンジンである
  3. ^ 中央日報、2008年4月1日
  4. ^ エリック・クラプトンや、オアシスのノエル・ギャラガーなどが知られる(PDの思想委員会編 『プロダクトデザインの思想 <Vol.3>』 ラトルズ、2005年)
  5. ^ 坂井直樹のパイクカーの話
  6. ^ 高田工業(会社沿革)
  7. ^ 日産ミュージアム -時代の先端を象徴したマーチのパイクカー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]