日産・ラングレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラングレーLangley )は日産自動車がかつて製造していた小型自動車。通称スカイラインズ・ミニSkyline's Mini )。

概要[編集]

小型大衆車クラスのエントリーカーを日産プリンス系列の販売会社に設定するため、パルサーをベースにした姉妹車であった。プリンス系列の販売会社で扱うため、広告や車体デザインではスカイラインとの関連性を主張していた。後に車種統合でパルサーに統合された。

歴史[編集]

初代 N10型系(1980年 - 1982年)[編集]

日産・ラングレー(初代)
N10型系
販売期間 1980年6月 - 1982年6月
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアハッチバック
エンジン A14E型 1.4L 直4 EGI
A14型 1.4L 直4 キャブレター
E15E型 1.5L 直4 EGI
E15S型 1.5L 直4 キャブレター
変速機 3速AT / 5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:トレーリングアームコイル
全長 3,960mm
全幅 1,620mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,395mm
車両重量 860kg
データモデル X-E 1.4 EGI 5速MT(1980年)
販売店 日産プリンス(スカイライン販売会社)
-自動車のスペック表-
  • 1980年6月 - 新登場。キャッチフレーズは「愛のラングレー」。N10型パルサーをベースにフロント・テール周りの意匠を変えて設定された(ヘッドランプレンズはスカイラインより流用)。ボディバリエーションはパルサーとは異なり、3ドアハッチバックのみの設定であった。エンジンはA14型4気筒1.4L(80馬力)、A14EEGI4気筒1.4L(92馬力)のみであった。サスペンションは4輪独立懸架で、フロントがストラット・コイル、リアがトレーリングアーム・コイルであった。Type-Xには運転席からの各操作を容易にするための工夫が施されており、助手席を前に倒すレバーが助手席の背掛けの運転席側に設けられ、後席の三角窓の開閉はパーキングブレーキの後部に設置されたレバーにより操作できるよう運転手の利便性が考慮されていた。
  • 1981年3月 - マイナーチェンジでエンジンはE15Sキャブレター4気筒1.5L(85馬力)、E15E型EGI4気筒1.5L(95馬力)に変更された。このマイナーチェンジでAT車が新たに設定された。このATは日産内製のFF用新設計のものであった。5速マニュアル車のシフトパターンもヒューランドパターン(左下1速、左上リバース)から通常パターンに変更された。


2代目 N12型系(1982年 - 1986年)[編集]

日産・ラングレー(2代目)
N12型系
販売期間 1982年6月 - 1986年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 3 / 5ドアハッチバック
エンジン E15ET/E15E/E15S型 1.5L 直4
CD17型 ディーゼル1.7L 直4
変速機 3速AT
5速 / 4速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:トレーリングアームコイル
全長 3,975mm
全幅 1,620mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,415mm
車両重量 785kg
データモデル 3ドア タイプX 5速MT(1982年)
-自動車のスペック表-
  • 1982年6月 - 発売。キャッチフレーズは「ケンとメリーのスカイライン」を意識した「ポールとポーラの新ラングレー」。前モデルのN11型と同様、N12型パルサーの一部の意匠を変えたモデルであった。このモデルよりリベルタビラ姉妹車となった。パルサー/リベルタビラとの車体デザイン上の相違点はグリル・テールランプが異なる程度の僅かなものとなった。なお、N12型パルサーはB11型サニーと基本部分を共用していた。ボディバリエーションはパルサー/リベルタビラにあった4ドアセダンは設定されず、3/5ドアハッチバックのみであった。エンジンはE15S型キャブレター4気筒1.5L(85馬力)、E15E型EGI4気筒1.5L(95馬力)の設定であった。
  • 1983年5月 - E15ET型4気筒ターボ1.5L(115馬力)とCD17型1.7Lディーゼル(61馬力)が追加された。
  • 1984年5月 - マイナーチェンジが行われ、内外装の変更が行われた。
  • 1985年5月 - 「3ドア/5ドア1500Xエラン」、「3ドア1500タイプai」および「3ドア1500ホワイト・シルキー」を新設定した。また、ターボ車のターボチャージャーの冷却方式を水冷式に変更。


3代目 N13型系(1986年 - 1990年)[編集]

日産・ラングレー(3代目)
N13型系
4ドアセダン
1500 Type-X(前期型)
Nissan Langley N13 front.jpg
販売期間 1986年10月 - 1990年8月
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアハッチバック
4ドア セダン
エンジン CA16DE型 1.6L 直4
E15E→GA15E型 1.5L 直4
E15S→GA15S型 1.5L 直4
CD17型 ディーゼル1.7L 直4
変速機 4速/ 3速AT
5速 / 4速MT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:ストラットコイル
全長 4,035mm
全幅 1,655mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,030kg
データモデル 3ドア GTツインカム 5速MT(1987年)
後継 日産・パルサー(4代目)に統合
-自動車のスペック表-
  • 1986年10月 - 発売。キャッチフレーズは「スカイラインズ・ミニ」。CMには鈴木亜久里を起用した。N13型パルサー/エクサ/リベルタビラが姉妹車であった。ビスカスカップリングを用いたフルオートフルタイム4WD(当初パルサーに設定)などが評価され、姉妹車のパルサー/エクサ(EXA)/リベルタビラと共に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。ボディバリエーションは4ドアセダンと3ドアハッチバックで、リベルタビラとボディを共用していた。エンジンはE15S型キャブレター4気筒1.5L(73馬力)、E15E型EGI4気筒1.5L(82馬力)、CA16DEツインカム16バルブ4気筒1.6L(120馬力)、CD17型4気筒1.7Lディーゼル(55馬力)が設定された。後のマイナーチェンジで1.5LはGA15S型(85馬力)、GA15E型(97馬力)の各SOHC12バルブに変更された。また、CA16DE搭載車と1.5リッターEGIエンジン車には当時の日産車では限られた車種にしか付けられなかった「GT」のグレード名が与えられ、インパネ周りやステアリング等は当時のR31型スカイラインに酷似したデザインを採用している。今回から新設定されたセダンのリアデザインはスカイラインに酷似した丸型のテールランプで、スカイラインのイメージを更に強調した。尚、スカイラインのテールランプの発光部は中央が抜けたドーナツ型であるが、ラングレーは丸型全体が発光するものであった。ナンバープレートバンパー下に設置されている。
  • 1987年1月 - 4WDが追加された。この4WDシステムはセンターデフにビスカスカップリングを用いた画期的なシステムであった。
  • 1988年9月 - マイナーチェンジが行われ、1.5LのエンジンはGA15S型(85馬力)とGA15E型(97馬力)に換装され、SOHC12バルブ(1気筒あたり3バルブ)およびタイミングチェーン化された。内外装も変更される。
  • 1990年8月 - パルサーがN14型にフルモデルチェンジされると同時に販売終了。10年の歴史に幕を閉じた。


車名の由来[編集]

ラングレーは太陽密度の放射エネルギーを示す単位名である。単位名は航空学のラングレー博士の業績にちなんで付けられたものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]