日産・クルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・クルー
前部(2005年までのモデル)
Nissan Crew Daiichikoutsu.JPG
後部(2005年までのモデル)
Nissan Crew 002.JPG
側面(2005年までのモデル)
Hakodate Taxi Nissan Crew.jpg
販売期間 1993年 - 2009年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン RB20E 直6 1,998cc (130仏馬力/5,600rpm)
RD28 ディーゼル 直6 2,825cc (94仏馬力/4,800rpm)
→RD28E (100仏馬力/4,800rpm)
NA20P LPG 直4 1,998cc (82仏馬力/4,600rpm→85仏馬力/4,600rpm)
変速機 4速AT / 5速MT
駆動方式 FR
全長 4,595mm
全幅 1,695mm
全高 1,460mm
車両重量 1,290 - 1,575kg
-自動車のスペック表-
AT車の室内
ダッシュボード中央に料金メーターカーナビ、左に乗務員

クルーCREW )は、日産自動車が生産していたセダン。主にタクシーとして用いることを前提に設計されている。1994年 - 2002年には自家用向け仕様「クルー・サルーン」とパトカー仕様も発売されていた。

製造は日産車体

概要[編集]

シャーシは、タクシー専用モデルとして設定されていたC32型ローレル4ドアセダンのシャーシ(フロント)と、Y31型セドリック営業車のシャーシ(キャビン・リア)を組み合わせて、耐久性・信頼性・整備性を向上させ、運転席(右前)と左リアドアの前後寸法を5cm大きく取るなど、最初から小型タクシーとして使用することを前提とした設計となっている。

パトロールカー教習車としても使用されている。

設定されたグレードは上から順にGLX, GL, E-L、Eの4種類。主にE-L, Eが地方の法人タクシーで使われている。上級グレードのGL, GLXは主に個人タクシーで使われている。

1994年1月、自家用向けにクルー・サルーンが追加設定された(現在生産終了)。これは、大柄な車体、過剰な装備、直4エンジン、ATを良しとしないベテランドライバーを主なターゲットとしたものであり、RB20E型ガソリンエンジンと、RD28E型ディーゼルエンジンという、回転フィールと出力特性のバランスで評価の高かった2種の直6エンジンや、AT以外にフロアシフトの5速MTが設定され、価格も比較的低廉であった。

しかし、当時急速に数を減らしつつあったFRとMTという組み合わせが選べることや、RBエンジン搭載車の中では価格が低めであったことなどで、一部のレアカーチューニングカーマニアの注目を集めることにもなった。簡素なサスペンションを始めとして元来駆動系や足回りに流用部品が多い成り立ちから、既存の豊富なアフターマーケットパーツが利用でき、また、元々RB/RDエンジンの設定があるためエンジンスワップにも都合が良く、直4のSR系エンジンは言うに及ばず、スカイラインGT-R用のRB26DETTを筆頭としたRBの高性能版への換装例も見られた。この他、旧車のフェンダーミラーやホイールキャップを流用したレトロ調のドレスアップなども見られ、中古車としての市場規模は小さいながらも、一時は一定の人気を得るに至った。

歴史(K30型・1993年 - 2009年)[編集]

1993年7月
これまで、タクシー専用モデルのみ旧型のまま継続して生産・販売されていたローレルC32型4ドアセダンとブルーバード910型4ドアセダンの後継としてデビュー。運転席と左リアドアの開口面積と最大開き角度を拡大する等、タクシーでの利便性を向上させている。
個人向けグレード クルー サルーン
1994年1月
自家用向けグレード「クルー・サルーン」が登場。ローレルやスカイラインと同じRB20ERDエンジンを積んだモデルもあった。自家用4ドアセダンには珍しく、自動ドアのオプション設定があった。これは個人タクシーとして使われることを想定していると思われる。
パトロールカー仕様
1994年4月
パトロールカー仕様追加。スカイラインR32型のパトカー仕様の代替をしていくようになる。警ら自動車のエンジンを6気筒とする警察の規定[1]により、RB20Eを搭載。また、ホイールもPCDは同じ114.3ながらも4穴から5穴に変更された。
1994年5月
サルーン系にディーゼル追加。
1995年2月
サルーン系一部改良し、運転席SRSエアバッグが標準装備とされる。LXサルーンBを廃止し、LXサルーンGを追加。
1996年
光岡自動車がクルーベースのレトロ調セダン、ガリュー(後継の登場以後、ガリュー I と呼ばれる。)の販売を開始する。
1996年9月
一部改良。
1998年6月22日
一部改良、NA20P型 LPGエンジン燃焼室改善などにより、低燃費化および出力トルクを向上。また、上級グレードのGLX, GLに、カラードバンパーやメッキアウトサイドハンドル、アルミロードホイール、装飾フィニッシャーなどをセットにした「カスタムパッケージA/B」をオプション設定。同時に、センターコンソールリッドへの料金トレイの設定、トランクルームのフルトリム化、オゾンセーフエアコンの標準装備、抗菌処理などを施す。
1999年8月23日
一部改良。安全性能および仕様装備の向上を図る。また、旧来の機械式燃料噴射ポンプを用いたRD28型 直列6気筒ディーゼルエンジンに替わり、SOHCながら18バルブとし、燃焼噴射も電子制御としたEGIディーゼルのRD28E型を採用。
2002年6月26日
ガソリン、ディーゼルエンジン廃止により、サルーン系とパトカー仕様が生産中止、直列4気筒 SOHC LPGエンジン NA20P搭載の営業車と教習車のみの設定となる。また、運転席デュアルシートリフター、運転席ランバーサポートを全車標準装備化し、仕様向上を行った。
2005年マイナーチェンジ以後
2005年11月30日
一部改良。最下級グレードE廃止、ウインカーのクリヤー化、テールランプの形状の小変更、ハイマウントストップランプのLED化などを行い、灯火器技術基準に適合した。
2007年7月
平成17年排出ガス規制適合。教習車は廃止され、日産から教習車のラインナップがラティオ教習車が発売されるまで消滅した。また、2005年にシルフィ教習車がフルモデルチェンジに伴って廃止されたため、一時期は日産唯一の教習車となっていた。
2009年6月
生産終了。16年の歴史に幕を下ろす。これに伴い、日産自動車から発売される市販モデルとしての小型タクシーは姿を消すこととなった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 三菱・ギャランΣのみ、4気筒ながらサイレントシャフトの追加で例外的に採用されている。
  2. ^ クルーの後継車種として鹿児島日産自動車が独自に企画・開発したティーダラティオタクシー仕様(ガソリンエンジンのみ)が2009年9月1日より販売されている。また、2010年12月に発売されたNV200バネットタクシーは小型車扱いである。2011年頃からブルーバードシルフィをタクシーとして導入する企業が現れた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]